■FRAGMENT-FACTORY■

■FRAGMENT-FACTORY■

FRAGMENT FACTORY
○営業時間、定休日 不定(日曜日)
○住所 香川県高松市栗林町1-14-9 P無し
○Email:fragment.factory.takamatu@gmail.com
◯ネットショップ http://fragment.theshop.jp
◯ご注文&問い合わせ http://form1.fc2.com/post/?id=560693


---------------

F R A G M E N T F A C T O R Y


各種オリジナルロッド製作、補修、ガイドカスタム、
軽量化、各種リールのメンテナンス、カスタムリペイント


FACTORYMENU

FRAGMENTオリジナルROD、オーダーロッド、Blog掲載ROD、
リールOH、カスタムの依頼の方はコチラをご覧下さい
http://ameblo.jp/squidgetter-jimuta/entry-12212497628.html


※最近携帯、gmail等からのお問い合わせの場合返信が届いていない
場合がありますのでお問い合わせ24時間以内に返信が無い場合は直接
メールか電話にてお問い合わせ下さい


直接メールにてお問い合わせはfragment.factory.takamatu●gmail.com


テーマ:

今年も恒例とまりますクイックOHプログラムを開始します


●通常費用3500→2500円

(オイル類は100%化学合成油類と非重力流体をオリジナルブレンドで稠度調整致します)

※レバーグレーキ/ジギング用リール/電動リールは3000円


●期間は11/14(水曜日)~12/25(火曜日)

※他の作業がありますので日曜日はその他不在です
ご来店前にお問い合わせ下さい
http://form1.fc2.com/post/?id=560693

●クイックOH内容

○全分解からの洗浄、グリス&オイルUP、シム調整


※パーツ交換、BB交換が必要な機種はお時間が必要になる場合がございますのでご来店時にご相談下さい


※BBは異音があるの場合洗浄は致しません

交換希望の場合はお申し付け下さい


●作業時間 直接店頭に持ち込んで頂いて約1日〜1週間でお引き取り宅配便にて対応可能

※パーツ交換必要の場合は二週間程度掛かります


●対象リール SW/FW

○スピニング/ダイワ1000#~3000#/シマノ1000#~4000#クラス迄

○ベイト/ダイワ100#~200#シマノ50~400#クラス迄

※マグシールド機種もOK 再注入可能

※レバーグレーキ/ジギング用リール/電動リール通常のお時間が必要となります


⚫︎オーバーホールについてのご理解⚫︎

オーバーホールについての目的は日々の使用に伴う油類の劣化、油類切れ、淡水での水オリによる摩耗、海水での塩害からくるバク転現象、可動部の不良、ボディの酸化、サビ、金属同士の摩耗などを未然に防ぐ為のメンテナンスです

稀にBB交換や、シム調整だけで改善する場合もございますが機種毎による違和感レベルの調整はクイックオーバーホールには対応しておりません

何日もかけて行うチューニングOHですのでオーバーホールする事で新品の巻き心地を復活、お約束する、ものではございません


また、シャリ感があるからBBにグリスを打ち直しても一度シャリが出たBBは戻りません、稠度を上げたグリスで誤魔化すのが関の山でしょう


これら当店のオーバーホールの目的を理解した上でご依頼下さい


FRAGMENT FACTORY




テーマ:
FRAGMENT FACTORY BASE サイトの
製品を更新 及び ご注文時のご案内

FRAGMENT FACTORY オンラインサイト
B の製品を更新致しました

以外の製品、フルオーダー他もお問い合わせフォームよりご依頼、お問い合わせ下さい

ご注文、ご依頼はお見積もり後決済を持ちまして確定致します

FRAGMENT FACTORYのお支払い方法は
/ジャパンネット銀行
/ゆうちょ銀行
/三井住友銀行
/オンラインクレジットカード決済
に対応しております

※セール、割引製品、限定製作はクレジットカード決済対象外となります

※2回目以降ご依頼の方は2回の分割が可能です(クレジットカード不可)

※お支払い期限はお見積もりより一週間となります

※決済を持ちましてご注文を確定しております

FRAGMENT FACTORY

#バス釣り #エギング #メバリング #シーバス #ロックゲーム #アジング #リールカスタム #リールオーバーホー #bassfishing #ビッグベイト #バスロッド #オリジナルロッド #フルオーダーロッド #ジャイアントベイト #bass #野池 #SANUKI # #アジングロッド #バスロッド #エギングロッド #シーバスロッド #メバルロッド  #オリジナルロッド #フルオーダーロッド #rodfactory #saltwater #ソルトウォーター #ウルトラフィネス #カスタムロッド 


テーマ:
チタンティップ搭載5f5in
試作オリジナルアジングロッド
fmtswajg55trti tideride zero を1本のみ
販売致します

仮組み時点で自重は40g弱
徹底的に軽さを追求したデザインになりますのでコスメ画像は完成までアップ致しません
※当店のセンスで組み上げます

トルザイト、フルチューニングモデル
length 5.5f 
リールシート fuji 改造
エンド 解放
Line エステル-フロロ  0.2〜0.3号
jh0.3〜1.5g(max2.5g)

