こんにちは!
ステラの吉田です✨

皆さまお盆休みはゆっくりできましたか?
私は普段やらない家事をやりつつ、のんびりしていました!

さて、今回はお客様に設計プランをお出しするために必要な、現況図面をCADで製作する過程をお見せします😊!



↑まずは、大まかな壁を描くための、通り芯と呼ばれる線を寸法を追って描いていきます。

↑この過程はあっという間!ですが、土台の寸法を間違えると設計上問題が出る場合もありますので、大切なところです✨

 
↑続いて外壁、室内の壁も描いて行きます。
これは私は個人的には最も時間がかかる気がします。。
現地で測って来た寸法となかなか合わなかったりで、難しいです。
ぴったり合った時の喜びは天にも昇る気持ちです!

↑続いて、ドアや窓などの建具を入れていきます。
大分図面らしくなってきましたぁ🥺

↑次は、キッチン、お風呂、洗面、トイレなどの設備機器を入れ、天井段差などを描き込みます。

↑部屋名、天井高などの文字を入力し。。

↑最後に寸法を入れて、完成です🙌☺️

まずは、この現況を作成し、キッチンをどこに移設できるかな?どんな間取りにしようかな?とプランを考え出します。
建物の作りや、条件、窓の位置やサイズ、パイプスペースの位置などで、プランが変わってくるので、いつも頭をフル回転させてプランニングしております😂
でもプランを考える時は、楽しいですね✨

ではまた✨