いいですか、皆さん、ご一緒に。
 
 
ハイ。
 
 
棚を取るからタナトルです!
 
 
ハイ、もう一度。
 
 
棚を取るから
 
タ・ナ・ト・ルです!!
 
 
ハイ、よくできました。
{0C1BC82D-E6DB-4CCE-AC39-E0E3A3B6E7E8}

発売です。

 

シマノの最強PEラインと言えばマスターシップ船EX8だった訳ですが、強度は問題なく最強クラスであるにもかかわらず、その値段も最強クラス過ぎてなかなか手が出なかったというのが正直なところだったと思います。

 

そこで、ずっと開発してきたのが強くて安いPEライン。

 

やっと完成しました。

 

今まで船用のPEラインは連結モノが0.8号からしかなかったのですが、今回は0.6号からのラインナップ。

 

日本原糸&日本製造の完全メイドインジャパンのPEラインです。

 

ちょっと宣伝チックになりますが、超高強力ポリエチレン原糸

「IZANAS」を採用し、VT法という新しい製法で糸を均一に編むことができ、強力をアップさせています。

 

見てもらえば分かりますが、パッケージには大きく数字が書いてあります。

image

これは撚り数なので、8と書いてあれば8本撚り、4と書いてあれば4本撚りってことになります。

分かりやすいでしょ。

 

 

タナトル8

{702D6E86-C073-42AF-89B5-CF5DCE23F3F6}
おそらく一番出番が多いと思われる8本撚り。
低伸度&ソフトタッチ
各社並み居る8本撚りの中でも間違いなく最強クラスの強度を誇ります!
 
細い
 
強い
 
滑らか
 
 
一番出番が多い0.6号は300mの単品と600m連結になります。
連結は200mずつ分けて使うもよし、300mを2回に分けるもよし、友達とシェアするもよしって感じです。
 
そして、価格も一気にダウン!!
 
おそらくお店によってまちまちになると思うのでいくらとは言えませんが、マスターシップ船EX8よりもはるかに安くなります。
 
300mで3500円弱くらいになるかな。
 
なので遠征でも使えますし、地元の海でも使えます。
 
一押しです!!
 
あえて言うなら0.4、0.5号あたりが欲しくなりますね。
船用だとさすがに難しいかな・・・
 
 
 
4本撚り
{A9996B76-2CAA-427D-8649-7DAC4CF3D540}
こっちはVT工法により糸つぶれを抑制しています。
そして強度も4本撚りの中では最強クラス。
 
なにより値段が最強過ぎて・・・

こちらは300mで2000円前後になるかな?
 
連結は2号からなので使うとすれば単品売りのものですね。
 
 
同時発売のルアーキャスティング用のピットブルは単色なので船では使いませんが、強度は同じで12本撚りもあります。
 
しかも、12本撚りはビックリするくらい安いです!
 
実はテストで12本も使ったりしたのですが、その滑らかさは凄いですね。
 
 
タナトル&ピットブル
 
ぜひ触りに来て下さいね!!
 
 
 
 
 
AD

レインその他!!これスゲーです!

テーマ:
これ、ぜひフィッシングショーで着てください!

 

 

 

 

 

 

{9F6D277D-8BDA-42BA-A2A0-E125C154F683}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3Dマリンスーツ

 

 

 

 

 

 

 

大きな特徴は2つ

 

 

 

 

 

 

 

・COREACT

 

 

 

(コアアクト)

 

 

 

 

 

 

 

・SPLASHSEALD

 

 

 

(スプラッシュシールド)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はテストが始まったのは4年前。

 

 

 

 

 

 

 

まだアントラージュが発売になる前の話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全に怪しい白装束集団wwwwww

 

 

 

{988C09F4-71B0-426D-8668-2FB117349C2B}

 

 

 

 

 

 

 

・SPLASHSEALD

 

 

 

 

 

 

 

ご存知の通り、レインで最も雨を通さないのはPU素材のもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一切雨を通しません。

 

 

 

 

 

 

 

ですので、強い雨が降った時なんかはゴアテックスなんかより遥かに快適です。

 

 

 

ただ、防水も凄いですが、透湿性ゼロなので、蒸れ蒸れになりやすいって欠点もあります。

 

 

 

 

 

 

 

一方、船釣りにおいてという前提で考えると・・・

 

 

 

 

 

 

 

ゴアテックスやドライシールドなどの透湿性のあるレイン・防寒は潮を浴びる前提で考えたとき、数回使用で潮で目詰まりを起こしてしまい防水性が一気に落ちて染みてしまいます。

 

 

 

特に太ももの前の部分とお尻の部分とライジャケが当たる部分。

 

 

 

使ったその日から撥水しなくなりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

おそらくこのジレンマは船に乗る皆さん全員が持っているのではないでしょうか。

 

 

 

魚のヌル、イカが吐く墨や潮、船が走るときの水しぶきなんかも全部悪さの原因になります。

 

 

 

 

 

 

 

と考えるとやはりPU素材のものは優秀と言えます。

 

 

 

なので、沖釣り師の方でPUを着る方が多いのは至極当たり前の話になるわけですが、ここで読んでいる皆さんの突っ込みが聞こえて来ます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カカシみたいな形状で全然オシャレじゃない。」

 

 

 

 

 

 

 

「ダボっとしていてなんか形がね。」

 

 

 

 

 

 

 

要するに・・・

 

 

 

 

 

 

 

格好良くないんです。。。

 

 

 

(僕の勝手な意見ですけど)

 

 

 

 

 

 

 

だからやっぱりゼフォーとかのウエアが着たくなるって方も多いんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ずーっと前にフェイスブックなんかでチラッと書いたことがあるのですが、技術が追い付けば新しいものが出来るってのがありました。

 

 

 

それがこれ。

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

4年以上前の写真なので分かりにくいのですが、3D形状のPU素材のレインってのをテストしていました。

 

 

 

サンプルなので真っ白ですが、言われなければ形状的には通常のPUレインと気が付かないレベルです。

 

 

 

 

 

 

 

そう、普通のレインのような形をしたレインなんです。

 

 

 

 

 

 

 

釣りから帰ったら玄関先に吊るして水道でジャーっと洗うだけでOKのPUレインがよりかっちょよくなったんです。

 

 

 

{C45CBBCC-4DD2-44EE-A8E3-EF4F023B88AE}

 

 

 

 

 

 

 

これはサンプルなんでパンツ形状ですが、実際はサロペットになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えばイカ墨が付いた場合・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

{A6E66B6D-1819-4E88-A87F-040928ACCDCE}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あえて拭き取らずに2-3時間ほど放置。

 

 

 

 

 

 

 

{402E506A-DA63-48D8-9BD4-4DDC6F995F4C}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全に乾いた状態で拭き取っても・・・

 

 

 

{9F422C84-FC84-4F34-9F1B-21151671C4B7}

 

 

 

ほらこの通り。

 

 

 

全く墨が残りません。

 

 

 

 

 

 

 

カタログを見てもらえば分かるのですが、防水、撥水、防汚となっています。

 

 

 

 

 

 

 

この防汚と言うのが凄い。

 

 

 

 

 

 

 

シマノのウエアでこの防汚加工がしてあるのはこれだけ。

 

 

 

 

 

 

 

ってか、釣り業界のウエアでこの加工を見たことがありません。

 

 

 

 

 

 

 

それがまさにSPLASHSEALD(スプラッシュシールド)ってやつです。

 

 

 

大きな特徴は2つ。

 

 

 

 

 

 

 

・シリコン加工してあり汚れが染みない→通常のPUのウエアよりも汚れません!

 

 

 

 

 

 

 

・立体裁断が可能になった→これにより色んな形状にすることが出来ました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、抗菌加工も施されています。

 

 

 

例えば、缶詰工場や漁業関係者などが使用しているエプロンなどに使われている抗菌加工がこのウエアに施されています。

 

 

 

 

 

 

 

しかも、それだけでなく立体設計ができるところまで来ました。

 

 

 

 

 

 

 

自由な設計、汚れが付かない、さらに抗菌加工済みと言うのがこのウエアの一つの特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

{EB47EFCE-05B0-4476-AFE7-2B5CC39CE13A}

 

 

 

結婚おめでとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜のケンサキ釣りなんかで地合いが来ているのに汚れたら嫌じゃないですか。拭いてる暇ないし!って。

 

 

 

 

 

 

 

{5DC68C95-9BE5-49A6-BFDE-8E78426466EA}

 

 

 

 

 

 

 

そんな時も、イカが釣れてるときは一心不乱に釣りまくり、落ち着いたら拭き取るだけでOKって素敵すぎるんですけどって話。

 

 

 

 

 

 

 

しかも、形状がとにかくすごい。

 

 

 

 

 

 

 

 

・COREACT

 

(コアアクト)

 

 

 

それがコアアクトです。

 

 

 

これは袖を通して初めてその凄さが分かります。

 

 

 

着た瞬間に

 

 

 

 

 

 

 

「おお~!」

 

 

 

 

 

 

 

って言っちゃうレベル。

 

 

 

 

 

 

 

完全に釣りをするための形状になっています。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく

 

 

 

 

 

 

 

着やすい

 

 

 

 

 

 

 

動きやすい

 

 

 

 

 

 

 

釣りしやすい

 

 

 

 

 

 

 

の3拍子揃ったレインです。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとお値段は張りますが、釣りのしやすさ、保管のしやすさ、手入れのしやすさを考えるとむしろお得って感じるくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、立体設計と汚れが付かない素材を組み合わせたウエアは僕が調べた中では業界初かも。

 

 

 

(違ったら教えて下さいね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひフィッシングショーで着て下さいね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ついに発売!!

 

 

 

image

 

 

 

実は用品関係でずっと人気で売れ続けているフィッシンググリッパーに新色が追加になりました!

 

 

 

いや、個人的にずっとお願いしていたので嬉しくて・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日からフィッシングショー。

 

 

 

いや~、ギリギリ間に合った(笑)

 

 

 

以上、忘れ物がなければ大体僕の関わる商品は終了です。

 

 

 

 

 

 

 

あとは、それぞれの担当の方に聞いて下さいね。
 
 
 
シマノだけでも見るの多いですぞ!!
 
 
 
と思ったら忘れ物してた!

 

 
明日の朝一で更新するのでそれも忘れずに見てください!

 

AD

サーベルマスターSSスティック追加モデル!!

テーマ:
昨年デビューしたサーベルマスターSSスティック
 
お陰様で色んなエリアでサーベルマスタースティック&サーベルマスタードラゴンを使って楽しまれる方が一気に増えました。
 
と、そこまでは良かったのですが、一気に爆発しすぎてしまい、その肝心なサーベルマスタードラゴンがシーズン頭に一気に在庫切れを起こすという全く予期しない状態となってしまい、ご迷惑をお掛けしてしまいました。
(言い訳をする訳ではないのですが、予想をはるかに上回る注文でどうにも対応不可でした。。。)
 
ですので
 
「せっかくやろうと思ったのに!」
 
とか
 
「1回買ってそれっきりになってしまった。面白かったのに!」
 
という声が非常に多かったので消化不良を起こしてしまった方も多かったのではないでしょうか。
 
ということで、今年はしっかり作ってみなさんの所にお届けするつもりですので、ご安心を。。。
 
そんなライトテンヤタチウオですが、やはりデイゲームでタチウオを楽しむアングラーからの要望が一気に増えました。
 
昨年は、まずは発祥の地である駿河湾などのエリアで地味に展開などと考えていたのですが、そんなのはお構い無しに日本全国で広がりを見せ始めています。
 
ということで、深場対応のロッドを発売します!
 
{A8198ED6-3AC4-4ED0-AAA4-716ADA4ADF33}

 

ラインナップはカタログの通り。

1. S608LーS(販売中)

2. S610MLーS

3. S610M-S

4. B608MLーS(販売中)

5. B608MーS

6. B608MHーS

 

 

見ての通り、全水深対応のラインナップです!!

 
スピニング、ベイト共に3タイプずつと死角無し!!
 
どんなエリアでも対応可能です。
 
{B3048FB8-60D8-4B6A-AC14-BFBDF9474B35}
 
四国、九州、富山、愛知、静岡、そして東京湾、外房など
思い思いの地域で使って下さいね!
 
{33C498EB-4ECC-4126-9ED4-4578CCA354A4}
 
カタログが出てから更新してるのでだんだん疲れてきて手を抜いてるなんて言わないでねww
{0BC86074-2F48-4D4A-9855-90AF8F4E5C0A}
 
もちろん各地のフィッシングショーにも並びますので触ってみて下さいね!!

 

あと、注意点です

 

フィッシングショーではルアーロッドコーナーではなく、船ロッドコーナーに並ぶ可能性が高いです。

ですので、シマノブースに来てもルアーロッドコーナーだけでなく、船コーナーもチェックして下さいね!!

 

 

 
ふ〜〜、一気にブログ書き上げるのは骨が折れる・・・
 
そしてあと少しで横浜FSが始まってしまう・・・
 
という事で、明日が最後です!
 
 
AD

新製品リール!!続々と!!

テーマ:
かなりインパクトのある発表だった炎月プレミアム。
 
サプライズがあるかもと書いたのですが、実はフィッシングショーにはもう一つのプレミアムが並びます。
それが・・・
 
グラップラープレミアム
image
 
ライトジギングでグラップラーを使われた方はその完成度に驚いたのではないでしょうか。
かくいう僕もタチウオジギングでグラップラーを使った時に出た言葉が
 
「これ、ロープロのコンクエストじゃん!」
 
というものでした。
オフィシャルで言っていいのか分からなかったので、
(シマノではオフィシャルで使っていい単語とダメな単語が決められています)
あえて大きな声では言ってなかったのですが、まさにそう言っても過言ではないほどの完成度の高さでした。
しかも驚くほど値段が安い!
 
