こんにちは^^
”無理なく自然にこどものできることを増やしていく”
個性をはぐくむ運動発達サポートStarsの中野朱里です。

 

 

急に寒くなってきましたね〜〜〜。

 

突然ですが、

『うまくいかない時』

って誰にでもありますよね。

 

私にもありますし、こども達の発達にとってもそんな時ってあると思います。

 

私の場合、うまくいかない時、

ほんとーに、山ほどあるんですが、

一番新しい所でいくと、

 

つい先日、相棒のゆうき先生とケンカしました 笑

 

仕事も私生活も一緒で、ケンカ。

 

””どないすんねーん!?””

 

って感じですが、

 

これは、更により良くなるひとつのきっかけ。

 

寧ろ''感謝''と言ってもいいほどの"ギフト"と捉えられる様になりました。

 

 

そう思えるようになったのも、

フェルデンクライス で人の学びの理論を学んだり、

人の精神性を学んでいるから。

 

 

例えば、
''赤ちゃん'' を思い出してみてください。

 

赤ちゃんって事あるごとにすーぐ泣きますよね。

 

でもその分成長も著しい。

 

人はこの''混乱''を通して成長していくんです。

 

 

言い換えると、

 

''失敗''や''間違い''

 

こういったうまくいかない出来事のお陰で、

『私達は成長していくことができる!!』

 

 

いつも同じパターンじゃ、人は考えることをやめてしまいます。

うまくいかないことがあるからこそ、

 

『次にどうしたらいいかな?』

 

と試行錯誤できるのです。


こどもの成長に置き換えると、うまくいかない時こそ

"できること"を広げるチャンス!!

 

 

もし、転んだらすぐに手を貸さずに、

『どう立ちあがったらいいのか?』

自分で立ち上がる方法を考える"時間"をとってあげて欲しい。


立ち上がれたこともですが、転けてしまったことすら褒めてあげて欲しい。

 

"失敗" は悪いことに捉えられがちですが、

この不確かな時代の中で生きていくには、

たくさん失敗を重ね、そこからどうしたらいいのか

『考える時間』がとっても重要です。


有名な発明家、トーマス・エジソンもこう言っています。

−失敗したわけではない。
それを誤りだと言ってはいけない。
勉強したのだと言いたまえ。ー

−困るということは、次の新しい世界を発見する扉である。−

 


その渦中にいると、耳に入らなかったりするんですが、笑

 

一歩置いて考えてみるとやっぱり、

落ち込んだり、うまくいかない時があるからこそ今がある。

 

 

もっといい状態に進んで成長していける。

 

成長に”痛み”はつきもの。

 

その時は辛いけど、絶対良い方向に向かうと信じて。

 

『大丈夫、うまくいく〜〜〜☆』


今日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

𓇼𓇼𓇼𓇼𓇼𓇼𓇼𓇼𓇼𓇼

Natural growing program⭐︎
こどものできることを無理なく自然に増やす
5つのポイントをプレゼントしています⭐︎

ご登録はこちらから↓

 

「無理なく自然にこどものできることが増えていく7日間の無料メール講座」

 

 

7日間の講座の後は、定期的にお役立ち情報や
ここでしか配信していないお得なメルマガをお届け☆