ラジオゲスト~ACT SAIKYO監督 棟居さん | 吉永達哉のコミュニケーション スクエア
2011-04-01 00:03:16

ラジオゲスト~ACT SAIKYO監督 棟居さん

テーマ:現場

今日のしゅうなんFM Rally Voice Jam 784 「吉永的幸福論」のゲストは


ムネスエスポーツの専務、棟居秀行さん。


実は棟居さん、バドミントンのダブルスで元全日本ランキング6位の実績を持つ人。


すっごいイケメンで爽やかで、それでいて全国トップレベルのスポーツマン。


非の打ちどころがありません。





吉永達哉のコミュニケーション スクエア-ラジオゲスト棟居氏


その棟居さん、12年前に山口に帰って来て以来、家業に勤しむ傍ら


山口県のバドミントン発展に向けて活動を続けています。


当初はジュニア世代の育成からはじまり、多くの選手を育ててきたそうです。



そして西京銀行を母体とするACT SAIKYOの発足と同時に監督に就任し


1年目にして全日本2部へ昇格させるという、偉業を成し遂げたんです。



ちなみに全日本には1部と2部があり、それぞれ8チームづつ。


1対戦はダブルス・シングル・ダブルスの順で試合をする団体戦ため、5人の


選手が必要となり、1人のスター選手がいれば何とかなるもんじゃありません。


んじゃ5人揃えば何とかなるかっつーと、そんなに甘いもんじゃないらしい。


2部リーグは毎年秋に行われますが、3日間で終了。


ん?3日間?・・・ってことは3日で7試合!そう、最高で1日3試合するんです!


だから5人じゃなく、高いレベルの選手が7人は必要とのこと。


今の時期は補強も視野に入れつつ、明日入行する部員を含めた計8人の


選手の更なるレベルアップに力を注ぐんだそうです。



もちろん今年は国体イヤー。当然国体の上位入賞にも照準をあわせつつ、


1年で1部へ昇格することを目標に、日々厳しいトレーニングを重ねているとか。


そのACT SAIKYOのオフィシャルブログ 「山口県をバドミントン王国に!! 」には


試合結果や選手達の声などがアップされていますので是非どうぞ。




山口県内には、レノファ山口だけじゃなくスポーツを通して地域や青少年の


育成に大きな役割を果たしているクラブチームがあります。


(詳しくはshimoxxさんの「レノファ山口FCを応援してみる日記」の


地元山口県のクラブ をご参照ください)



悔しいけどACT SAIKYOさんはサッカーでいうJ2へ昇格を果たし、レノファは


先を越されたことになりますね。


ただ、嬉しいです。山口から全国の舞台へ飛び出し、山口を背負って闘っている


チームに出会ったこと、そしてこれから身を入れて応援できるクラブチームに


出会えたことが。


今後、機会をみてACT SAIKYOさんの活躍ぶりにも触れてみようと思います。



あ、バドミントンにイマイチ興味が持てない方は、下松市役所前の


ムネスエスポーツ に行ってみては?










吉永達哉の『コミュニケーション スクエア』さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス