DIYその1

テーマ:

2016年の夏、SozoFactoryさんの手を借りつつ、玄関やリビング等もアレコレ考えて自宅1階部分を大々的にリフォーム。
 
そんなアレコレ考えた中の一つが階段脇に確保した趣味の自転車スペース。
階段との境に格子や丸柱を入れる、天井裏の梁を出して塗り分ける、機材やジャージを吊れるよう壁の間にバーを渡すetc…。
色々な手間をかけてもらい約半年使用しましたが、吊っていく癖があるのか機材やジャージだけでなく、ヘルメットも複数個をまとめて葡萄の様に吊るしていく有様で、自転車がどんどん見えなくなっていく。
 
広くしたつもりが以前と変わらない状況になりつつあったので、物を整理していくとともに収納の仕方をアレコレ考えるようになりました。
上方にスペースがあっても吊りすぎると圧迫感が出るので、他に使えそうな場所はないものか…。
何気に階段脇の格子の数を数え、ヘルメットの数と大きさを見つつ、試しに格子に1個あてがってみると、等間隔で丁度3個分のスペースがあることが判明。
一番不便でなさそうなヘルメットの収納(?)は…吊るすこと。
 
様々なフックをネットで見つつ、格子の色に合いそうなものを選択していき候補を絞りました。
あとは高さのバランスを見つつ、格子の中心に楔を打ってビス止めして完成。
 
葡萄のように垂れ下がっていたヘルメットが自転車スペースサイドにきれいに並んでくれたおかげで視界も開けました。
 
まだまだ少し手を入れたい箇所があるので、やる気と時間と相談しつつ、進めていきたいと思っています。