算命学を学ぶ方へ(万象算命創楽院公式ブログ)

算命学を学ぶ方へ(万象算命創楽院公式ブログ)

2016年春、『万象算命創楽院』は本拠地を東京・府中から福岡・博多へ!
算命学宗家直系、本流の正しい算命学を全世界に伝え広めるため、
算命学者・伯耆弘徳(ほうきこうとく)が再び動き出しました。
合言葉は「不自然なことは、やめましょう」

算命学では人間の運勢を宿命(先天命)と運命(後天運)とに分けて考えていくのですが、この運命という言葉の用いられ方は、世間一般においては実は運命も宿命もごちゃままぜにされてしまっていて、その違いが明確ではないようです。

 

算命学は陰陽論(一極二元論)に基づき、この世に誕生した時点で与えられる「生存範囲」を宿命と呼び、その後の「人生行程」を運命と呼び、双方をはっきりと分けて考えていくのです。

 

ですから実際に人間の運命を観る場合は、宿命として与えられた「生存範囲」と、その本人を取り巻く現実環境との接点から展開される「人生行程」、これを捉えていく事になる訳です。

 

というわけで、運命というものは予め決まっているわけではありません。宿命は固定的ですが、運命は流動的です。自分を取り巻く様々な要因により如何様にでも変化をしていきます。つまり運命は変わるのです、変えることの出来るものなのです。

 

算命学ではこの運命(後天運)というものを陰陽分類して精神(無形)の運と現実(有形)の運とに分けて捉えていきます。このあたりが算命学と他占術との大きく異なる点です。

 

精神(無形)の運は南方(精神の未来)に向かって展開します。これを大運(万象算命学では想運)と呼びます。現実(有形)の運は東方(現実の未来)に向かって展開します。いわゆる年運(または月運、日運)というものがこれです(万象算命学では行運)。精神(無形)の運って何? と思われる方が多いと思われますが、これはもう是非算命学を学んで頂き、ご理解下さい(ただしこういうことをしっかりと教えているところで学ばないとだめですよ)。

 

本流の正しい算命学では、運命(後天運)もきちんと方向分類して捉えていくのです。方向分類することにより、大運(想運)は人間の想念が創り出す運なのだということが初めて理解出来るのです。これも他占術には無い考え方ですね。

 

さて、運命というものは自分を取り巻く様々な要因によっていくらでも変化をするのだということを知っておけば、それらに対しての様々な処し方が考えられるはずです。命式の上から予測出来る運の推移を把握しつつ、同時に自分が置かれている状況、周囲からもたらされる影響といったものも併せて判断していく事が求められます。

 

紙の上に書いた後天運の干支だけで全てが決まってしまう訳では全くありません。実際に本人がどのような状態なのか、そのあたりを陰陽五行分類思考に基いてきちんと方向分類し、それらを併せて判断していくのです。算命学の占いが単なる生年月日占いでは無いというのはそういうことなのです。

 

(明日に続きます)

 

 

『万象算命創楽院』公式サイトはこちら

 

 

芸能人の不倫のニュースとか、全然興味ありませんが。

 

不倫はいけません。

 

複数の異性と同時進行で付き合いたいなら、結婚なんてするべきではありません。

 

男女が結婚すると、その時点で新たに夫と妻という役割を担います。

 

子供が生まれると、さらに父親と母親という役割が加わります。

 

なにゆえの結婚なのか? 結婚の本来の目的は家系の継承、そして子孫の繁栄であったはずです。

 

その中で夫と妻、父親と母親、そういった役割と責任を果たして行く義務があります。

 

今どきの結婚って、配偶者を大切にしない、生まれてきた子供を大切にしない、そういうのが増えてますよね?

 

自分たちの役目役割に対してあまりにも無責任、これは単に一家庭の問題では済まされず、人間社会の一員としての役目役割も果たしていない、とんでもないことですよ。それじゃあ子孫の繁栄なんて望めるわけがありません。

 

相手を騙したり、裏切ったり、そういう「子供たちの手本にならない大人」なんて不要です。

 

不倫はいけません。

 

裏切者は死ね、・・・だと思います。

 

 

『万象算命創楽院』公式サイトはこちら

 

フォローしてね! ペタしてね

 

 

 

前回の記事の続きです。

 

前回の記事はこちら

 

算命学宗家・高尾義政先生が創生された「算命学」。これまでにも高尾の一門で学ばれた方は多数いらっしゃるわけですが、実は昭和50年代半ばに出版された「原典算命学大系全11巻」により明らかにされた「方向分類」という概念をしっかりと学ばれた方は少ないようです。かつての総本校でも(私が学んでいたのは今から30年ほど前になりますが)、「方向分類」を踏まえた講義をしていた先生方は殆どいらっしゃいませんでした。

 

高尾宗家が伝え広めたかった「本流の正しい算命学」とは、陰陽五行分類思考に基づく「方向分類」によってこの自然界を、そしてそこに生存する人間の心というものを考察していく学問です。しかしながら現実にはこの「方向分類」の重要性が十分に浸透しているとは言えないため、本流の中でも「正しい算命学」と「正しいとは言い難い算命学」とに分かれている状態です。

 

例えば「算命占法」(上住節子・著)という本で勉強された方、この本は価格が手ごろという事もあり、これを読んで手っ取り早く鑑定が出来るようにしようとされた方もけっこういらっしゃったようですが、この本の内容はやはり「方向分類」という概念が欠如しており、その意味では「本流の正しい算命学」とはかけ離れています(たぶんゴーストライターの方がそのあたりをご存じ無かったのでしょう)。

 

かつて私が高尾学館と同時期に通っていた伝習院では、学長の野島氏(故人)はこの「方向分類」というものをしっかりと踏まえた講義をされていました。高尾宗家の自宅に通って学ばれていた中村氏(高尾学館校長)や野島氏、今井氏(故人)の御三方はこのあたりを宗家から直接学ばれたことでしょう。しかしながら昭和40年代の終わりあたり、初期のお弟子さん達には、残念ながらこの「方向分類」の重要性が説かれていなかったようです。つまり高尾理論はまだこの時点では完成の域には達していなかったと見るべきでしょう。それが昭和50年代半ばに入って「原典算命学大系」の出版や突如として巻き起こった「天中殺ブーム」、さらには「荘学院」(弟子の八木橋氏が校長)の設立などがあり、このあたりから本流と亜流とに大きく分かれていったのです(残念ながら当時の八木橋氏も「方向分類」というものを十分に理解しておらず、宗家から切り捨てられる直前に、60歳という若さで急逝されました。高尾学館が出来たのはその後です)。

 

私は今から33年前、昭和60年代に入ってから算命学と出会い、高尾学館と伝習院という2つの学校で同時に学びながら「原典算命学大系全11巻」の研究をし、その後さらに伝習院で講師をしながら、学長の野島氏から「方向分類」を踏まえた算命学占技の組み立て方を直に学ぶことが出来ました。

 

いまや算命学の看板を掲げるところは数多くありますが、この「方向分類」を踏まえた「本流の正しい算命学」を学べるところは実に少ないようです。

 

これから算命学を学ばれようと思われている方、しっかり学んでプロの算命学鑑定が出来るようになりたいと思われている方へ申し上げたいのですが、算命学はどこで習っても同じ、では全くありません。

 

最初に間違ったものを学び、信じ込んでしまうと、後になってそれらを修正するのは本当に大変です。学ぶのであれば「本流の正しい算命学」、陰陽五行分類思考に基づく「方向分類」というものを、しっかりと丁寧に教えてくれる師を見つけることをお奨めします。

 

 

さて、「運命は動きの中にある」と算命学では説いています。動き、すなわち行動ですね。

 

どのような行動をするのかによって、運命は大きく変化します。行動次第で運がますます上がったり、逆に下がったりするものです。

 

自分の持ち味を活かした動き方とは? 算命学を学べばそれがわかるようになるのです。

 

私自身は筋トレ、ヨガ、気功のトレーニングを通じて、自己の肉体のポテンシャルを高めるように日々努めています。体が健康で、しっかりと良いコンディションで動けることが大切だと思っています。肉体は霊魂が収まる器でもあるわけですからね。巡ってくる幸運をものにするためにも、まずは体をしっかりと作っておく必要があるのです。体がきちんと動かなければ、せっかくの幸運も取り逃がしてしまうことになりかねません。

 

最近は体の力の抜き方、緩め方に興味があっていろいろと試しています。武道やスポーツだけでなく、日常生活においてもちょっとした工夫で効率よく体を使えるようになるんです。それはそのまま人間の運命を変える力にもなっていくのです。

 

 

『万象算命創楽院』公式サイトはこちら

 

フォローしてね! ペタしてね

今から4年前の2016年1月に書いた記事をリブログします。

算命学宗家・高尾義政先生が第二次大戦後のこの日本で体系化された「正しい算命学」、その真髄は陰陽五行分類思考の中にあります。「正しい算命学」」は平面五行と立体五行、さらに段差五行という様々な五行分類を駆使し、徹底した方向分類により答えを出していきます。

 

干支そのものの解釈、星の解釈、位相法の解釈、守護神の取り方はもちろんのこと、あらゆる技法とそれらに基づく占技、いずれも方向分類が最優先されています。昭和50年代に入ってから高尾先生によりそれらが徹底され、過去の中国占星術と呼んでいた占いのスタイルも大転換を余儀なくれました。そのためそれ以降、採用されなくなった占技もいろいろあります。宗家の理論について行けずに離れた人、反旗を翻して破門された人たちも少なからずいたようです。宗家が以上のような理由から捨て去った占技をまるで秘伝・奥義のように喧伝して未だに商売されている方々もいらっしゃるようですね。当然それら過去の占技は方向分類に基づいたものではありませんから、高尾学館でも伝習院(現在は廃校)でも採り上げなかったわけです。

