相続放棄手続の流れ

こんにちは。秋田市の司法書士おぎわら相続登記事務所秋田、司法書士荻原正樹です。

 

 

(当事務所のホームページはこちらです→司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

 

 

今日は、相続放棄手続の流れのお話しです。

 

 

 

                        ←ボタンですよ~(^^♪

               より多くの方にブログを読んでいただくために

               クリック(ぽちっ)で応援お願いいたします音譜

 

 

 

 

 

相続放棄とは

 

 

特定の被相続人(お亡くなりになられた方)の相続に関して

 

 

相続人の地位を無くすための手続きのことをいいます上差し

 

 

 

 

 

 

 

比較されるものとして遺産分割協議がありますが

 

 

遺産分割協議が

 

 

相続人の地位を有することを前提として財産の分け方について話し合うのに対して

 

 

相続放棄は

 

 

相続人としての地位そのものを無くしてしまいますから

 

 

相続放棄の申述が受理されてしまえば相続人ではなくなり

 

 

遺産分割協議に参加することは出来なくなりますバツレッド

 

 

 

 

 

 

 

この相続放棄の手続きですが

 

 

次のような流れになります目

 

 

 

 

 

 

 

まずは

 

 

管轄家庭裁判所に申立書を提出します手紙

 

 

 

 

 

 

 

申立ての期限は被相続人がお亡くなりになられて

 

 

自分が相続人であることを知ったときから3ケ月以内です注意

 

 

 

 

 

 

 

この申立書を提出して申請書や添付書類に不備がなければ

 

 

裁判所から申立人に対してお尋ねの手紙が届きます手紙

 

 

 

 

 

 

 

内容は

 

 

あなたの名前で相続放棄の申立てがありましたが

 

 

これはあなたの真意に基づいてなされたものですかはてなマーク

 

 

と言ったものになっています目

 

 

 

 

 

 

 

これに必要事項を記入したうえ

 

 

申立書で使用したのと同じ印鑑を押印して裁判所に返送します手紙

 

 

 

 

 

 

 

この手紙が裁判所に届くと

 

 

ほどなく相続放棄の受理が決定になりますお祝い

 

 

 

 

 

 

 

相続放棄の受理が決定されると

 

 

申立人に対して

 

 

相続放棄申述受理通知書

 

 

という書類が届きます手紙

 

 

 

 

 

 

 

この書類は受理証明書を取得する際に必要となりますので

 

 

捨てずに保管しておいてくださいカギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、不動産登記においては

 

 

この通知書をもって相続放棄の証明書(登記原因証明情報の一部)として利用することができます上差し

 

 

 

 

 

 

 

当事務所では秋田県内の家庭裁判所のみならず

 

 

他県の家庭裁判所に対する相続放棄の申立書の作成代行も行っておりますメモ

 

 

 

 

 

 

 

前述したように

 

 

この相続放棄の手続きで一番大きな特徴は

 

 

申立てに期限があることです砂時計

 

 

 

 

 

 

 

申立てについて悩んでいらっしゃるのであれば

 

 

なるべく早くご相談ください電話

 

 

 

 

 

司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

司法書士荻原正樹

電話018-827-5280電話

 

 

ブログランキングに参加しています!

より多くの方に読んでいただくためにバナークリック(ぽちっ)で応援お願いいたします(^^♪

                          ↓↓↓