すぐにリール担当者に
「ちょっとやりすぎじゃない?」
って言ったほど。
 
{71ADB4A2-FD8F-48E7-AA66-94A4764E5B60}
 
そんなグラップラーにカウンターが付くとなれば・・・
 
もう、ハードユース系リールが次の時代に突入したと言っても過言ではないでしょう。
 
より的確に。
 
 
より正確に。
 
 
より戦略的に。
 
 
 
100mを超えて棚を刻むジギングではもちろんのこと、昨年から本格的にチャレンジしている深場のライトテンヤタチウオゲームでもその威力は絶大です。
特に、ライトテンヤのようなエサ釣りの場合、棚にビタ止めすることも多いので、例えば渋い状況で98mで釣れたとなったら、次の誘いでも98mで一切動かさないなんてこともあります。
 
深場でかつ棚直撃となると、手返しも含めて考えた時にバルケッタのシングルハンドル、HGNボディー&マイクロモジュール版が欲しくなるのは誰の目にも明らか。
なので、80mより常に深いエリアに行くときはバルケッタにシングルハンドルを装着していたのに気がついた人がいたかもしれません。
 
実は釣りビジョンの番組でも、その他ロケでも意外と出番が多かったのです。
 
ですが、これが片手落ちというか何というか、、、
例えば棚をしっかりキープしようとすればバルケッタにシングルハンドルとなりますが、そうするとボディーの歪みが出てしまい深場ではやはり巻きが重くなってしまう。
 
一方、巻きを楽にしたいと思ってグラップラーを使うと棚が分かりにくくなってしまう。
ラインで見れば良いのですが、100mを超えるポイントでは落としている最中によそ見していると分からなくなったりするんですよね。上げ下げを繰り返していると10m×5色を使っていても丸々50m間違えてたり(笑)
 
 
{3B540BBC-AECE-40A9-976D-9996315554F5}
なかなかのコレクションでしょ(笑)
 
 
 
なので、その辺の問題を全て解決し、一台に集約したのがグラップラープレミアムってことになるわけです。
 
また、XGなので、巻き取りも一巻き81cmとかなり楽々です。
 
炎月プレミアムはPG58cm、HG78cmなので、用途に合わせて、スタイルに合わせて選択することが可能です。
 
価格は未定となっておりますが、炎月プレミアムとほど似たようなもんでしょう。
 
相変わらず安すぎます(笑)
 
もちろん、フィッシングショーにも展示してますのでぜひ触って下さいね!!
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

そして、バルケッタにも追加モデルが発売になります。

 

バルケッタ300/301PGDH

{2B0F89C9-E4F5-4921-8E39-2E91B69284E2}

 

正直、プレミアムシリーズが発売になるので影は薄くなるかもしれませんが、市場を席巻したバルケッタに死角はありません。

 

追加モデルは300/301PGDH

 

一巻き58cmのローギアモデルです。

 

バルケッタのPGが欲しいと言う意見が多かったのと、

実際ハンドル1/4回転、1/10回転くらいで誘いをかける浅場のライトテンヤタチウオなどではかなり欲しかったギア比です。

沼津のタチウオ、東京湾の夏タチなど棚をすぐに通過してしまう釣りではかなり有効です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

で、意外とお勧めなのがこれ。

ベイゲームです。

 

ベイゲーム150/151DH

{7E507840-03D0-444F-9515-36F30D426DA5}

あまり接点のないリールなのですが、最大の特徴はハンドル。

何と、55mmダブルハンドルです!!

しかも、ハンドルノブもパワー重視の形状になっているのでかなり面白いリールになりそうです。

 

実際にリール開発渡されたときは、

 

「あ!これ欲しい!!」

 

と思わず言ってしまったほど。

 
ベイゲームにしておくのが勿体ないほど?(笑)いいリールです。
ぜひこちらも触ってみて下さい。
 
オリジナルの純正ハンドルで55mmです!!
 
 
とりあえずイカ先生的リールの見所はこんな感じです。
 
ぜひフィッシングショーでチェックして下さいね!!
 
 
 
 
 
 
始まりはここからでした。
 
シマノと契約して一番最初にリリースしたロッドが
 
Sephia CI4+メタルスッテシリーズ
 
気が付けば4年の歳月が流れていた訳ですが、本当に沢山の方に使って頂くことが出来ました。
 
本当に感謝、感謝です。
{54AAB1DB-16B4-4741-AB4D-2A69AD9485DF}

当時(と言ってもつい先日のことって感じですが)、曖昧だったメタルスッテゲームを乗せ調子と掛け調子に分けて釣りをする、つまりロッドで釣りを分類するという全く新しい価値観を提供したのがこのセフィアCI4+シリーズです。

 

今ではほとんどのメーカーが追従し、乗せ調子、掛け調子と分類するのが当たり前となっています。

 

まさに、いろんな意味でパイオニア的存在のロッド達と言えるでしょう。

 

おかげ様で、いまだに愛用者も多く各地でワインレッドのロッドが船に並んでいるのを見るとジーンとしちゃうことがあります。

 

そして、いよいよそのCI4+もモデルチェンジする日が来ました。

 

僕は常々、10年使えるモノ作りをと考えて作っています。

基本的なスタンスとして、流行っているからとか、今出せば売れるからとかでモノ作りはしません。

(もちろん、そんな商品もありますけどね。他社にあるのは分かるけど、どうしてもシマノで作って欲しいとか。そんな皆さんのために)

これは今まで僕が関わった製品を手に取ってくれた皆さんには十分すぎるほど分かってくれているのではないかと思います。

 
そして、新製品を出すときは技術の革新があった時とも言っています。
 
満を持しての登場です。
 
ラインナップは以下の通り。
 
 
 
 
では、それぞれのモデル毎に見てみましょう。
 
セフィアCI4+ メタルスッテ
スピニングは2本
S608L-S
S608ML-S

 

 
S608L-S
 
 
{D2A554BF-6E90-4B37-BF12-220C0D7E8B50}
軽量なスッテを軽快に操作するためのロッドです。
8~12号くらいまでがちょうどいい感じです。
 
前作の700よりも短くなりましたが、これは次に紹介するS608ML-Sとしっかり使い分けをしてもらうため。
 
好きな人は好きな700L-Sなんですが(僕もその一人)、700という長さにどうしても食わず嫌い的な要素があり手に取ってもらいにくいという悩みがありました。
このため、今回はあえてMLと長さを同じにし、純粋に硬さで選んでもらおうと考えました。
 
8号前後のスッテを操作するロッドとしては間違いなく最強と言えるでしょう。
タイプとしては乗せ調子に近くなっています。
 
S608ML-S
{D5A521DE-FD7A-4858-AEF8-C5C83D7CD0FA}
 
こちらは608L-Sよりも若干重めのスッテを扱いやすくするためのロッドになります。負荷は608L-Sとさほど変わりませんが、軽いスッテはよりキビキビと動かせるのと、重ためのスッテを操作するスピニング版と思って頂いてもOKです。
 
15号くらいのスッテを使うことが多いエリアでスピニングがいいんだよな~なんて思ってる方にはピッタリ。
 
軽いスッテを扱うときは掛け調子
重いスッテを扱うときは乗せ調子
 
のような感じです。
 
スピニングはこの2本ですが、前作から何が変わったのかが一番気になるはず。
 
フルモデルチェンジというだけあってなんと同じパーツが一つもありません!!
 
