CM.PV撮影技術 職人 Spice Staff Blog

CM.PV撮影技術 職人 Spice Staff Blog

スパイスは、コマーシャルフィルム、ミュージッククリップ、ドラマ、映画など、ムービー機材と撮影技術を提供しております。

東京現像所へフィルム映画の回収に行きました!

 

(写真はGoogle mapより)

東京現像所は昔からゴジラなど有名な映画製作カチンコに携わっている歴史のある映像ポストプロダクションです!びっくり

 

フィルムに写った映像を現像するだけではなく、動画ファイルへの変換、

保管や修復などフィルムを扱った作業を行ってくれる上、試写室を借りて試写上映もできます。

更にカラーグレーディングも可能とカラリストにも最適な場所です!

 

 

フィルム保管用の缶もいただきました!ありがたいですラブ

 

今後映画フィルム映画を使う仕事が来たらまたお世話になりそうですね!

 

前回arricamの勉強会で使った機材を紹介します!

 

まずはarricam ST です。35mmのフィルムカメラでダブルモーターシステムを使用しており、低騒音を実現できます!

装着しているレンズはVANTAGE ONE T1レンズです!

 

現像した映像がこれです!

テストチャートを映してるだけなので、まだ動きはありませんが

いつか収録した映像を、ブログで紹介出来たらと考えています照れ

最初と最後に写っている文字は現像する時のサインみたいなものです。


 

 

後ろはこんな感じです。写真の長いスコープは技術スタッフからはロングファインダーと呼ばれています。

 

そしてこの機材はHPM-200です!

長らく使われていなかったのですが、ついに使う時が来ました!

 

どんな性能か気になる方は下のURLからご覧ください!

 

 

 

裏にはスパイス名物のRockバッテリーが装着されています!

 

最後にこれがマガジンに装着されているフィルムです!

ちなみに35mmフィルムは24コマベースで400feetの撮影可能時間は約4分20秒で、

80分の映像を撮るのに19缶も必要なんだそうです!びっくり

映画作るのにそんなに必要なんですね.....映画

 

ひと昔までは、このフィルムで映像が作られていたかと考えると感慨深いですね…照れ

 

株式会社スパイスは、基本的に土曜日も動いておりますチョキ

そんな中、社長からのはからいでドミノピザを差し入れていただきましたラブ

 

 

過去の記事でも書いておりますが、ドミノ様にはいろいろな意味で

いつもお世話になっておりますお願いデレデレ

 

 

金子さんのオススメの夏のクワトロ・産直ドミノ

 

 

特にワサビがお勧めとのことで食べてみたかったのですが、

すごい勢いでなくなってしまい食べれずじまいでしたえーん

こうなったら、家で個人的に注文して食べて見ようかと思います口笛

 

 

土曜出社しているみんなで頂きましたアップ

とてもおいしかったです爆  笑

ごちそうさまでしたラブラブ

 

くま

 

こんにちは。かまたにです。

 

オフィスを見てみると三浦さんが高木さんに購入したArricam ST Cameraの使い方を教えていました!

金子さんも一緒に勉強会に参加しました。

 

まずはカメラの中身を空けて操作方法を教えていました!

難しそうですが、高木さんはわかるのでしょうか....?

 

そして最後にはスコープから映像を見て映像を確認していました。

どんな映像が映ったかは次回公開します!

 

ちなみにカメラのセットはこんな感じです。

 

高木さんはフィルムカメラを触るのが初めてで、キラキラ貴重な経験キラキラになったと思います。

 

現在スパイスではフィルムカメラの熱が冷めることを知らない様子です!

 

 

 

 TODAY'S
 
坂本さんの撮影現場で仕事しているときの写真をご紹介します!

 

坂本さんが手に持っている機材で明るさを周りの測っている様子です。

貫禄ありますね!照れ

 

 

ちなみにこの写真は弊社を卒業した技術スタッフ太田さんが撮ったものです!

(写真は2016年の物です)

image

 

たまたま一緒の現場になったらしく、スパイスにいた時と変わらず仲良く仕事をしていたみたいです。

 

撮影現場ではスパイスを卒業した技術スタッフや、

学生時代の同期とたまに巡り合うことがあるとか.....

 

どこかで一緒に飲み会生ビールなどで出会って盛り上がれたらいいですねラブ