こんにちは

本日、新体制発表がさいたまスタジアムで行われ、加入選手の記者会見とともに、ユニフォームや背番号などもお披露目となり新シーズンの始まりへやっと浦和も動き始めました。

そこで、ここまでの補強を振り返ってみましょう。

日本人なら代表クラスの選手、外国籍なら若くてポテンシャルのある選手ということでしたね

それに当てはまるのが、杉本、鈴木、山中、エヴェルトンです。

日本人3人は招集歴もあり、経験は豊富です。

杉本は興梠やファブリシオ、武藤といった昨シーズン主力として試合に出てきた選手たちとポジション争いをすることにはなりますが全員がシーズンフル稼働することはないですし、故障者が出るのは当然です。
そのため、うまくここにナバウトを含めたターンオーバーを取って各選手が得点を量産して欲しいです。

鈴木は槙野、岩波、マウリシオの3人とポジション争いをします。
一年通じてすごく感じたのが、マウリシオの好不調の差が激しく、夏場の何試合かやらかしていました。その中で遠藤が移籍しましたが、岩波が素晴らしい働きを見せてくれその穴をカバーしました。
今季はACLもあり、スタメンで考えられる選手をもう1人追加できたのはかなりデカイのではないでしょうか。

山中は宇賀神とのポジション争いをすることになります。左サイドといえば不動の宇賀神でしたからこれは熱いバトルが繰り広げられるでしょう。
山中は宇賀神とは違う働きを期待されての補強と考えることもでき、守備的な戦術の時は宇賀神を使いより攻撃的に行きたい時は山中を優先的に使う気もします。

エヴェルトンは、シーズンフル稼働がまず無理な柏木の穴を埋めるために補強しましたが、また中盤の長澤や青木ともポジション争いをします。

中盤の選手は故障が多いので、このコマ数は必須でしたし、確実な戦力アップです!

次に若く即戦力になる選手は、汰木と岩武ですね。

汰木は駒井みたいにJ2から個人昇格で獲得したのですが、不在だったドリブラーとして期待です。
スタメンで使われることはそこまで多くはないかもしれませんが、試合の流れを変えることができる選手として重宝されるでしょう。また、左サイドと同じく守備的なら橋岡、攻撃的なら汰木という形で使い分けられる可能性もありそうです。
本当にいいオプションですよ!

岩武は中盤からバックラインまでこなすことが出来る遠藤みたいな選手です。このようなユーティリティ性はACLを戦うチームにとっては必要不可欠であり、故障者が続出するチームを助けてくれます。
当時J2の大分で10試合をサイドバックで出場しており、適応能力は期待されております。そして、4バックを行う時のいいオプションになるようにも思えますし、期待できますね!

そして、ユース上がりの選手の岩高、石井、大城の存在も忘れてはいけません!
橋岡がスタメンを取り、萩原がベンチにかなり入っていたためにユース上がりの選手はチャンスを掴めば試合に出られます。
彼らの背中を追って、試合に絡めることを期待したいと思います。

ユニフォーム、私はかなり好きでしたよ。
今年めちゃくちゃ楽しみです!

キャンプ怪我なく、内容濃く、オリヴェイラ頼みましたよ!