秋田の相続は秋田市の司法書士おぎわら相続登記事務所秋田、司法書士荻原正樹です。

 

(当事務所のホームページはこちらです→司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

 

今日のお話しは、森山直太朗さん秋田でうたうです。

 

 

 

クリックよろしくお願い致します

↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ    
 

 

 

 

先日

 

YouTubeを見ていたら

 

森山直太朗さんのチャンネルが出てきました

 

 

 

どうしてかな

 

と思ってみてみたら

 

秋田の田沢湖で歌を歌った動画でした

 

 

 

安藤サクラさんも登場して

 

朗読をしています

 

 

 

なんとなく

 

のんびりします

 

 

 

興味のある方は覗いてみてください(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています

↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
ご相談はお気軽にどうぞコーヒー

司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

土地家屋調査士荻原正樹事務所

司法書士・土地家屋調査士 荻原正樹

秋田市東通五丁目12番17号1A

☎018-827-5280☎

秋田の相続は秋田市の司法書士おぎわら相続登記事務所秋田、司法書士荻原正樹です。

 

(当事務所のホームページはこちらです→司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

 

今日のお話しは、判決・調停による登記と住所証明書です。

 

 

 

クリックよろしくお願い致します

↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ    
 

 

 

判決で登記を命じる判決を得た場合や

 

不動産を相続する内容の調停が成立した場合には

 

判決書や調停調書を利用して登記手続きをすすめることができます

 

 

 

「不動産登記法」

(判決による登記等)

第六十三条 第六十条、第六十五条又は第八十九条第一項(同条第二項(第九十五条第二項において準用する場合を含む。)及び第九十五条第二項において準用する場合を含む。)の規定にかかわらず、これらの規定により申請を共同してしなければならない者の一方に登記手続をすべきことを命ずる確定判決による登記は、当該申請を共同してしなければならない者の他方が単独で申請することができる。

2 相続又は法人の合併による権利の移転の登記は、登記権利者が単独で申請することができる。

 

 

 

この場合には

 

登記原因証明情報として

 

判決書・調停調書を添付します

 

 

 

では住所証明書の添付は必要でしょうか?

 

 

 

通達によると必要とされているようです

 

 

 

その理由は

 

訴訟の場合当事者の表示における住所は必ずしも住所でなくてもよく居所や営業所などでも可能であるから

 

登記において表示する「住所」としては適当ではない

 

というものです

 

 

 

確かに

 

訴状等に住所として表示されている場所が当事者の役所の登録上の住所と必ずしも一致しないというのはそのとおりです

 

 

 

しかし

 

それを言い出したら判決書・調停調書を登記原因証明情報として利用していいのかという点に疑問が生じないでしょうか?

 

 

 

つまり

 

裁判所においては

 

住所のみならず

 

当事者についても厳密に特定されているわけではありません

 

 

 

たとえば氏名冒用訴訟において被冒用者を当事者として判決が確定することもありえます

 

 

 

その場合表示説の立場から当事者として表示されたものが当事者とされるわけですが

 

このことは

 

判決書は判決書に当事者として表示されている者が自ら訴訟行為を行ったことまでは保証していない

 

ということになります

 

 

 

しかし

 

それを前提として判決による登記という制度は運営されているわけです

 

 

 

この点からするならば

 

判決書・調停調書記載の「住所」をもって住所証明情報として援用することを認めてもいいのではないかな

 

と思うのですがどうでしょう

 

 

 

また

 

裁判所サイドの運営で

 

判決書や調書などに

 

住民票上の住所であるのか(裁判所で確認済みの場合)

 

居所であるのか

 

等の表示をすることにしてもいいのかもしれません

 

 

 

現状では

 

住民票の住所を確認することで

 

少なくとも登録上の住所であることは確保できるので

 

添付することに異議はないのですが(^^♪

 

ブログランキングに参加しています

↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
ご相談はお気軽にニコニコ

司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

土地家屋調査士荻原正樹事務所

司法書士・土地家屋調査士 荻原正樹

秋田市東通五丁目12番17号1A

☎018-827-5280☎

秋田の相続は秋田市の司法書士おぎわら相続登記事務所秋田、司法書士荻原正樹です。

 

(当事務所のホームページはこちらです→司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

 

今日のお話しは、新型コロナウイルスの再感染です。

 

 

 

クリックよろしくお願い致します

↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ    
 

 

 

大型連休期間に入りましたが

 

皆さんどのようにお過ごしでしょうか?

 

 

 

秋田市内の飲食店などは

 

いつもより人が少ないように思います

 

 

 

秋田県では

 

秋田県民に

 

秋田県内の宿泊に対する補助を出しているので

 

秋田県内で宿泊している秋田県民も少なくないと思われます

 

 

 

ところで

 

秋田魁新報電子版に

 

次のような記事がでていました

 

 

 

異なるタイプのウイルスで再陽性 ゲノム解析で判明

 

 

 

記事の内容は

 

新型コロナウイルスに感染し治療が終わって退院した人が

 

別のタイプのウイルスに再感染した可能性があることが分かった

 

というもの

 

 

 

どの程度時間を置いて再陽性になったのか分かりませんが

 

このような記事を見ると

 

一回感染すれば

 

ワクチンを打てば

 

安心ということでもない

 

ということなのかもしれません

 

 

ブログランキングに参加しています

↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
ご相談はお気軽にコーヒー

司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

土地家屋調査士荻原正樹事務所

司法書士・土地家屋調査士 荻原正樹

秋田市東通五丁目12番17号1A

☎018-827-5280☎