・X-GUIDE採用、ガイドの見直し
今までX-TUNEにだけ採用されていたX-GUIDEがこのCI4+しりーずにも搭載になりました!!
そして、X-GUIDE以外のガイドも全て軽量・小口径化したものに変更。ガイド全体として軽量化、トラブルレスに貢献しています。
 
・ブランクスの一からの見直し
長さはもちろん、調子も若干変え、より軽快感を演出できるようになりました。
 
・グリップの変更
いわゆるアップロックからダウンロックに変更しました。
アップロックは手の平にねじ込み部分が当たってしまうため時に緩んだり滑ったりすることがありました。
このためX-TUNEでも採用されていたダウンロック形状に変更しています。
 
これらにより、X-TUNEに肉薄する仕上がりになっています。
さすがにX-TUNEほどのシャープさはありませんが、おそらくこの価格でこの性能はありえないレベルと言い切れます。
 
 
ベイトロッド
ベイトロッドは合計4機種
B511ML-S
B606ML-S
B606M-S
B606MH-S

 

一本ずつ見て行きましょう。

 

B511ML-S
{7EE692F5-3159-417C-AB2F-F1ADCECB636D}
セフィアCI4+メタルスッテシリーズの中で初めてとなる5フィート台のショートロッドです。
 
これはコロコロスッテと同様に、太平洋側、特に三重、和歌山、沼津周辺からの要望が多かったモデルです。
比較的海が穏やかな地域でサイズの小さいイカを狙う場合、どうしてもショートロッドで掛けに行きたい!という要望から生まれました。
ですので、ソリッド部分をやや短くし、掛け調子のロッドに仕上がっています。
 
言っときますけど
 
恐ろしく軽いです
 
一番気にしたのがショートロッドの掛け調子ということで硬くし過ぎなかったこと。
完全パッツン系だととにかく面白くない竿になってしまいます。
それなら船用のマルイカ竿でいいじゃんって話になってしまうので。
ということで、テストでは日本海のデカイカも掛けてみました。
 
 
{D4297C38-53D4-4E84-9999-5AF163C0C50F}

{1C5F0E33-B74B-40F8-83EB-709A0144FAA1}

 
 
 
良い子はマネしないで下さい。
何ならゆすってます(笑)
これがセフィアシリーズの強さです。
テストって単に釣るだけではなく、不意の事態にどう対応できるかを見るのもテストなんです。
開発チームのメンバーはこんなことしてても涼しい顔で見てます。
 
とにかく、
 
軽い!
 
強い!!
 
面白い!!!
 
の3拍子揃ったロッドです。
 
ぜひ使ってみて下さいね!
 
B606ML-S
{C0DC7E1E-E515-48A2-B48E-05F173EBCDFF}
前作で一番お気に入りだったB606ML-Sの後継機種です。
乗せ調子でありながらイカが掛かってから粘る非常に面白いロッドです。リールシートからブランクス、そしてもちろんX-GUIDE採用で、まさに
「生まれ変わった」
と言えるロッドに仕上がっています。
 
前作で満足していた方、ぜひ手に取ってみて下さい。
モデルチェンジとはこういうことか!
ってのが分かると思います。
 
 
 
 
B606M-S
{7968B773-D4F8-48FB-95E3-63383837C5FB}
前作にあった掛け調子のMです。
こちらも同様に、よりブラッシュアップさせています。
掛け調子で選ぶなら迷わずこの1本!
となるでしょう。
 
 
B606MH-S
{464767EA-41A6-475C-AA07-85FB499E455F}
実はCI4+でMHの強さは初めてとなります。
X-TUNEはなかなか手が出ない、だけど住んでるエリアから行くとMHがちょうどいいんだよな~って声が結構聞かれました。
 
なので、CI4+でもMHを作ろうではないか!
 
と言うことでラインナップに入れました。
 
調子はどちらかと言うとMLに近い感じで乗せ調子の強めといったところ。
Mのような掛け調子で硬くすると動かすのは良くてもイカを乗せるのが難しい。
とくにオモリグを使うアングラーにとって竿が硬すぎるのは非常に扱いづらいもの。
 
ですので、しっかりを潮の動きを感じられるようにマイルドさとイカ先生の愛情を入れてあります。
 
 
フルモデルチェンジしたセフィアCI4+メタルスッテシリーズ、ぜひ使ってみて下さいね!!
 
発売は5月です!!

 
毎年すぐに売り切れてしまうメタルスッテ用仕掛け

セフィア スッテアシストリーダー

 


誰ですか、大量に買い溜めしてるのは(笑)

そんなスッテアシストリーダーがリニューアルします。

 

スッテアシストリーダーの特徴である

 

・回転ビーズを使い、糸グセを無くす

(ケンサキイカはカンナに掛かってから回転します。このため、幹糸に固定されているものは必ずヨレてしまいます)

 

・イカがたくさん釣れてもヨレが来ない太エダス仕様

(この程度の太さでは釣果に影響はありません。むしろ細すぎてヨレがあった方が食いは悪くなります。変に細くすることによって釣果が落ちるのは釣り込んでいれば分かることと)

 

・張りを持たせたこだわりのエステル素材を使用

(ちなみに、仕掛けの幹糸はフロロでエダスだけがエステル素材という超凝った仕様になっています。もちろんそこには大きな意味がありますが、そこは企業秘密ということで)

 

これら大きな特徴を備えたセフィアスッテアシストリーダーは絶対的釣果の名脇役として使ったその日に良さが分かる仕事人です。

 

そんな大事な仕掛けですが、やはり社内の競争は激しく、ライバルは蹴落とされてしまいます(笑)

 

リニューアルした仕掛けは計5種類

左の3種類はそのまま、右の2つが新製品です。

 

 

一つずつ説明しましょう。



{E29619F9-E438-401E-B843-11EECC4488BE}


 


パラソルタイプ

{A0B31008-3562-4B50-BE28-A93DF8B91E17}

胴長40cm以上のパラソル級を狙った完全大物仕様です。

エダスの長さを20cmとし枝から下のメタルスッテまで115cmと間隔を広げました。

間隔の短い仕掛けはパラソル級が嫌う傾向にあります。

このため上下の間隔を広く取り、エダスも20cmと長くしました。

 

個人的には九州から北陸にかけてのシーズン中盤以降のビッグサイズ、もしくは6月のビッグサイズ狙い、伊豆大島周辺のアカイカ狙いで使いたい一品です。

 

 

オモリグ専用仕掛け


{2693AB02-AE65-4C51-8E2B-2BCB496D34AA}

いよいよ待望のオモリグ用仕掛けが出ます!

いや〜長かった。

いつも自分で仕掛けを作っていたのですが、これからは結ぶだけでOK!!

 

今や山陰地方や金沢、福井嶺北でメジャーとなったオモリグはエギを使った全水深対応の仕掛けとして確固たる地位を築いています。

 

また、大物狙いとしてもその威力は絶大!!

 

エステル4号のピンピン仕様!!

 

ぜひ使って下さいね!!

 

 

こちらは

スタンダードのショート

{AC3F357A-C825-4154-807C-30AAEAEE4F1C}

もうお馴染みの仕掛けですね。

次のロングと並びダントツの2トップ仕掛けになっています。

 

 
スタンダード ロング
{ECC49ACF-4B76-4621-9F13-1EF436F16BA5}

こちらも真っ先に売り切れてしまう仕掛けのひとつ。

ショートとロングは永遠の定番になりそうです。

 

 
そしてダブルエダス
{6C33B64C-484B-42A9-876C-C12C6D91092E}

実は上のショート、ロングに続き大人気なのがこのWエダス

 
冗談抜きで本当に大人気です。

 

やっぱりみんなたくさん釣りたいのね(笑)

 

使っちゃダメっていう船には持って行かないで下さい。

 

じゃあ、一番下をオモリにして、上の二つをウキスッテだったらいいの?

 

とか、ややこしいことも言ったらダメです。

 

ですので、そう言った縛りのない船で思い切り使って下さい。

Wエダスは単にたくさん釣るためのものではなく、ウキスッテの当たりカラーをいち早く見つけ出すにはもってこいの仕掛けでもあります。

 

うまく活用して釣果を伸ばして下さいね!!

 





 

コロコロスッテ新発売!!

