先日の日記で手形の写真を載せましたが、どれほど大きくなったかの証明写真も載せたいと思います。



hand1

↑生後一ヶ月の時に手形と足型を取り、フォトフレームにしたもの。



並べてみると..........



hand2


ほら!!

ほぼ2倍!!


ちなみに小さいほうの手形、とるの大変でした。。


新生児は手をぎゅーっと丸めてるので、寝ているうちにそーっと手を広げて、インクをつけて、ラップの芯に巻きつけた紙をそっと握らせる、というものでした。


それに比べると今回の青い方の手形は楽!!


手をインク台にぎゅっとつけて、紙にぎゅっと押し付ける。



1歳記念に足型もとってみようかなぁ??




ちなみに私が買ったフォトフレームは「ちあき工房」 というところの物で、メモリアル商品が沢山あります。

自分で買いましたが、お祝いとかにもとてもおすすめです。

私が買ったのと同じのはこれ↓

ちあき工房 はじめましてぎゃらりー「おててとあんよタイプ」
¥14,175

専用の紙に手足型を取って送ると、フォトフレームに特殊印刷してくれます。


もうひとつ迷ってたのはこれ↓

ちあき工房 親子手型
¥9,975

お父さんとお母さん、赤ちゃんの手形が重なるようにプリントされるものです。

2人の両親の手の中に小さい赤ちゃんの手が守られているようでとてもいい感じです。


その時しかできないものだから、おすすめですよぉ☆


最近産んだあなた、もうすぐ産むあなた、どうですか??

お誕生日会

テーマ:

いつも行っているつどいの広場の 「9月生まれのお誕生日会」 に行ってきました。


遅れていってしまったのですでに 音譜ハッピバースデ~...音譜 とみなさん歌っていました。


遅れていったルイのために皆さんもう一度歌ってくれました。

ありがとうございますアップ


手形をとってもらって、手作りのメダルももらい記念撮影。



medalle

↑なかなか誇らしげなルイ。



よく一緒に遊ぶ、同じ9月生まれの子供たちともパチリ


3bebe

↑3人ともカメラ目線な唯一の写真


この写真見てると、もうなんだか 「赤ちゃん3人」 とは書けないなぁ、と思いました。

1歳になると結構お母さんの膝元を離れて子供達で勝手に遊んだりしてるし。


家に帰って、今日とった手形と生まれて間もない頃にとった手形を比べてみました。


2倍


になってました。。


1年で手が二倍になるって、すごくない?? と旦那と言ってました。


本当に早いなぁ、、

母の友達は2度目ですが、母にとっては初めてのフランス旅行なので、観光地めぐりをすることになりました。


やっぱりエッフェル塔やろ、と言うことで行ってみるといまだかつて見たことがない程の人の波。


エッフェル塔下の広場には2ヶ所に分かれてチケット売り場があるのですが、その2ヵ所に長蛇の列。


長蛇と言うにはあまりにも人が多すぎる。


2ヶ所のチケット売り場からぐねぐねと列は曲がり、広場に入りきらないのです。

広場と言っても大広場。 球場のグラウンドくらいは軽くありそうな広さです。


しかし、上へ登るエレベーターは一つ。それを考えると


「日が暮れるからやめよう。」 と全員一致。


歩いて凱旋門へ行くことに。



blumen


途中綺麗な花のある芝生を発見。



carrouge


母が 「あれ、撮って撮って!!」 とうるさく言うバス。

あれの二階に乗ると一気に日焼けします。


エッフェル塔以外で高い場所からパリを見下ろせる場所、と言うことでモンパルナスのタワーに行きました。


少し曇ってはいたものの、パリの街の位置関係がよくわかる、とても価値あるものでした。


このタワーは私も夫も初めてでした。



tower2


モンパルナスタワーは高さ210m、56階建て。パリで初めて建てられた高層建築だそうです。



pont


これは橋の上から見たセーヌ川。



お土産のお菓子などを買いたいという母達のリクエストにボンマルシェ に行きました。
ここは百貨店なので、スーパーより少し高いですが、フランスらしいお土産を買いたい人におすすめです。

食料品館は広大で、見ているだけでも楽しめます。


そこでおもわず買ってしまったのがこれ。



millefeulle

ミルフィーユです!!

立ってる!!


見た目の美しさに一目ぼれして買ったのですが、味も最高!!

立たせる為にヌガティンと言うアーモンドのお菓子も使っています。


私はミルフィーユ好きなので、色んなところで見ては買ってしまいますが、これは間違いなくベスト3に入ります。






さてさて、前回のパリ滞在、4月18日の日記のもあるように、やっぱり日本製のベビーカーはヨーロッパのでこぼこ道には厳しいのです。


と言うことで、カルフールにベビーカーを買いに行くことにしました。

カルフールの自社ブランドのベビーカーが安くて丈夫だと聞いていたので、それ狙いで行きました。


で、買ったのが



pussette


これ。


完全なB型ベビーカーですが、もう1歳だしいいか、と決めました。

このベビーカー、写真にあるように日よけと足カバーと、雨の時のレインカバーまでついてなんと45€。

日本円で言うと7400円くらいだろうか。

タイヤもかなり丈夫だし、とても満足しています。


ただ、重い。。。


B型のくせして8キロなんです。


パリの家は5階にあるので、誰も住んでいない1階にチェーンで留めるようにしました。

ルイとベビーカーを5階まで運ぶのは本当に重労働なので。。

ちなみにこのベビーカーは次回また来た時に使うので置いてきました。

パリにはイブと言う大切な友達がいます。


とても癒し系なのです。


そんな彼はイスラエル人の彼女と結婚し、ルイより1ヶ月遅れでリランという赤ちゃんが産まれました。


そんな彼らがうちに遊びにきてくれました。


リラン、写真では見てたのですが、今回初対面!!

めっちゃかわいいラブラブ


リランとルイ、遊ぶ遊ぶ!!



te1


どうも受話器が欲しいリラン。



te2

貸してあげなよぉ、ルイ。



te3

なかなか頑固なルイと引き下がらないリラン



te4

引いてダメなら押してみろ!

反撃をくらうルイ。



遊びつかれた二人。寝てしまいました。

リランのおばあちゃんにあたる人はセネガルの出身で、赤ちゃんは布で背中におぶるそうです。



te5

↑こんな感じ。

赤ちゃんの手足はだっこちゃん人形みたいに完全に固定されていて動かない状態。

ルイだと嫌がるだろうなぁ。。



夜はパリに住んでいる日本人の友達+ちょうど旅行に来ている主人のフランス語の生徒さんを招いて夕食をしました。


ラクレットといって、スイスの郷土料理なのですが、ジャガイモに溶けたチーズをかけて、ハムなどの肉類とピクルスとで食べるいたってシンプルな料理なのですが、これがおいしいのなんのって!!


結婚祝いにフランス人の友達からもらったラクレットセット、一度も使ったことなかったので今回初使用です。



ra

このように上の鍋で茹でたジャガイモを保温しつつ、下の小さいフライパンでチーズを溶かすのです。


本来のラクレットは大きなチーズの断面を火などで溶かしてナイフで削り落としてジャガイモにかけるのですが、フランスでは一回ずつ溶かす量に切り分けたラクレットがスーパーで売ってます。


これを食べた日本人の友達たちは是非買って日本にもって帰りたい!!と言っていたのですが、電圧が合わないのとラクレット用チーズを日本で手に入れようとするとものすごい高いのであきらめていました。


いや、ほんまにおいしかった。

旅行日記~①パリへ

テーマ:

8月16日、成田経由でパリ行きました。


今回の予定は 


パリ1週間~ノルマンディー2週間~マンチェスター1週間~パリ4日間


です。


行きの飛行機、今回は母と母の友達も一緒に行くので息子の世話など、少し気が楽でした。


予約してたオムツももらい、、、ってMサイズ!!


Lサイズ予約したんですけどぉ!?まぁええわ。。



数々のおもちゃをもらい、機嫌よく遊ぶルイ。



flug1


肘掛の部分がパカパカ開くのですがずーっとパカパカ、パカパカ。。。

それに飽きたらちょっと泣いてみたり、ぐずぐず言って、



flug2


寝てしまいました。


バシネットと言うこのベッド、制限10キロなんですが、もうちょっと縦幅長くして欲しい。

エアフランスはそうでもなかったんですが、JALのバシネットは目を離すと落ちてしまいそうな敷居の低さ。

結構ヒヤヒヤしました。


無事パリに着いた私達。



あれ??何?


めっちゃ寒いんですけど??



あれ?あの人革ジャン着てる?

マフラー巻いてる人いるぞ??


結構涼しげな服ばかり持ってきた私達に不安の影がよぎるのでした。


つづく。。