こちらは1本のみ
早いもの勝ちとなりますので一瞬で終わる可能性がございますのでご注意下さい

15%off 45000円
納品は決済より2週間程度
お問い合わせは以下より

決済方法は以下の対応となります
ジャパンネット銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行

※限定、セールロッドはクレジットカードは使えません

◻︎高反響インテークフィネスシート◻︎
※チタンティップからの反響はブランクを介してリールシート内の空間で増幅され
唯一の解放部リールシート上部へと抜け、手のひらへと伝わる構造




テーマ:
現在試作を経て実用化に向けてプロトを制作中のnew Zerokelvinですが 感度で重要な効果と注意点

エギングにおいてロッドが果たす役割と
作業頻度を比較する

もっともブランクを酷使するのは…

・キャスト時のベント負荷
・次にヒットからキャッチ時に掛けて
・次いでロッドアクション時

となるが実際求められるものは…

・最優先にアクション
・次いで感度
・ロッドトルク
となる

こう見るとロッドが強いられる事と
釣り手が求める物の負荷は逆となる

では今回Zerokelvinはどう変わるか?

まずリールシートはリールを固定するだけでは無くブランクから一番初めにリールに接続するものでしっかりと固定するだけではなくブランクからの反響をリールに伝える役割を担う

ロッドエンドを解放してやると感度が増すのはアジングロッドでは周知の通りだが、実はロッドエンドを解放しなくてもリールシート側に空間を作れば同じ効果が得れる

今回、Fujiのリールシートと直下空間をチューニングしブランクからリールまでを貫通する事でエギング時においても有効なシステムを構築する

これはFMTdirectreleaseと言い、
大昔に廃盤にしたflexibleリールシート(BOSCHsheet)の改造版でる

最短、最軽量でありチューブラ空間からリールフット迄を貫通したもので最小限のグリップに収め、強度を残したリールシートシステムである

エンドは解放しない代わりに解放、ノーマル、バランサーと使用負荷に応じてバランスを取って頂くスリムバランサーエンド

ガイドはFMTセミマイクロセッティングで
トルザイトモデル
AGSモデルを選択可能

※FMTセミマイクロガイドセッティング

手前でラインループを早期に収束させ、小径ガイドをブランクに設置する事でラインはタイトにブランクを通りムダなスラッグを無くす事で感度、キャスタビリティも上がりライントラブルレスを実現したセッティング

ブランクはアンサンドフィニッシュで
8f 5in の自重はAGSモデルで約85g

アクション、感度、キャスタビリティは他のロッドでは比でなくなり

TORAYのハイエンドマテリアル特有のHi torque Hi Elasticity を兼ね備えたブランクです


大昔、D社の白竿、Z社の銀竿、B社の青竿前期 など癖はあるが使い方を間違わなければ、あるいは少しチューニングすれば化けるロッドがあった

何もその時代のエギングを担ってきたロッドであるが今なかなか名機と言われる物がメーカーでは出ない
コスメと媒体に依存したロッドは必ず廃れる

折角マテリアルは進化しているのだから、それを十二分に体感して頂きたい




テーマ:
ライトゲームにおいて感度と伝達について

昨今の反響感度や高弾性、軽さばかり注目されがちですが実はこれらはハード面の話であり、ハード面のみでは意味をなさないのです

今回はそのプロセスについて説明致します

Jh単体0.6g エステル1ib でアジを狙わなければならない状況で風が強い場合、ラインからロッドへの情報はボケるわけだが人間の指とはよくできておりラインを触れていれば竿からよりもずっと多くの情報が得れる

これはいくらロッドであたりを取ろうとしても人間の感覚に勝ることは出来ないのだ、考え方を変えよう…

ロッドから情報を得るのではく
手に情報を得る為のロッドがライトゲームロッドには大切なのである

一番最初に唯一、水中、魚、と接点を得るのがラインである 

ショートロッドは感度が良い?
いえ手釣りこそが最高感度です

感度だけなら指先に勝る感度はありません
ロッドはあくまで指先に伝えるものであり、
ロッドがあたりを発信しているのではなく全ては水中の水中に入っているラインから発信されているのです

ロッドは使用条件で変えなければならないのでショートロッドこそが最高と歌うメーカーは間違えでショートロッドが生きる場合もありますよ、くらいでしょう

逆を言えばロングロッドが生きる場合もあるでしょう

ハード面では無論、感度、反響、軽さ、バランスが重要ですな全ては指先に伝わると言うプロセスが重要なのです

ロッド、ライン、リールは釣りを成立する為に不可欠なバランスが重要であり

吹けたラインの違和感を指(soft)に伝えるタックル(heard)バランスにおいてロッドは非常に大切である

同じ技量で同じエリアで大差が付く場合は
これらの差かもしれません

穂先に出るアタリは既に指先でていなしければならないのがロッドであり
暗闇でもライトがどちらに角度、距離がライトの吹けと潮の方向、脳内とのズレが少なく処理できるのはロッドであり
量産のロッドではなかなか難しいのも事実です


テーマ:

new Fragment シリーズロッド


【TRUTH832ML】

 fmtfwbgsp832mltruth

55800円

鉄板やノーシンカー、ネコなど

5g〜25gのリグを広範囲にリサーチ出来きます

今までカバー出来ないエリアへ届くキャスタビリティと繊細なあたりを遠方からも利けるチューブラティップ、バットに掛けて非常はトルクのあるブランクを使用した新しいコンセプトロッドです


ガイドはチタン KLHから全11個

ips16改

40tブランク

#ノンスリップフォア

pe/モノフィラ対応

自重89g









Ameba人気のブログ

Amebaトピックス