テーマ:
 

メタルスッテの新製品、その名も・・・

 

コロコロスッテ

 

{63A6AC85-A91D-4AFD-B024-F8CAB99C3F27}


 

出ます

 

帽子がちょっと浮いてますが

{C742B9B1-B619-4240-BCE5-CF6DE5AC7FEC}

出ます。


{4BF153C2-4A9C-4BA1-9A06-9AFD770D1121}

 

帽子直して

{CB93D266-EE0A-4097-A8AF-2FCFEA902661}

 

ヤリイカも、ケンサキイカもスルメイカも

{AF64515C-E57A-4196-B98E-A32D2D9BD4B6}

 

釣れます

 

 

{5C351CA9-F78D-4B7C-9AAA-39EDA3CA4C72}

 

テストも絶好調♪

{B4052620-6A50-4087-8B9D-C91B4E20BBA4}

あれ?イカが違う??(笑)


 


 

 

こちらもやっと発売にこぎつけました。

{599D647C-5EDA-458D-8B45-84D33E4B1F2D}

 

目指したのは究極のスタンダード

 

 

現在、シマノのメタルスッテにはノリノリスッテ、イケイケスッテTGの2種類があります。

 

おさらいの意味も込めて一つずつ説明しましょう。

 

ノリノリスッテ


ノリノリスッテはおそらくケンサキイカ釣り最強のスッテであると言っても過言ではないくらい最高のバランスに仕上がっています。

 

その大きな特徴は

 

・クラス最遅のフォールスピード

 

・フォールでブレない水平姿勢

 

・シャクリに対する鋭いダートアクション

 

であり、かつてどこのメーカーもめをくれなかった

「水平姿勢が強烈に効く」

という事実を製品化した唯一無二のメタルスッテでした。

 

「スタンダードな形状でなければ売れない」

 

という定説を見事に覆し、現在でも人気、実力共に全く衰えることを知らないモンスタースッテになっています。

 

しかし、欠点がないかと言われればそうではなく、そのフォールスピードの遅さから、早潮に対しては弱いという欠点がありました。

 

これは性能そのものが欠点でもあるので仕方ない、と言うかまさにそのためのスッテなので割り切って使ってもらうものでもあります。

このため、ノリノリスッテ25号を追加発売としました。

九州、山陰、北陸方面など日本海でよく使われているのはノリノリスッテのアクションで重たいものが欲しいという皆さんのために作ったものです。

 

 

そして、根本的な対策として、

「そもそも潮に流されないスッテを作ろう」

ということで発売になったのが

イケイケスッテTGになります。


 

 


ノリノリスッテに比べ、スリムになっていることと、

 


 

タングステンをカンナ付近に持ってくることによって

 


 

フォール姿勢を垂直にし、いち早く目指した棚に到達させるというコンセプトです。

 

また、フルタングステンではないにもかかわらずそれと同じフォールスピードを実現できるため、フルタングステンの問題点である価格を抑えることに成功しています。

 

細長い形状のため、フォール抵抗やシャクリ抵抗が少なくノリノリスッテとは真逆の性能を発揮してくれます。

 

潮の大きなエリア、早いエリアなどで大きな力を発揮してくれるのはもちろんのこと、スルメイカ、特にニセイカ、ムギイカなどの速いスピードに反応するイカに対しての効果が抜群です。

 

このように、

・クラス最速のイケイケスッテTG

 

・クラス最遅のノリノリスッテ

 

となっているわけです。ここまでは分かりましたよね。

 

で、コロコロスッテです。

 

 

コロコロスッテ
{306EA06D-FAF1-449B-8F31-8F7E8E18B1EB}


コロコロスッテはこの間に入るスッテになります。

つまり、早すぎず遅すぎない

「ちょうどいいスッテ」

というコンセプトです。

 

フォールスピードはノリノリスッテとイケイケスッテTGのちょうど中間くらいなので、その日のパターンが分からないとき、潮の速さが分からないときなどのパイロットルアーとしての役割を果たしてくれます。

 

問題なく釣れていればそのままコロコロスッテで通しても良いですし、反応が悪くなってきたらよりスローなノリノリスッテにチェンジ、もしくは潮が早くなってきたらイケイケスッテTGにチェンジなど、3部作の完結編ではありませんが、大まかに状況を分ければこれで死角なし!

と言えます。

 

また、特徴はそれだけではありません。

コロコロスッテの名前にもある通り、形状がコロコロなのですが、大きな特徴はそのサイズ感です。

この写真を見て下さい。

{3E8822CB-E7B6-4192-8416-D076797434D3}

25号という巨大なスッテにもかかわらず、やや太らせることによってグンと短くなっています。

 

ここでピンときた方は鋭い!!

image

 


そう、これ、太平洋側でドハマりするサイズなんです。

近年、人気エリアとなった和歌山中期~南紀エリア、三重県の尾鷲周辺、そして静岡県の沼津周辺のケンサキイカは日本海に比べて一回りイカが小さいのが特徴です。

 

つい先日も尾鷲のエヌテックマリンさんにお邪魔したときに中井船長に見てもらったのですが、見るなり

 

「これ!ドンピシャです!!」

 

って言ってもらえました。

 

実際に手の平に乗る小さなサイズも難なくゲットしています。

 

例えば日本海でもイカのいる水深・棚は同じなのにイカのサイズが小さい時ってありますよね。

こんな時は日本海エリアでも非常に有効です。

 


潮が早いけどイカのサイズが大して上がらない時なども、小さなシルエットで食わせることも可能。


 


 

{2A6744F2-986D-4C83-80CF-9EBF99486BFD}

 

コロコロスッテだけで全てがカヴァーできる訳ではありませんが、新たな武器として、穴を埋めるがごとく引き出しの一つに加えて頂ければと思います。

 

{A2FB7619-4673-456E-817E-D414533E8FEA}



 

もちろん、デカイカの実績も問題なし!!

{A581BFEF-10CB-4628-B7BE-6F2E82F69AF4}

 

テストは実に3年!!

{9CF71D18-7A79-4F02-81C0-C81AC9E2F1ED}

よく見るとカンナや布のパターン、フェイス周り、ボディ形状が違うのが分かります。

 

長かった・・・

 

色んなトラブルを乗り越え、ようやく発売です!!

 

正直、発売をあきらめたほど。

 

{0EB96F50-00AA-4802-B316-03C6550E60CC}

目玉にフェイス付き。

そしてヘッドは布無しのむき出し系です。

 

{4E0F98D0-A655-411D-9EF3-A0E062DFD644}

もちろん、フワフワスッテとの相性も抜群!!

 


{909C7B12-85A7-4D0A-9CE4-AFD40000F21D}

テストもバッチリ♪

 

気になるサイズは

 

8、10,12,15,20,25号の6サイズ。

 
{78699A98-3C33-4CFF-9246-7F23F468AAB7}


ちなみに、8号はフワフワスッテSより小さいです(笑)
{8C2FA46F-0964-4920-A8F4-4F39CE13BE34}


 

カラーも8色と選び放題です♪

 
{E2A4D940-0DE2-4719-B0C9-A0C87065903F}


発売は5月くらい。

 

お楽しみに!!

 

セフィアX-TUNE ウキウキトップスピニング!!

テーマ:
昨年発売した
 
Sephia X-TUNE メタルスッテ B605L-GS
 
通称ウキウキトップ
 
おかげ様で本当にたくさんの方にご評価いただくことが出来ました。
 
「とにかく面白い!!」
 
「完全に病みつきになる!!」
 
「アタリが凄く分かりやすい!」
 
「曲がらない竿に戻れなくなった(笑)」
 
「いや~、やっちゃいましたね!」
 
「これでモテるようになりました!」
 
「気が付けば財布の中がパンパンです!」
 
「竿を買っただけなのに女の子に声を掛けられるようになりました!」
 
「ギャンブルで勝ちまくり!収入以上の儲けにウッハウハです!」
 
「金運、恋愛運が半端ないです!」
 
など、とにかく沢山の喜びの声をいただくことが出来ました。
 
恐る恐る買ったアングラーの皆さんも、最初こそ戸惑いがあったようですが、慣れてくると(と言っても2,3時間の話ですが)、その特徴を理解し、存分に楽しんでくれたようです。
 
そして、シーズン後半になると言われたのが
 
 
「出ますよね?」
 
「出しますよね?」
 
「ウキウキトップのスピニング版」
 
でした。
 
実は、開発はベイトのウキウキトップと同時にスタートしたものの、まずはベイトを出してみてという意見が大半でした。
もちろんこのロッド(ウキウキトップ)には自信があったのですが、ベイトがズッコケたらスピニングはお蔵入りになるところでした。
 
とは言え開発は進めなくてはいけない。他のロッドとの兼ね合いもあるので隙間を縫うように開発を進めてきました。
 
そして発売になるのがこれ。
 
{56890CEB-B974-4756-A34C-C9A1E6F59721}

 

Sephia X-TUNE メタルスッテ S605L-GS

 

出ます!

 

出します!!

 

しかも、ベイトと長さも一緒!!

 

もう、予想通りだったと思うのですが、実は結構苦労しました。

 
{F3095B71-B01B-40D6-B705-96F284CA0C95}
 
と言うのも、当初、ベイトロッドのブランクスをそのまま使ってガイドだけ付け替えてみたのですが、これが全くの不発。
 
意図するアクションが全く出ないのです。
 
テスト釣行でも、
 
イカ先生 「あ、これダメだわ。」
 
開発A 「マジっすか。ちょっと貸して下さい。あ、、ホントだ。。」
 
開発B 「えーホントに?うーーん。ダメっすね・・・」
 
と言うことで、新たにブランクスを設計し直すことに。
 
結局1からスタートし、気が付けばベイトのウキウキトップよりもサンプルが増え、気が付けば2年もの時間が掛かってしまうという事態に。
 
{17F11F81-3D71-4915-92B8-CB8221428D82}
 
テストはしつこく。しつこく。
 
とにかくしつこく。
 
{F8AFEEB6-660D-4172-9CA7-0D321593A745}
コロコロスッテでもテスト。
 
 
もちろん、ブランクスには特徴的な黄色を配色。
これがウキウキトップの目印です。
{2EFC06EE-1D5E-4C50-8673-3AD5FA211A65}
サンプルなのでガイドはLDBが付いてます。

実際の製品はXガイドが付きます。

 

{59A4F002-C473-4581-A232-84EEC1BDA4B0}
 
ウキウキトップの特徴である、ティップはぐにゃぐにゃだけどブランクスはシャッキリ!
 
を最大限出せるように強度テストおよび操作性など、満足できるレベルに昇華。
 
ただし、ベイトほど硬すぎず、ちょいとだけ遊び心のある調子という、、、
もう、完全に趣味の世界での完成度を目指して作りました。
 
使う方はそんなことは気にせず普通に楽しんでもらえればと思います。
 

ウキウキトップの動画はこちら
         ↓
https://www.youtube.com/watch?v=UsQOXzpw4p4

 

スピニングでもベイトでもウキウキトップ♪

 

今シーズンはぜひこのスピウキで楽しんで下さいね!!

 

 

 
 
 

2018フィッシングショー

テーマ:

 

改めまして新年あけましておめでとうございます。

 

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

さて、年が明けるとすぐにやってくるのがフィッシングショー。

 

2018年のショーも大体日程が決まりました。

行けるところ、行けないところ、ダブルブッキングなどありますが、こればかりは体が一つしかないのでお許しを。。。

 

各イベントの詳細はフェイスブックなどで随時更新して行きます。

 

 

1月20日(土)、21日(日)

 

ジャパンフィッシングショー

 

 

基本的にはシマノブースに常駐しています。

トークショーはシマノブースとハヤブサブースで行います。

詳細はフェイスブックなどで更新して行きますね。

フェイスブックやってない方はアカウントだけでも登録お願いします。

 

1月20日(土)

時間 釣種 来場ゲスト タイトル
11:00~11:30 バス 小野 俊郎、秦 拓馬、川島 勉 ジャッカル×シマノ
テクノロジーの進化は止まらない!
11:45~12:15 ソルト
(サーフルアー)
堀田 光哉 ヒラメゲームをより楽しめる
熱砂Newアイテム 徹底解説

12:30~13:00

平和 卓也、田中 修司

これを聞けば、よりたくさんの魚達と出会える!最新テクノロジーの使いこなし方!

 

 

13:15~13:45

 

 

ソルト
(鯛ラバ)

赤澤 康弘、富所 潤、折本 隆由

これでもっと鯛と出会える!!
鯛ラバタックルの驚異の進化を初公開!

 

 

 

 

14:00~14:30

バス 山木 一人、奥田 学、伊豫部 健 待望のNEWアイテム登場!
Bantamシリーズが追い求めるバスフィッシングの本質とは
14:45~15:15 バス 田辺 哲男、村田 基 情熱対談 ザ・リアル
「G.Loomisの世界」
15:20~15:40 阪本 智子 サイン会
15:30~ ルアー 村田 基 ミラクルステージ・サイン会

 

1月21日(日)

時間 釣種 来場ゲスト タイトル
11:00~11:30 バス 小野 俊郎、早野 剛史、水野 浩聡 ジャッカル×シマノ
テクノロジーの進化は止まらない!
11:45~12:15 ソルト
(シーバス)
鈴木 斉、辺見 哲也 EXSENCE 進化するリアルシーバスゲーム
12:30~13:00 高橋 哲也 ダイナミックに楽しもう!
これがビッグゲームだ!

13:15~13:45

ソルト
(鯛ラバ)
赤澤 康弘、折本隆由、富所潤

 

 

これでもっと鯛と出会える!!
鯛ラバタックルの驚異の進化を初公開!

