終わりなき旅路

終わりなき旅路

ブログの説明を入力します。

こんにちは。


「青春18きっぷ」を利用し京都駅に到着DASH!

京都市バスに乗車した後、この日最初の目的地のある停留所で下車口笛




◆ 戻橋

延喜十八年(918)文章博士三好清行が亡くなった時、父の死を聞いた子供の浄蔵が紀州熊野から京都に馳せ帰ってみると、その葬列はちょうどこの橋の上を通っていた。




浄蔵は柩に向すがって泣き悲しみ、神仏に熱誠をこめて祈願したところ、不思議にも父清行は一度蘇生して父子物語を交わしたという伝説から戻り橋と名付けたという。




そして、もう一人、この戻橋に非常に関連のある人物が祭神として祀られている…




晴明神社に到着DASH!

五芒星が象徴的な鳥居神社

こちらが一の鳥居とされ、通りに面した最初の鳥居であり、額には神社名ではなく金色に輝く社紋。

晴明桔梗が掲げられています目




晴明桔梗の鳥居からほ、もうひとつの鳥居が見え、こちらが正式な鳥居の模様!!

因みに、晴明桔梗印とは五芒星とも呼ばれ、晴明によって作られた、陰陽道に用いられる祈祷呪符のひとつですニコニコ





晴明神社へは、何度か参拝には訪れたことはあるのだけれど、ここ数年、各地で御朱印巡りをするようになってからは、まだ拝受していなかったので…




いつの間にか目

“紙” の御朱印に変わっていたびっくりびっくりびっくり




◆ 安倍晴明公像

安倍晴明は、朱雀天皇から村上、冷泉、円融、花山、一条の6代の天皇の側近として仕え数々の功績を残したと伝えられています。

天文陰陽博士として活躍。

天体を移り行く星や雲の動きを観察し、宮殿の異変や遠方での吉凶を言い当てられ、朝廷をはじめ多くの人々の信望を寄せられたと伝えられています。




◆厄除桃

古来陰陽道では、桃は魔除け厄除けの果実と言われます🍑

自身の厄をこの桃に撫で付けて落とします。




◆ 旧一條戻橋と式神

安倍晴明公と縁深い一条戻橋と、その下に封じ込められたという陰陽師の精霊 = 式神を再現しました



Σ(O_O;)





◆ 式神

安倍晴明は、特に天文暦学の道を深く極められて、精霊 = 式神を思いのままに操る霊術をも身につけられたと言います。




手水舎の隣には、“北斗七星” がマーキングされており…




◆ 晴明井

晴明公が念力により湧出させた井戸が、この晴明井です。

病気平癒のご利益があるとされ、湧き出す水は現在でも飲めるそうです。




さて、一条戻橋・晴明神社前🚏の停留所からは、次の目的地へと目指します右差し

乗車時間は、僅か十数分なのだけれど、立っているだけでも、汗が滴るような暑さには、本当に助かりますあせるあせる

さて、次に訪れたのが…




健勲神社です。

こちらを訪れるのは初めてのため、若干、道程に不安を感じましたが…




こちらに鳥居があるので、ここで間違いはないようなのですが、拝殿や社務所などが見当たらず目




どうやら、この階段を登らなければならないようですゲッソリ

やがて、ほぼほぼ登りきり、振り返ると…



( ̄▽ ̄;)




ここまで来れば、もうすぐ拝殿お願い

そうそうこちらの神社は、刀剣女子と呼ばれる女性たちの聖地らしくデレデレ

だからと云って…




わざわざ訪れた訳ではないのだけれど、織田信長を祀り、刀剣・宗三左文字を所有している神社であることから、刀剣乱舞の聖地になっているようですウインク




社務所には、やはり女性たちが多い模様ビックリマークビックリマーク

!?

私は何を目的にこちらの神社へと訪れたかと云うと…




こちらの御朱印が目当て!?

そもそも健勲神社は、織田信長が御祭神として祀られており、先程の安倍晴明の続き、歴史上の人物シリーズを拝受お願い




船岡山に鎮座し、織田信長を祀る健勲神社(たけいさおじんじゃ)は、通称 “けんくんじんじゃ” と呼ばれています。




1869(明治2)年に、明治天皇の御下命によって創建されたようですね。




さてさて、次の目的地へと向かうため、バスを乗り継がなければならないのですが、まずは下車した “建勲神社前”🚏から…




市バス「204銀閣寺・高野」行きへと乗車して、“西ノ京円町”🚏で下車

さらに、ここからは道路を渡り、反対側のバス停🚏から…




市バス「93嵯峨・嵐山」行きへと乗車して…

嵐山で下車DASH!




バス停を降り、大堰川(桂川)の流れと、その大堰川(桂川)に架かる…




渡月橋を眺めると、ここはある意味、一番京都らしい場所かも知れません ウインク

京都の一大名所ですからねキラキラ





!?

渡月橋を渡る前に、とにかく暑い晴れので…
🍧




この日は、15時に京都駅前のホテルにチェックインする予定ですが、まだまだ時間に余裕があり…




嵐山は完全にノープランで来てしまった ニヤニヤ

ツアーなどでは、ある程度の自由時間はあるかも知れませんが、基本的に行き先が決まっており、以外やスケジュールもタイト!?




一方、こんな神出鬼没で、自由自在な旅は「青春18きっぷ」の良いところおねがい




けれども、風の吹くまま、気の向くまま、「青春18きっぷ」は、自分の思うままに旅は進むのだけれど、想定外のことも数知れずガーン




そんな「旅」はまだ序盤 滝汗


次回に続きます…☆