 

 

今年はまたひとつ新しい事にチャレンジしてみようと思っています。

かつて伯耆家の先祖には刀鍛冶や居合道、そして柔術の達人がいたそうです。また母方の祖父は柔道八段でしたし、その弟も八段、七段という高段位の保持者でした(昭和の初め、神奈川県で柔道の加藤三兄弟として良く知られた存在だったようです)。

東京で出版事業を営んでいる私の弟も、以前にグレイシー柔術を習っていたことが在ります。にもかかわらず私自身は小学校時代にほんの少しだけ柔道をかじった程度。。。

 

というわけで武術をやってこなかった事が、自分の中でずっと心残りだったんです。

ずっと体は鍛え続けているので、人生が晩年期に入る前にやっておこうかなと思案中です。

インドのヨガ、中国の気功、そして日本の武術と、体に良い事をひと通りやっておきたいですね。

 

 

『万象算命創楽院』公式サイトはこちら

 

フォローしてね! ペタしてね

さて、昨日の記事の続きです。

 

昨日の記事「年運に巡る十方星の捉え方」はこちら

 

【前回の質問の続き】

前回の質問の続きになってしまうのですが、鳳閣星のみで受け止めればのんびり美味しいもの食べて、無理せずゆっくり楽しむ一年・・というイメージですが、二連変化でみた場合、中心星との関係から、例えば龍高星が中心星だとすると、ストレスの多いエネルギーの消耗が激しい年・・と、全く逆の見方になりませんか? 短命とか言う恐ろしい文字すらあります。どちらをどう先行して解釈すれば宜しいのでしょうか?

 

【回答】

年運で巡る鳳閣星と中心星の龍高星との間では短命という解釈は成り立ちません。こういう見方は宿命の範囲内のみで通用するものです。年運はたったの1年間、期間限定の運ですので。

 

宿命(先天命)は「生存範囲」として捉え、運命(後天運)は「人生行程」と捉える、これを踏まえたうえで星を解釈していく必要があります。

 

中心星(心の本質)が龍高星であるということは、龍高星らしさがその人の魅力になるということです(中心にある訳ですから)。

 

そこに鳳閣星が後天的に巡ってくるわけですから、心の中には当然のように葛藤が生まれてくることになります。

 

龍高星は変化を好む星、鳳閣はどうでもいいというか、好んで変化させようとは思わない星。

 

相剋は大なり小なり精神的な苦労、ストレスを生み出しますから、このケースでしたら「のんびり構えていていいのだろうか?」「なんか変えた方がいいんじゃないか?」等と思いあぐねるわけです。

 

中心星が龍高星の人にとって、巡ってくる鳳閣星は「守り型の鳳閣」になりますから、人付き合いなどもあまり積極的になりにくい、どうしてもスローペースになりがちです(こういうのが陽占八門法の見方です)。

 

もちろんこの状態を緩和するための方法はちゃんと別にあります(いずれ勉強することになります)。

 

そのような状態を正面から素直に受け止めることで魂は成長するわけです。

巡ってくる鳳閣星が守護神であれば、そのような状態から様々な「気づき」を得られる事でしょう。

忌神であったなら、1年の間は精神的な苦労に翻弄される事になるでしょう。

 

とりあえず回答はここまでにしておきます。

 

宿命の星と後天運に巡る星を組み合わせて判断出来るようになるためには、基本の十方星二連変化法に加えて、陽占八門法(またの名を固定法)もしっかりと理解しておく必要があります。そのためには良い教科書を見つける事、そして良い指導者に就くことが大切です。

 

本に書かれていることを丸暗記しただけでは全く使いこなせません。丸暗記する必要なんてないんです、そうじゃなくて星同士の連結作用を一つ一つ丁寧に理解していくことが大事なんです。そのあたりをちゃんと教えてくれる先生に付かないと、どんな質問にでもきちんと答えてくれる先生から習わないと、いつまで経っても鑑定なんて出来るようになりませんよ。

 

一生懸命質問しても、いやな顔をしたり、はぐらかしたり、逃げ腰になったり、挙句の果てにキレたり、泣き出したりするような講師とはとっとと縁を切った方がいいです。

 

因みに、手前味噌ではありますが、十方星二連変化法と陽占八門法、或いは時空間連結法(十方星と十二天星の連結技法)といったあたりをきちんと丁寧に教えているところは『万象算命創楽院』しかありません。『万象算命学』の新しい教科書にはそれら全てが書いてあります。

 

 

これも最近よく見ている陰ヨガのDVD。ヨガの世界にも陰ヨガと陽ヨガがあるんです。

古代のインドや中国って、本当にすごいですね。

 

『万象算命創楽院』公式サイトはこちら

 

フォローしてね! ペタしてね