こんにちは^^

 

今晩は誕生日ディナーに、

念願のステーキハウスに行きます。

とても楽しみです^^

 

--------------------------------------

まねび式「コア脳英語」の

フジタユウコです

--------------------------------------

 

「日本人にはアウトプットが足りない!」

 

「日本人はしゃベる機会がないから喋れない!」

 

とよく耳しますよね。

 

 

そんな考えがどこかベースにあって

 

「自分の言葉で置き換えてスピーチ」したり

 

「会話練習をしたり」

 

そんな子ども英語もよくあるかと思います。

 

 

 

しかし!

 

これ最大の誤解ですよね!!!

 

 

「日本人にアウトプットが足りない!」というのは

 

中学に週3−4時間も授業があり、

家庭でも学習してきた

 

大人に対して言っていることであって、

子どもも含めた日本人全員ではありません><

 

※ここでいう「アウトプット」は英語を使って

自由に会話をすることとしますね

 

 

 

インプットが十分にない子供達に、

アウトプット練習をさせても

とっても表面的な練習にしか過ぎないのです^^;

 

はっきりいうと

英語力を育てる効果としてとても

薄いものになります。

 

私は、大手子ども英語時代、

ここがとっても辛かった^^; 

(無理やり言わせてるに過ぎなく、

終わったら大きな拍手をする発表会)

 

 

語学はやはり十分なインプットがないと

アウトプットはしっかりと育たないですよね。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

極端な話、子ども英語には「アウトプット」

は必要ないんですよね。

 

「アウトプット」に行くつくために

「英語口」を育てるトレーニングを

する必要はありますが

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

学びというのは

「真似る」という言葉からできています。

 

守破離という言葉があるように、

 

まずは、まねるんです。

1回2回まねる程度ではまだまだです。

 

そらで言えるぐらい

脳に記憶に染み込むぐらい

英文が入っている状態になること。

 

そこからです

「型を破れる」=自分の表現

ができるのは…。。

 

 

語学学習も

「急がば回れ!」

ですね^^

 

----------------------

お役に立てたら

下記のバナーをクリックいただければ

嬉しいです🎵

 

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村