スポーツコミュニケーションアドバイザー&

コーチの江口真弓です。

 

全13回に渡る、ことこバレエアカデミーでの

親子コミュニケーション講座も、第7回目を

迎えました。


お子さんのレッスンの間に、別室で親御さん
向けに、コミュニケーションに関する知識や

情報をお届けしています。
 


 

第7回目のテーマ
【素早く習得できるタイプ別の学習方法】

 

診断表を使って、自分はどの感覚が優位に

働き、学習効果を高めるのかを調べました。

 

視覚→見て学ぶのが強いのか
聴覚→聞いて学ぶのが強いのか
言語感覚→書いて学ぶのが強いのか
触覚→試したり実際にやってみながら学ぶのが強いのか。

 

まずは親御さんのタイプを知り、その特徴を

確認すると、皆さんほぼほぼ当たっていて、

自然とその感覚を使っていることがわかりました。


例えば、診断で「言語感覚系が優位に働く」と

出たお母さんは、いつも聞いたことはメモを

していると。
書くことで理解が深まったり、逆に書かない

とすぐに忘れてしまうというタイプは、恐ら

く言語感覚系のタイプに当てはまるのでは

ないでしょうか。

 

今度はその診断表を使って自分のお子さんを

調べていただきます。

 

子どもの優位感覚のタイプを知ることで、

スポーツの技術習得もそうですが、勉強の

仕方や試験勉強対策にも有効です。
 

この情報を知れば、これからのお子さんの

学習の仕方が変わりそうですね!

 

 

それでは、また!

 

 

 

毎月開催していますスポーツコミュニケー

ションBASIC1研修情報は、以下よりご確認

ください。
詳細はこちらから

 

 

LINEでも是非お友達になってくださいね。

江口真弓のLINE公式アカウントは

こちらから!

 

 

 

一般社団法人日本スポーツコーチング協会HP

http://sportscoaching.jp

 

 

江口真弓のホームページはこちら

https://stageup-support.jp