またまた前回の続きです




あの埼玉公演が終わって
はやくも半月経ちましたね(´ω`)


キャパオーバーした頭を整理して
ゆっくり書いてきましたが
ようやくこの曲について話せます





「Awaken the power」







今回のライブで一番楽しみにしてた曲が
このAwaken the powerでした


この曲は

「ルビィと理亜が姉への感謝と
これからの決意を込めた曲」

であり

「Saint Aqours Snowという
存在を表した曲」

であり

「スクールアイドルが持っている
無限の可能性の曲」

…といろんな意味を含んだ曲で。




なかでもアニメで初めて見たときに感じた
ファーストインプレッションが強烈で…




その内容が
すごい抽象的でアレなんですが…








「すごいラブライブな曲だ…」








って思ったんです。





何言ってんだこいつ…
って思うかもしれないけど、、



μ’s・Aqours・A-RISE・Saint Snow
の4グループの物語を見てきて、


全てのスクールアイドルに見えた


「前だけ見つめて走り続ける」


…を表した曲なんじゃないかと
感じたんです





彼女たちのパワーが奇跡を起こす

あるグループは廃校を阻止し、
あるグループは学校の名前を轟かせ、

そういうパワーを表現してきた
この物語を象徴するかのような曲だなと。




なのでライブで聴くのを
とても待ち望んでいたんです(´ω`)






…前置きが長くなりましたが
ライブの話へ💦






函館ライブのアニメダイジェストが終わり
センターステージに二人の影が現れました


ステージの周りを
ライトの柱が照らし、
理亜役の佐藤日向さんが歌い始めます



しかしココで問題が…


緊張からか少しテンポがズレていて
周りの人たちがざわめき出しました


これはズレたままAメロ入るのかな?
と思った矢先、
次に歌うふりりんが見事に修正!




綺麗に揃ったハーモニーを
4万人の会場に響かせました😃




そして
日向さんの英語を掛け声に
ほかの9人が傍からでてきます






…ここから曲が終わるまで
ほんっとに楽しくて


あっという間の3分間でした。






Aqoursとμ’sを比べるな!
って人がなかにはいるかもですが…



サビの中に「HiHiHi」というコールがあって
わたしはμ’sの「No brand girls」
が頭によぎりました




通称ノーブラも
サビに「HiHiHi」というコールがあって
会場に地響きのような声が響き
会場全体が一つの生き物みたいな
一体感が生まれていました



その光景をわたしは忘れられなくて
正直Aqoursの1stや2ndライブでは
若干の物足りなさを感じていて…


それが今回のライブで
この曲を披露したことで
かなり近い光景を見ることができました!





会場には
μ’sのライブを知らない人もいるなかで

みんなが本来の自分を出して
純粋に楽しんでる景色に
ラブライブという作品が持ってるパワーって
凄いんだなぁ(´ω`)

って思いました。


更に終了後のキャストMCでは…

ふりりんが
「やっとルビィに追いつけた」
と涙ぐんでいたのも印象的でした



伊波さんは
Aqoursのリーダーの千歌を自分に重ねて
努力した一方で


ふりりんは
2期で成長したルビィに追いつこうと
努力してきた




その努力がこのステージでこの曲を歌い
ダイヤに感謝の言葉を言えたことで実った





自然とアニメと同じ内容になっていて
この時にはすでにラブライブサンシャインの
物語の中にいるような気持ちでした






…ざっと勢いで話しましたが
少なくともこの2〜3年の間で
最も気分が高揚した時間でした😃
















Awaken the powerで
終わりかと思いました?笑笑


これ以上記事増やすのもアレなので
ここで最後まで書きます(´ω`)






この訳してWBNWは…







Aqoursな曲です。









はい。






具体的には
アニメでAqoursが
ラブライブ決勝で披露した曲です


ラブライブサンシャインは
Aqoursが0から1にして
1からその先を目指した物語


最終的には学校の統廃合が決まり
それによってAqoursとして活動するなかで
進むべき指針を見失った


でも学校の生徒全員がAqoursに
学校の名前を残してきてほしいと願う


そしてメンバーの一人一人が
この9人として歌い
見事ラブライブ 優勝を果たした曲です




歌詞の内容は
「この今を重ねて未来に向かう」


学校が無くなり
来年度からは新しい生活が始まる

3年生はそれぞれの進路に向けて旅立つ


それぞれがそれぞれの未来に進むなかで
未来に希望を持って進むために
この一年間で歩んだ「いま」を胸に刻み
笑顔で歩み出そう


そんなAqoursのこれまでとこれからを
表しています😌





ライブでは会場に青い羽が舞い
アニメを再現した演出がされています



ここまでの歩みの中で…


1stライブで横浜アリーナという
いきなりの大舞台。

そこで堂々としたパフォーマンスに
逢田さんのピアノの挑戦。

最初のライブで想いを一つにしたAqours



2ndではμ’sも経験してない
ドームアリーナツアーを。

1stからさらに成長した姿で
アニメをなぞるのでは無く
Aqoursという
アーティスト集団のライブを披露。


続いて1年間で全国を回った
ファンミーティングやユニットライブ。

多忙な中でファンに手を振り
笑顔を見せて笑顔にさせてくれた一年間。


その他に様々な活動をして…



そして今回のライブで
伊波さんをはじめとしたメンバーの挑戦。

ここまでの歩みをココロに刻んできた人には
青い羽が舞うなか歌う彼女達のステージは
アニメそのままのAqoursのステージに…

Aqoursの空間、時間に見えていたと
思います。



いろんな「いま」を刻んできたAqoursの
「new world」がそこにはありました😌


ようやくAqoursが
本当の意味で自分たちらしさを
示せた…そんな気がしました








最後はこの曲。



「WONDERFUL STORIES」




君ここ→WBNWまでの
青い羽のものがたりをまとめた
フィナーレの曲


曲のダンスのなかに
9人がそれぞれの方向に向かって
走り出す演出があり

未来に向かうAqoursの物語を
彷彿とさせるこの演出に思わず
目が潤みました



今回のライブを
長いこと書いてきましたが…


青い鳥を自由に飛ばして
みんなが最初から持っていた輝きを放つ

ユメを歌にしてきたAqoursの
「wonderful story」を体感できた
そんなライブでした


おかげでアニメも相まって
優にキャパを超えました(笑


夢をかけてきた青い羽のものがたりを胸に

またいつか始まる「物語」や「ライブ」を
待ち遠しくなった3rdライブでした










ね!!!



ライブ行った人なら
どんなに語っても語り足りない
この思い伝わりますよね!


もう目を閉じて思い出すだけで
幸せな気持ちになるんです!!


こんなに幸せな思い出をくれた
キャストとスタッフに
ありがとうと伝えたいです(´ω`)


以上でわたしの3rdライブでした!
(埼玉しか行ってないので)








次はLiSAツアー書きたいなぁ🤔