シュピール室内合奏団ブログ~小編成で奏でる無限の吹奏楽サウンド~

シュピール室内合奏団ブログ~小編成で奏でる無限の吹奏楽サウンド~

時に軽やかに、時にユーモラスに、楽しく悲しく様々な表情の音遊びで音色を大切にした明快なアンサンブル団体♪


テーマ:

 

2018年度シーズンは3回定期公演(夏・秋・冬)を中心に沢山のお客様の前で演奏する事が出来ました。

 

♪第三回シュピール室内合奏団コンクール開催

♪「Spiel Star Spur!」(高橋宏樹作) 吹奏楽版のBand Journal付録楽譜

♪土浦第四中学校芸術鑑賞教室

♪秋公演にて西井啓介(Dr)さんとの共演

♪池袋本格中華料理店「山海楼」Live

♪シュピール麺発売 (協賛:幸住食品)

♪図書館向けの児童書、学校図書館・公共図書館学校図書に紹介される

 

様々なメディアでも取り上げて頂き有り難く思います。

応援してくださる皆様のおかげでシュピール室内合奏団にとってとても充実した年になりました。

 

シュピールの音楽やメンバーを通して沢山の出会いがありました。この出会いを大切に、これからも頑張ってまいりたいと存じます。

 

シュピールはまだまだこれからです!年明け3月春公演は本シーズン最後の公演といたしまして朝霞ゆめぱれすにて指揮者新田ユリさんをお招きして開催予定しております。そして2019年はCDを掲げてよりシュピールカラーを強めていきたいと思います。たくさんの可能性と新しい風を起こしていこうとがんばりますので来年もシュピール室内合奏団をどうぞ宜しくお願い致します♪

 

そして2019年も皆様にお会いできることを楽しみしております!

 

 

 

              シュピール室内合奏団


テーマ:

シュピール室内合奏団
 シュピールの冬~邦人来人〜

盛りだくさんのプログラムでお客様もご満足頂けて終えることができました♪シュピールを初めて聴く方もいらっしゃり嬉しく思います。

今回はシュピールコンクール受賞作品の世界初演と受賞団体との共演を中心にシュピールの新たなサウンドをお届けしたとても楽しい公演になりました。

作曲部門最優秀賞作品 ロクリアン正岡『美人ミイラ蘇生物語』、優秀賞作品 佐藤信人『春愁三首』どちらの作品もアンケートでもとても人気でシュピールの新しいレパートリーとなりました。この素敵な作品たちを当日お聴きいただいた方は斬新だったのではないでしょうか。


ティプシー室内合奏団との共演はコンクール課題曲と自由曲を一緒に演奏いたしました。舞台上にいつもの人数の倍になりとても充実しておりました。ティプシー室内合奏団のみで演奏する箇所もあり楽しそうに演奏している姿が印象的でした。

そして、世界的ユーフォニアム奏者 スティーブン・ミード氏のために捧げた 高橋宏樹作曲『Dream Times』を今回安東京平がシュピールバックで見事な演奏で聴衆を聴き込ませました。ユーフォニアムの素敵な音色が会場いっぱいに響きわたりまさに会場全員で夢の一時を過ごせました。


今回シュピールを初めて見た方も多いと思います。

小編成で活動していく中で小編成というだけで曲など色々選択を狭めてしまうのはとっても残念だしこういうある意味変わったバンドもいるのでどんどん楽しく演奏してほしいと思う気持ちです。

これからも様々な公演をお届けできたらと思います。次回公演は3月26日(火) 『朝霞ゆめぱれす』です☆

シュピール初の客演指揮者をお迎えして攻めたプログラムでお届けいたします。指揮者新田ユリさんとシュピールがどういうコラボレーションをするか是非ご来場頂けたら幸いです。

公演に関わってくださいました関係者の皆様本当に感謝いたします。

そして何よりもご来場頂きました全てのお客様に感謝いたします。

これからもっともっと多くの方にシュピールの音楽を届けていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス