お金の消費者教育と障害年金に強い社労士のブログ

お金の消費者教育と障害年金に強い社労士のブログ

神戸の障害年金請求代理人・社労士西尾隆のブログです。
従業員の金銭トラブルを予防するお金の消費者教育と
障害年金であなたの未来へ希望をお届けします。

こんにちは。


障害年金であなたの不安を安心に変える
障害年金サポーター・社労士の西尾隆です。

 

 

この4月から年金支給額が減額されます。

 

令和4年度は、4月分から、0.4%減額改定されます。

 

令和3年度は、0.1%の減額改定だったので、2年連続の減額改定です。

 

 

いわゆるマクロ経済スライドというやつです。

マクロ経済スライドの詳細については省略します(笑)

 

年金は後払いですので、4月、5月分は6月15日に振込まれます。

したがって、減額改定された年金は6月15日振込分からとなります。

 

 

以下、令和4年度4月からの年金額一覧です。

 

 

(老齢)

・老齢基礎年金(480月満額)

780,900円 → 777,800円

 

 

(障害)

・障害基礎年金2級 

780,900円 → 777,800円

 

・障害基礎年金1級

976,125円 → 972,250円

 

 

・障害厚生年金3級の最低保障額

585,700円 → 583,400円

 

・障害手当金の最低保障額

1,171,400 → 1,166,800円 

 

 

 

(遺族)

・遺族基礎年金

780,900円 → 777,800円

1,005,600円 → 1,001,600円(子1人)

 

 

子の加算額(1人につき) 

・224,700円 → 223,800円

 

(3子以降の加算額)

・74,900円 → 74,600円

 

 

・遺族厚生年金の中高齢寡婦加算

585,700円 → 583,400円

 

 

 

 

老齢基礎年金は、20歳~60歳までの480月加入すれば777,800円(年額)です。

 

月額64,816円です。

 

 

老齢厚生・遺族厚生・障害厚生年金の報酬比例部分も、当然に0.4%減額改定されます。

 

 

ちなみに、国民年金保険料は月額16,610円から、16,590円に引き下げられます。

 

 

 

続いて年金生活者支援給付金ですが、老齢年金生活者支援給付金、障害年金生活者支援給付金、遺族年金生活者支援給付金の金額も改定されます。

 

 

(老齢年金生活者支援給付金)

(令和4年度)

保険料納付済期間に基づく金額(月額)

5,020円 × 保険料納付済期間/480月

 

(令和4年度)

・保険料免除期間に基づく額(月額)

(こちらは変更なしです。)

10,845円 × 保険料免除期間/480月

 

 

 

(障害年金生活者支援給付金)

 

障害年金2級 : 5,020円(月額)

障害年金1級 : 6,275円(月額)

 

 

(遺族年金生活者支援給付金)

5,020円(月額)

 

 

令和3年度の5,030円 → 5,020円

6,288円 → 6,275円

への変更ですね。

 

 

以上ご参考までに。

 

 

 

では、また(^^)/

 

 

本日もブログをお読みいただきありがとうございます(^^♪

障害年金についてのご相談は、
障害年金専門の社労士へ
お気軽にお問合せください。

 


お問合わせはこちらから(^^)/

障害年金専門サイト
神戸障害年金相談Navi 

℡ 078-778-4288 

お気軽に!

留守番電話になっても気軽に

メッセージを残してくださいネ。

 

 

 

応援クリックいただけると更新の励みになります\(^o^)/

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村