この言葉、私にとっては本当です。

 

中学校までサッカー少年。

 

高校でヨットに出会い、東京湾でセーリングの基本を学びました。

 

大学でも続け、琵琶湖でセーリングの楽しさと勝利の味を知る事ができました。

 

社会人になってからは、ニュージーランドでセーリングの怖さと奥深さを知る事ができました。

 

自然という先生に、叱られ、怒られ、励まされながら、ここまで成長することができました。

 

今、そのセーリングの楽しさを子供達に知ってもらいたく、鶴見川の河口にある

ヨットクラブに子供と通い指導もしています。

 

寒い中、子供達は元気に練習をしています。

 

私も元気がでます。