BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBC世界スーパーミドル級タイトルマッチ。王者デビッド・ベナビデス(米)vs同級5位ロナルド・ガフリル(ルーマニア)。2月17日(日本時間18日)、米・ラスベガス、マンダレイ・ベイ・イベントセンター。昨年9月の王座決定戦でガフリル相手にスプリットの判定勝ちで王座に就いたベナビデスは、ダイレクトリマッチで初防衛に挑む。

 

 

初戦同様、後半のスタミナ勝負に持ち込みたいガフリル。

 

 

試合開始。

 

 

王者は距離を取るアウトボクシング。

 

 

ガフリルの固いガードを破りベナビデスの右がヒット。

 

 

終盤になっても王者のペースは落ちなかった。

 

 

執拗に食い下がり、何とか試合の流れを変えたかった挑戦者は、王座奪取への強い執念を見せた。

 

 

ガフリルは最後までベナビデスの強打に耐えた。

 

 

12ラウンド終了。公式スコアは120-108、120-108、119-109の大差でベナビデス。

 

 

再戦を危なげない勝利で飾り、初防衛に成功したベナビデスは20戦全勝(17KO)。21歳のヤング王者はまだまだ成長途上。今後の防衛ロードに注目。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

19日(日本時間20日)にパナマシティのWBA本部で入札が予定されていた、WBA世界スーパーフェザー級指名戦。王者アルベルト・マチャド(プエルトリコ)vs同級2位ラファエル・メンサー(ガーナ)は、3月2日(日本時間3日)まで入札が延期された。

 

 

最低落札価格は12万ドルで、ファイトマネーの分配はマチャド75%、メンサー25%。マチャド擁するゴールデン・ボーイ・プロモーションと、メンサーの代理人ドン・キングは期日まで交渉を続ける事になった。今後に注目。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

WBC世界ウェルター級挑戦者決定戦。同級2位ダニー・ガルシア(米)vs同級9位ブランドン・リオス(米)。2月17日(日本時間18日)、米・ラスベガス、マンダレイ・ベイ・イベントセンター。ガルシアはキース・サーマン(米)に敗れ王座を失って以来、約11ヶ月ぶりのリング。

 

 

対するリオスは復帰2戦目。

 

 

試合開始。

 

 

前進し仕掛けるリオスだが、ガルシアはそれを交わしながらパンチをヒット。

 

 

第9ラウンド。ガルシアの右ストレートがリオスの顎を打ち抜く。

 

 

何とか立ち上がったリオスだったが、ケニー・ベイレス(米)主審の「前に歩け」の指示に足がふらつき、試合はストップ。

 

 

TKOタイム9回2分25秒。

 

 

見事なワンパンチKOで再起を飾ったガルシアは、34勝(20KO)1敗。世界王座は失ったが、ノンタイトル戦でも125万ドル(約1億3300万円)という高額のファイトマネーを稼ぐだけに、今後、どのようなマッチメイクが施されるのか、大いに注目。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月15日に横浜アリーナで開催される村田諒太(帝拳)選手のV1戦興行に、二つの世界戦が追加発表。WBC世界フライ級チャンピオン比嘉大吾(白井・具志堅S)vs同級2位クリストファー・ロサレス(ニカラグア)。WBC世界ライトフライ級チャンピオン拳四朗(BMB)vs同級1位同級1位ガニガン・ロペス(メキシコ)。同日はトリプル世界戦となる。

 

 

ロサレスは26勝(17KO)3敗のレコードを持つ23歳。昨年5月の英国遠征では、現在1位にランクされるアンドリュー・セルビー(英)にダウンを奪うも12回判定負け。しかし、その後3連勝と復調している。拳四朗選手は前王者ロペスとの再戦。今度はスピードの違いを活かして、前回以上に差のある勝ち方を期待したい。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

IBF世界ウェルター級2位決定戦。同級11位レイ・ロビンソン(米)=24勝(12KO)2敗=vs同級14位ヨルデニス・ウガス(キューバ)=20勝(9KO)3敗=。2月17日(日本時間18日)、米・ラスベガス、マンダレイ・ベイ・イベントセンター。

 

 

上がロビンソン、下がウガス。

 

 

試合開始。

 

 

初回、ウガスの右フックでロビンソンはキャンバスへ尻餅。

 

 

第7ラウンド。ウガスの右フックでロビンソンは再びダウン。

 

 

一気に追い込むウガス。ロビンソンは抵抗する構えを見せず、ロバート・バード(米)主審は試合をストップ。

 

 

TKOタイム7回1分5秒。

 

 

完勝でランキング2位を獲得したウガスは大喜び。右はイスマエル・サラス・トレーナー。今後は同級王者エロール・スペンスJr(米)への挑戦を目指して行くことになる。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)