14:00~14:30 鈴木 孝、飯田 純男

 

 

もっと!カワハギ
~シマノテクノロジーが釣果に直結~

14:40~15:10 阪本 智子 サイン会
14:45~15:15 バス 田辺 哲男、村田 基 情熱対談 ザ・リアル
「G.Loomisの世界」
16:00~ ルアー 村田 基 ミラクルステージ・サイン会

 

 

 

2月3日(土)、4日(日)

 

 

フィッシングショー大阪

 

 

こちらもトークショーはシマノブースとハヤブサブースで行います。

ハヤブサブースでのトークショー時間は追って記載しますね。

2月3日(土)

時間 釣種 来場ゲスト タイトル
11:00~11:30 バス 小野 俊郎、秦 拓馬 ジャッカル×シマノ
テクノロジーの進化は止まらない!
11:45~12:15 ソルト
(ライトオフショア)
富所 潤 新感覚タチウオゲーム&ボートエギングを楽しもう!
12:30~13:00 平和 卓也、田中 修司 これを聞けば、よりたくさんの魚達と出会える!最新テクノロジーの使いこなし方!
13:15~13:45 ソルト
(鯛ラバ)
赤澤 康弘、鈴木 斉、富所 潤 これでもっと鯛と出会える!!
鯛ラバタックルの驚異の進化と最新メソッドを初公開!
14:00~14:30 バス 山木 一人、奥田 学 待望のNEWアイテム登場!
Bantamシリーズが追い求めるバスフィッシングの本質とは
14:45~15:15 バス 田辺 哲男、村田 基 情熱対談 ザ・リアル
「G.Loomisの世界」
15:20~15:40 阪本 智子 サイン会
15:30~ ルアー 村田 基 ミラクルステージ・サイン会

※敬称略

2月4日(日)

時間 釣種 来場ゲスト タイトル
11:00~11:30 バス 小野 俊郎、早野 剛史、水野 浩聡 ジャッカル×シマノ
テクノロジーの進化は止まらない!
11:45~12:15 ソルト
(オフショア)
鈴木 斉、山本 啓人 先進テクノロジーが拓く!
新たなオフショアゲームワールド
12:30~13:00 ソルト
(エギング)
湯川マサタカ JOE Style! エギングをもっと楽しむために
12:30~13:00 阪本 智子 サイン会
13:15~13:45 ソルト
(鯛ラバ)
赤澤 康弘、富所 潤 これでもっと鯛と出会える!!
鯛ラバタックルの驚異の進化を初公開!
14:00~14:30 高橋 哲也、今井 浩次 もっと!テンヤタチウオ
~シマノ最新タックルで徹底攻略~
14:45~15:15 バス 田辺 哲男、村田 基 情熱対談 ザ・リアル
「G.Loomisの世界」
15:20~15:40 阪本 智子 サイン会
15:30~ ルアー 村田 基 ミラクルステージ・サイン会

 

 

2月17日(土)、18日(日)

新潟フィッシングショー

 

 

名古屋キープキャストとバッティングしていたのでなかなか参加できませんでしたが、今年は名古屋が戻った?ので、参加させて頂きます。

 

シマノブースに常駐しています。

 

 

 

3月10日(土)、11日(日)

名古屋キープキャスト

シマノブースに常駐しています。

 

 

 

3月18日(日)

 

北陸フィッシングフェスタ

 

シマノブースに常駐しています。

 

 

 

3月31日(土)、4月1日(日)

 

富山フィッシングショー

 

シマノブースに常駐しています。

 

 

 

以上、とりあえずの確定分です!

その他に関しては随時更新して行きます!

 

では、全国の会場でお会いしましょう!!

 

 

 

 

 

タイラバ革命 リール編 その3(ここ一番大事)

テーマ:

いよいよ本丸です!

 

炎月プレミアム

 

 

 

 

さて、今回発売される炎月プレミアム。ラーメンで言うと全部乗せです。

 

全部乗せ

 

トッピング全部乗せたと思えば分かりやすいです。

 

 

ひとつずつ挙げてみますね。

 

 

1.HGNボディ

まず、先にも書いたのでサラッと。
(次が控えてるので)

ボディ剛性が一気に上がりました。

巻いていて歪みがないのはもちろん、ファイト中でもボディの歪みがないので非常に楽です。

もう、この辺は言うまでもないレベル。

 

 

 

2.マイクロモジュールギア

 

ヌメヌメ感はコンクエスト、グラップラー譲り。

シマノのお家芸とも言える最強のギアが入っています。

 

ここまでが僕が要望していたリール。

ここから先はオマケくらいに思っていた性能。

のはずだった・・・

 

 

3.フォールレバー

 

制御することが困難だったフォールスピードを容易、かつ正確に制御できる新設計のレバーです。

 


例えば宙層では高速、ボトム付近になったら低速にするなど、より戦略的な釣りが可能に。

質感と剛性にこだわった泰三鍛造レバーでパーミング側の手でも操作できる形状を施しました。

 

メタルスッテ、ライトテンヤタチウオ、バチコンなど、フォールそのものでアタリを出していくターゲットに対しては最強のツールになります。

 

 

また、レバーがリールに沿うように設計されているので竿を持つ手の親指で操作が可能です。

 

 

正直、単に釣れるというだけでなく、レバーを操作してアタリを出すことが出来るのでしばらくレバーで遊んでしまうくらい楽しい機能です。

 

-------------------------------------------------

あるある??

絶対あるある!!

 

関東などでライトアジ、ライトヒラメ、ライト五目、イサキなどライト系の釣りで使う場合、多くはロッドホルダーを使用することがあると思います。

 

その際、ロッドをホルダーに固定し、糸を出して、その間に魚をバケツに入れるとか手を洗うとかしますよね。

で、作業が終わった時にはちょうど着底する。だから効率的みたいな。

僕もよくやりますが、この時竿先がバウンドして全然糸が落ちて行かないって経験したことありません?

 

下手したらバックラッシュして直してたら余計時間がかかるみたいな(笑)

 

そう、このあるある

 

これがレバー操作するだけでなくなります。

きつめに締めて仕掛けを落とし始めれば作業していてもロッドが跳ねたり、バックラッシュしたりすることもありません。

これ、思った以上にストレス無くなります。

なんせ、レバーの操作が瞬間にできますから。

 

 

 

4.スピード表示

 

これが凄い機能になります。

 

もちろん、カウンターのLEDライトはバルケッタと全く同じで4パターンついてますよ!

 

バルケッタとカウンター画面で唯一違うのがこのスピード表示です。

 

見て下さい。

左側にカッコで囲った数字があります。例えばここに3と書いてありますが、これは今現在3のスピードでスプールが回転していることを示しています。

つまり、落ちているときのスピード、もしくは巻いているときのスピードが表示されます。

これ、凄くありがたい機能って分かります?

 

例えば、タイラバのシチュエーションを想定してみて下さい。

普段は結構早めの巻きで食わせているエリアで釣りをしているとして、前日行った友達とかに、巻きのスピードを聞くと帰ってくる答えは「結構早めだったよ」とか、「ゆっくりしか食わなかった」とかですよね。

 

それはその人が早いとか遅いとか思ってるだけで違う人には微妙にスピードが違ったりするわけです。

だからパターンは同じでも釣果に差が出る。格好良く言えばアジャストするのに時間がかかる。

 

もちろん、その日その日でスピードは変わりますが、少なくとも前日のパターンがハマるかは正確に試せるわけです。

 

これ、凄いことです。

 

遠征する際にも重要な情報になりますし、地域ごとのスピードも定量化できます。

こっちのエリアは早く巻かないと食わないよって言われても、他の地域からしたらそのスピードがゆっくりな場合もあるわけですから。

 

ね。凄いでしょ。

 

全国の情報がしっかりと数値化できるんです。

これ、誰かが使っていれば船長さんもアドバイスしやすくなると思います。

昨日は5で当たってたよとか。

その人だけ釣れなかったらもっとスピード上げてとか。

で、6で食って来れば、船長もその数字を覚えておいて次の日アドバイスできる。

 

そして当たり前ですが、フォールも巻きも全く同じスピードにすることも可能です。

 

だから2倍誘える。

 

フォールをゆっくりにして巻きを早くとか、そういったことも可能です。

実際、赤澤さん、鈴木斉さんとロケをした時もフォールのスピードを合わせて連発なんてのもありました。

間違いなく武器になります。

 

 

では、

メタルスッテは・・・

ライトテンヤタチウオは・・・

バチコンは・・・

ベイトタックルのひとつテンヤは・・・

ベイトタックルでのティップエギングは・・・

 

 

大体分かってきましたね?

