ブログ更新1077回目。

みなさんこんにちは。

 

1.神の力

 

 皆さんは日本語で「力」を英訳すると、

大多数の人は「Power(パワー)」を思い浮かべると思う。

 

 この「Power(パワー)」は、実は、見える世界の力である。

 

 神の力を直訳すれば、「GOD Power」が相場である。

 

 ところが英語には、一言で「神の力」をあらわす単語がある。

 

 ご存じの方も多いと思うが、「Forceis (Forceの複数形)」である。

 

 Force単数で使えば、軍隊・勢力などの意味になる。

 

 私たち日本人は、単語の使い分けの意識なく「神の力」という言葉を常用している。

 

2.神のご性質

 

 神の力は、元々「神の光・愛・生命・叡智・智慧・力など」の成分を含んでいる。

 

 これらの力の成分は、元々神のご性質だからである。

 

 最も大事な点は、これらの成分は、裡側から外側へと顕現しようとするはじける・膨張する性質を持っている

 

 天文学者・物理学者が「ビッグバン」を、宇宙の初めとする理論は、ある意味で正しい。

 

 なぜなら、創造主=神のお創りになった宇宙は、膨張を続けているからである。

 

 地上においても、「天にも満つるが如く、地にも満てよ」という聖句は、神のご性質を表わしている。

 

3.人間の役割

 

 人間は神によって創られた特別な存在である

 

 人間は、神によって形を創られた。その形に神の力を自ら宿すことにお決めになった

 

 人間の裡側には、神の力が実在し、その力が、人間の身体という形の外に向かって、表現しよう表現しようと待ち構えているのである。

 

 その邪魔をしているのが人間の五感の感覚が蓄積した「人間という意識」である。人間意識の別名を「自我意識」という。

 

 人間は、自我意識を取り払えば、神の力が外に溢れ出てくるのである。

 

 これが、人間から神への「変性変容の法則」である。

 

4.まとめ

 

 人間が変性変容したら、もはや人間ではない

 

 神の力を外側に顕した「神人」である。

 

 神人とは、姿形は人間でありながら、意識は完全に神に一体化している御方のことを言う。

 

多くの人が、変性変容して、「神の力」を世に示した、と祈る!

ブログ更新1076回目。

みなさんこんにちは。

 

1.尽きることのない愛

 

 恋をしたことがある人は、お分かりになるだろうと思う。

 

 それが片思いなら、尚のことだと察する。

 

<敢えて言葉にすれば、次のようになるだろう。>

 

 「これほどあなたのことが好きで・好きで、堪らないのです!」

 

 「あなたのことを思う時、狂おしいほどに胸が締め付けられるのです!」

 

 神は、あなたのハート(胸)の裡に、あなたと共に居る

神は、あなたが恋したその瞬間から「恋心」をご存知である

 

 残念ながら、その恋心が叶う確率は、カルマに比例する。

 

 「好きで好きでたまらないの」と告白された時、ご両人のカルマが解消する組み合わせなら、結婚へと進む

 

2.カルマの解消

 

 カルマは、非常に複雑な話なので、簡単な例を示す。

 

 前世で、喧嘩して離婚したとする

今回はその罪償いのために、お互いが再会する場合がある。

 

 今回、結婚をやり直して、最後まで添い遂げることが出来たら、カルマは解消される

 

 今生もまた、喧嘩別れしたら「カルマの上塗り」となり、来世でまた同じ相手とやり直す羽目になる

 

 いつまでたっても、神の国には戻れない。これを地獄の苦しみという。

 

3.人間から神へ

 

 今生喧嘩別れをしても、「再度やり直そう」ということで、両者が合意して、ヨリを戻すことが出来たら、「カルマの解消」となる。

 

 この二人は、神の国への道を歩むことが出来る

 

 神の国に入るには、一つだけ条件がある。

 『人間として生きているうちに、「自分は神だ」という神我意識に到達することである。』

 

 このようにして、人間意識から神意識へと「昇華」出来たら、天国=天上界で、神の手伝いをするようになる

 

 神のみが、「愛する対象」となるのである。

人間卒業である!」

 

 「心を尽くし・魂を尽くし・精神を尽くして、汝の裡なる神を愛せよ」という聖句がある。

 

 これが実践できたとき、再び人間世界に戻ることは無い

 

 愛するのは、神のみだからである。

 神は、人間全てを人類というくくりで愛している

 

4.まとめ

 

 あなたもそのように人類を愛することが出来るようになる。

 

 そこに、「特別な人・特定の方」というのは存在しなくなる。

 

 これが、愛しても・愛しても尽きないこと=「人類愛」である。

 

多くの人が、人類愛に目覚めた、と祈る!

ブログ更新1075回目。

みなさんこんにちは。

 

1.病気の原因は何か

 

 人間には、「病気は医師と薬で治す」という思い込みが、固定観念のように刷り込まれている。

 

 病気は、人間自身が作り出した「不安や恐怖」によって発症する。

 

 不安や恐怖は、日々体内に化学変化を起こし、身体に望ましくない化学物質を産生させる

 

 その化学物質が人によって弱い部位に作用して、細胞の遺伝子に変異を起こし、望ましくない腫瘍を発生させる。

 

 更に、食品を長持ちさせ、発色を維持するための「食品添加物」も、制限使用量を守っているうちは食品添加物」である。

 

 制限使用量を超えると、「毒物」になってしまう。

 

 現代人は、自分の造り出した「不安や恐怖」と、一応合法的と言われている「食品添加物」によって、病気を作り出している。

 

2.病気の本質

 

 「不安や恐怖」は、現代の社会システムの先行きが見えないことによる、「そこはかとない不安・恐怖」である。

 

 年金が当てにならない・健康保険が赤字・介護保険料の負担増を誰が・・・など、枚挙に暇がない。

 

 加えて、少子高齢化対策の費用負担の議論の行方など、未確定の要素も逐一伝わってくる。

 

 こういうこの世の中のことは、全て金銭に絡んだ欲望と繋がっている。

 

 ハッキリ言うが、「欲望はヤミ」「希望は光」である。

 

 見える世界に没入することはヤミに没入していることになる。

 

 ヤミはヤマイ=病につながっている。現代人、とりわけ日本人はヤミ思念に侵されているので、病気になりやすいのである。

 

3.愛の力は生命力

 

 医師や薬に頼らずに病気を治したいなら、ヤミに浸る考え方や生き方を止めることである。

 

 そこには「希望は光」という新しい考え方・生き方を持ってくるのみである

 

 人類は、「愛の本当の力」を知らない愛は神の与えた生命力そのものである。

 

 あらゆる敵が屈服する全宇宙の中の最強の力である。

 

 この愛を知る者は、ヤミを歩くことは無い病気というヤマイに侵されることもない

 

愛は、あらゆる必要な物事を、その人に引き寄せる力がある

 

 タイトルの通り「愛の力は生命力」であるから、愛に満ちた人は、生命力が旺盛になる

 

 自己免疫力が上がるので、健康体を維持するのに、何の努力も要らない

 

4.まとめ

 

 自分が、愛だと認めれば、あなた自身が愛に溢れた人・生命力に満ちた人に変性変容する

 

 ヤミ思念から脱却し、「希望は光」という光明思念をわがものとして、人生を送っていただければ、あなたの人生は明るい

 

多くの人が、光明思念を、わがものとした、と祈る!