寺田社会保険労務士事務所・活動日誌♪♪

寺田社会保険労務士事務所・活動日誌♪♪

大阪市淀川区西中島南方と新大阪の間に事務所を構えております社会保険労務士の寺田と申します。ここでは、企業の職場環境や人の問題を取り扱う「社会保険労務士」という仕事を通じて感じたことや日常の出来事、労働に関するお役立ち情報などを発信していこうと思います。

皆さん、こんにちは。

大阪市淀川区・新大阪の社会保険労務士、寺田です。


今日は朝から快晴ですね。

秋晴れのこんな日は仕事なんて置いといて、草むらで横にでもなりたい気分ですね・・・、勿論そんなこと出来るわけありませんがあせる

 

さて、気付けば久しぶりの書き込みになります。

・・・私はと言いますと、ありがたい事にここ最近は公私ともに何かとバタバタが続いておりますガーン

 

そんな中、昨日は久しぶりにちょっと面白いセミナーを受講してきましたニコニコ

 

内容としては

 

「広告のライティングや集客」

 

に関するもので(いつも定期的に参加させて頂いている経営者同士の交流会があって、前回となりの席で、色々とお話を聞かせて頂いた方からのオススメで今回、参加しました。)、

 

講師の方がこれまた、なかなかにパワフルで、面白い方でしたえっ

 

経歴自体も、私からすれば雲の上の方で、そもそもの見た目や話し方、話の内容そのものもあるのですが、私自身も、

 

・労働保険・労務相談

・アンガーマネジメント

・障害年金

・助成金活用

 

といった内容で、講師としてたまにセミナーをさせて頂く事もあるので、

聞き手の注目の集め方、話題の展開のさせ方、などなど非常に勉強になりましたビックリマーク

 

広告と集客の違い、マーケティングと戦略の違いなど、細かい内容もあったのですが、私的に心に残ったのは、

 

商品を売る際に、

 

①「自社商品の説明(≒自慢)は必要が無い」

 

②「相手が何を求めているかわかれば、商品は勝手に売れる」

 

という内容でしたひらめき電球

 

②については自分でも、何となく頭でわかっているつもりでもいましたが、実際にきちんと人から説明してもらうと意外と本質を理解できていないんだな~、感じました汗

 

私も一応、看板を出し事務所を構えて仕事をしていますので普段、飛び込みの営業マン(生命保険・損害保険・ウォーターサーバ・複合機、などなど)もたまにやってくるのですが

 

「こちらが今、全く必要としていない事(物)」について

 

「うちの商品ってこんなに凄いんだ(自慢)」

「こんなにお得(押し付け)なんだ」

「なのになんで買わないんだ??(売り手側だけの価値判断)」

 

というような内容の事を、一方的に話し続けられると・・・正直、

 

「面倒くさい・・・」⇒「ますます必要無い」⇒「むしろ、お前からは絶対買わん」⇒「というか、早よ帰れむかっ

といった感情以外わかないですよね・・・汗

(最近では飛込み営業に、私が直接対応することはありませんが。)

 

なので、私自身も新規のお客様からお話があった際は、この点については特に、注意するように心掛けています。

 

・・・私も開業当初はやはり、少しでも仕事になればと、無理な値引きなどもし正直、割の合わない仕事でもこなしていましたが、結局自分の時間が足りなくなり、事務所自体が自転車操業になるし、何よりお客様の細かい部分まで目が行き届かなくなる、といった悪循環にしかならないので、

 

最近では、

 

「しつこく値引きを求める・値段の事しか言わない」≒「商品の必要性を感じていない・安ければ正直、どこの事務所でも構わない、と思っている」

 

と理解し、そういったお客様には、こちらからは敢えて食い下がらないようにしています(笑)

 

逆の立場で考えると、

ウォーターサーバや複合機と同じ(?)で

 

「いま要らないものは買わない」という事だと思いますし、

 

「本来の値段では頼まない」という事は、それだけの価値を認めてない

 

という事だと思います。

 

例えば、

 

「緊急性の無い要らないもの」を

「値段が安くなったからと買った」ところで、

本当に求めてそれを買っていないので、後から不満ばかりが出てくる事って、普段の生活でも割とあり得ますよねガーン

 

ですので、そういった場合は今は、「残念ながらご縁が無かった」と考えるようにしています(^^;

 

で、まさに昨日のセミナーの中で、同じような話が出てきたのですが、

 

講師曰く、

 

「値引きをしてでも売りに行くというのは、お互いにとって良くない」

 

理由としては、

 

「本当に必要な物は、買いたい人がお金を稼いででも買うものだ」

≒「それが出来ない買手(経営者)はいつまでたっても伸びない」

ので良くない、との事でしたひらめき電球

 

なるほど・・・と妙に納得できましたが、

これさえも、

講師の言うところの「相手が何を求めているかを考える」

という事なのかもしれませんが、そうだとすれば、「まんまと乗せられている」ような気もしつつ「素直に凄いな」と思ってしまいました汗

 

ただやはり、商売という点で、自分よりはるかに先を行く講師の先生と例え、一部分についてでもある程度、同じ認識でいるという事がわかった事で何某かの安心感も得ることが出来ましたので、それだけでも時間を割いてセミナーに参加した甲斐はあったな、という感じでした合格
 
なかなか平日に時間を割いて研修やセミナーに参加することも難しくなってきましたが、学びたい事・学ばないといけない事は本当に山というほどあるので、今後も機会を見つけては学びの時間をとるようにしたいと思いますひらめき電球

 

 

 

寺田社会保険労務士事務所

社会保険労務士 寺田憲生