そもそもフォールで釣れる魚は言わずもがなな機能なんです。

元々欲しかった大きな機能の一つ。

フォールスピードを制御することによって釣りの幅は格段に広がります。

 

これ以上は書ききれないのであとはフィッシングショーなどで質問して下さい。

 

 

5.レベルワインド連動

 

 

 

なんと、レベルワインドが連動します。

 

しかも、ラインが出るときに!

 

え?

 

それだけ?

 

たったそれだけ??

 

って思いました?

 

そこのあなた。

 

実はカウンター付きリールでレベルワインドが連動するのはこのリールだけなんです。

 

えっ?そうなの?

 

そうなんです。実は。

 

じゃあフォールする際にレベルワインドが連動すると何が良いか?

 

と言う話になりますよね、、、

 

では、まずレベルワインドが連動しないとどうなるか?

を考えてみましょう。

 

例えばスプールの右側にレベルワインドがあるとします。

この状態でクラッチを切って糸を出すと、糸が出るにつれてスプールの左側に糸が行くためレベルワインドとスプールに角度が付いてしまいます。

で、折り返して帰って来ると徐々に角度が無くなって来ます。

糸が出るときはこれの繰り返しになります。

 

離れて近づいて離れて近づいて・・・の繰り返し。

 

これがレベルワインドが連動しない場合の糸の動きになります。

 

これで気付いた方は鋭い。

 

 

で、これにどんな問題があるのか?と言うことになります。

面倒くさいので結論から言いましょう。

レベルワインドが連動すると、、

 

フォールのスピードが安定します。

 

・そしてファイトが安定します。

 

一つずつ見てみましょう。

 

 

・フォールスピードの安定

 

レベルワインドが連動しないとフォールスピードをゆっくりにした際、糸が離れて行った時に抵抗が強くなりスピードが落ちてしまいます。

 

 

             レベルワインド

                /

               /

            /

       |‐--スプール---|

 

 

で、ぶら下げているものが軽いとほとんどの場合止まります。

なので、メカニカルブレーキを緩めなければいけないことになります。

そうすると、近づいてくるときはスピードが上がってさらにメカニカルブレーキが緩んでいるのでスピードが速くなってしまう。

ずっとサミングしてなければいけないことになり、フォールスピードを一定にするなど物理的に無理という結論に達します。

少なくとも僕は達しました。

 

それが、レベルワインド連動だと、常にラインとレベルワインドが抵抗のない状態になるので一定スピードで糸を出すことが出来るわけです。

 

 

              レベルワインド

                  |

                   |

                   |

       |‐--スプール---|

 

 

しかも軽いルアーで。

 

特にメタルスッテは軽いスッテを使うことが多いので恐ろしく重宝します。

 

image

 

また、最近関東で流行り始めたベイトタックルでのひとつテンヤなんかも同様の理由で非常に有用です。

むしろ、ベイトタックルでテンヤをやるなら最高のリールと言っても過言ではないでしょう。

 

タイラバ、テンヤ便に持ち込むベイトタックルはこのリールさえ付いていればどちらも使用可能と言うか、どちらにもベストタックルで出来てしまいます。

 

もし、スピニングを使われるのであればレバーブレーキ付きのリールがベストと言うことになりますね。

 

そう、スピニングリールにおけるレバーのような役割なんです。

 

 

・ファイトの安定

 

例えば大物が掛かった時。

 

ドラグの滑り出しは非常に重要になりますよね。

 

この時、レベルワインドと糸が反対側にあると抵抗が強くて設定したドラグよりも強い力が掛からないと糸が出ない現象が起きてしまいます。

 

             レベルワインド

                /

               /

            /

       |‐--スプール---|

 

こんな感じ。

 

 

これが、一発ダッシュでラインブレイクする原因の一つになります。

また、ファイト中でもドラグが強くなったり弱くなったりするので、ターゲットが大きくなればなるほど非連動のレベルワインドはファイトに不利なんですね。

 

 

それがレベルワインド連動だとこうなります。

 

              レベルワインド

                  |

                   |

                   |

       |‐--スプール---|

 

 

常にレベルワインドに真っすぐに糸が出ていくので角度が付いてドラグ力が変わってしまう現象が起きません。

 

これ、実際にファイトすると良く分かりますが、80㎝程度の鯛なら余裕でファイト出来ます。

もちろん、ロッドの恩恵も大きいことは言うまでもありませんが、件のロケで赤澤さんが獲った82㎝は上がってくるまで大したサイズだと誰も思いませんでした(笑)

 

赤澤さんも、たぶん70㎝くらいですと(笑)

 

「イカ先生」 赤澤さ~ん。どれくらいですか?

 

「赤澤さん」 たぶん70くらいです~。

 

「イカ先生」 了~解。

 

で、魚見てみんなでビックリ!!

 

「イカ先生」 ちょっと!でっかいじゃないですか!!

 

みたいな(笑)

 

僕が釣った70㎝ほどのタイもコメントしながら余裕のファイトなので、印象的には60㎝程度。

上がってきて初めてそのサイズ感に驚く感じです。

 

それだけファイトに恐怖がない。

 

もちろんドラグにはカーボンクロスワッシャーを使用しているのでその辺も抜かりがない訳ですが。

 

 

ね?

 

凄いでしょ?

 

本当に全部乗せなんです。

 

当初、僕がお願いしていたバルケッタにHGNボディとマイクロモジュールギアを搭載してくれなんて言う意見のはるか上を行くリールを作っていたんですね。

 

 

もちろん、今まで評価の高かったエキサイティングドラグサウンドも搭載。

 

 

LEDバックライトも標準装備で夜も安心♪

 

 

 

 

もうね、凄すぎっす。

 

もっと言えば、Xプロテクト、AR-B、海水OK防腐処理によって耐久性もバッチリ。

ドライブギア軸スプール側ベアリングに対し防水壁を設け、その内側・外側に特殊撥水グリスを充填。防水性が大幅に向上。

 

 

ローラークラッチ部には接触型トリプルリップ構造を採用。特殊グリスを充填することで摩擦抵抗を抑え、シルキーな回転性能を損なうことなく高い防水性能を実現しました。X-SHIELDを組み合わせることで、ボディ部の防水性能は防水規格IPX8相当の強力なものとなります。

 

錆を寄せ付けないシマノ独自の高性能ベアリング、S A-RB、A-RBの採用、また外装の防腐処理により、海釣りでも安心してお使い頂けます。末永く快適にご使用いただけるよう、使用後はシャワーでの洗浄をおすすめします。

 

 

 

とにかく、隙がないリールに仕上がっているのです。

 

ね、全部乗せって言った意味が分かったでしょ?

 

 

気になる糸巻き量は

 

    1号330m

 

あとは好きなラインを好きなだけ巻いて下さい。

細糸は下巻きが必要かな?

 

 

参考ですが

メタルスッテ・バチコン 0.4-0.6号

 

タイラバ・ひとつテンヤ 0.6-1.0号

 

ライトテンヤタチウオ  0.6-0.8号

 

ライトエサ釣り      0.8-1.5号

 

こんな感じになります。

 

発売は右が3月、左が4月です。

 

 

ぜひフィッシングショーで触って下さいね!

 

 

終わり

 

 

まだまだ隠し玉があるかも・・・