S.L.B -192ページ目
2008-01-02 22:33:03

親近感

テーマ:LIFE
08_odoroki

2008年1月2日。鳥居近所の「驚神社」へ初詣へ行く。かなり古くからある神社らしいが、進行住宅地の為か移住してきた人たちからは忘れ去られているような雰囲気だが、祭り事のイベントで賑わう有名神社よりも、境内のたき火と澄んだ青空、そしてベル_01祈りの鈴の音が、ときおり吹く冷たい風とともに神聖な空気で包み込んでくれる。
神社の由来を調べてみると、どうやらウマ馬を大切にする意から、馬を敬う=「驚」というらしく、なんだか馬年で名字に馬がある自分にとっては、とても親近感のある神社なので、末永くお世話になろうと思う。
2007-12-29 12:01:46

悪魔のDNA

テーマ:CAFE & RESTRUNT
clema

久しぶりに4人のテーブルを「CLEMA」で開催することにしたものの、突然1人が来れなくなり3人に。みなんそれぞれ違うDNAに操られて生きているので、突然変異ドクロを起こしてしまった細胞に抵抗しても仕方が無いので、回復するまではしばらく見守る事に。感情を荒立てることを意識的に避ける事で生きているタイプと、ある意味素直に、自分探しをするタイプの人間が、どう交わりその関係を構築して行くのか、誰にも分からない道はまだまだ続きそうだ。
ここ「CLEMA」でのディナーは始めてだか、3人いればテーブルも華やかで、どれも可愛くちょっとヘルシーで美味し料理は合格。グッド!お店の雰囲気、料理、お客のカラーに統一感があり、お気に入り度の高いレストランである。
2007-12-21 18:01:47

二人の素敵な人妻

テーマ:CAFE & RESTRUNT
tofuyaukai

鷺沼にある「とうふ屋うかい」ナイフとフォークへ二人の素敵な人妻と出かける。年に数回会っては、いろんな話しをして楽しい時間を過ごしている。出会ってからかれこれ7年の歳月を過ぎるが、たまごの勉強、お家騒動、様々な人間模様など、今ではそれぞれに違う職場で、現在進行変型の人生を歩んでいるものの、こうして磁石な関係が続いているのはとても嬉しい音譜。「とうふ屋うかい」は移築された古い日本家屋で、今ではなかなか観る事が出来ない風情ある情景で、純和食スタイルも粋なものだと思った。場所柄か夜の10時閉店はちょっと疑問に思うが、古き良き人間のライフスタイルなのかもしれない。
2007-12-18 20:39:43

いつも後悔

テーマ:ART
sfuf

今日は見たくてしょうがなかった「Space for your future」を東京都現代美術館へアート
世の中全てが変革の時を迎えている中、建築、デザイン、ファッションなどのアートシーンでも同じ事が起こっていて、その現状を紹介してくれている。今まで見た事の無い、考えた事の無い作品が多く、極端に言えば何でもありの混沌とした印象ではあるが、一つ一つは刺激的で面白く、特に長い時間見とれてしまった“霧に浮かぶ光の彫刻”は、自分自身が別の世界に行けるような魅力ある作品だった。日頃は受注する立場だが、要望に応えるのではなく、要望を導く作品が作れたら幸福かもしれない。
そして常設で見た話題の「明日の神話」は、縦5.5m全長30mの巨大作品で、強くて恐ろしいけど、先へ進むしかないのが人間の宿命だと感じた。それにしても、毎回この東京都現代美術館に来ると時間がたりなく、後悔して帰る事が多いので、今度は朝から来てのんびり1日過ごしてみようと思う。
2007-12-14 20:42:25

HOPPYでHAPPY

テーマ:CAFE & RESTRUNT
hoppy

すごい久しぶりに以前務めていた会社の人たちとテーブルを囲むビール
もう10年。まだ10年。どちらが正しいかは解らないが、同じ時空を過ごしている為、時の重みをまったく感じないくらい再会の感動がなかった。今では4人それぞれが違う場所で働いているものの、共通する業界があるためか、全てが過去を振り返る話しでなく現在進行形なのが嬉しい。世の中はどんどん進化し変貌しているにもかかわらず、人の心が変わらないのは、誰もが大切な心を忘れずにいる素敵な人たちだからかもしれない。
ただこんだけ禁煙時代なのに、タバコを止めている人が1人もいないのには驚いた。“また会おうね”ではなく自然に手を振りそれぞれの家路へ向かうことが、一番の最良な人間関係なのかもしれない。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス