コピー屋さんの青焼きブログ

コピー屋さんの青焼きブログ

大阪市内を駆け巡るコピーサービス(株)双陽社の営業ブログです。大阪梅田でがんばってます!プロの目から見たコピー屋さんの上手な使い方や製本の裏ワザなどのご紹介,日々の発見を書いていきたいとおもいます!よろしくおねがいいたします!

天満橋の川を挟んで北側
二人までの立ち飲み屋さんのとなり

「大王」と書いて「ターワン」

焼き飯を食べる

うまし

壁に貼り付けられてあるメニューには、
「カレー丼」との表記あり

次回は



りゅうた




㈱双陽社
0663410188

片町 桃園

焼き飯うまし

11時~14時

マスターはランナー🏃

双陽太郎

㈱双陽社
06-6341-0188

音楽情報サイト「Whole Red Hot U・S・O」 9/13付ニュース記事の片隅に懐かしい名前を見つけた。

「SNP解散へ。既報のとおり14年ぶりアルバム制作直前にDJイノウエ・the Winnerが行方不明になったまま、同バンドは9/15付で解散する見通しとなった。

リーダーの他=Ricky Hong-Gang!! のコメント:
『もう疲れた。(失踪は)突然のことで驚いた。予定していたアルバム2枚の製作契約が解消になった。今後バンドとしての活動はしない。個人での音楽活動を休止するつもりはないが、現時点では全く見通しが立たない。』
なお、この間にDJイノウエ・the Winnerからレーベル側に正式な脱退の意思が伝えられたという。」

SNP(正式名称は“Shining NewsPaper's DJ イノウエ・the WinnerとMC 他=Ricky HongGang!の2人によるユニット。ヒップホップっぽい名前だが、どちらかといえば音楽的にはコミックバンド寄りだった)は今でこそ知る人ぞ知るカルトユニットだが、その昔はそこそこ有名だった。
ちょっとマイナーな地方フェスの、一番小さなサブ会場の常連として、毎度5分くらい懐メロとアヴァンギャルドが入り混じったような、それなりにテンションが高くファニーな演奏を繰り広げたかと思うと、さっと切り上げ残った時間はスポーツ新聞に視線を落としながら観客の質問に答えるという定番のパフォーマンスが意外とウケていた。今思えば良い時代だった。

今回のアルバム制作についても古くからの音楽好きの間ではちょっとしたニュースになっていた。
「え?まだやるんだー」という冷笑的な反応が過半数だったとはいえ、私も含めてそれなりに生暖かい眼差しで見守っていたと言って良い。
ところが、the Winnerが失踪したことは私の耳には入っていなかった。

the Winnerは金にせこく、がめついという風評で知られ、これまでもトラブルの噂が絶えなかった。音楽よりスキャンダルの方で有名だったくらいだ。SNP結成に至った経緯も、事務所経費の横領と音楽外の詐欺行為が発覚して業界を追われかけたところを、他=Rickyに拾ってもらった側面が大きいらしい。(もちろん公表はされていない。)DJを名乗っているがトラックメーカーというわけでもなかった。そして、カリスマも華もなかった。
昭和の窓際地方公務員につい魔が差してしまったという然の冴えないルックスで、目上の人間には媚びへつらうものの、弱い立場の人間に対して悪辣に振舞っている姿がたびたび目撃され、ミュージシャン界隈に味方はいなかったという。個人的にも、尊大ぶっている一方で周囲の視線から逃れるようにいつもコソコソ動いてる卑屈な様子が記憶に残っている。

だから失踪を知っても驚かなかったが、自分を救ってくれた他=Rickyまでもを裏切るというのは、ずいぶん因果な人だなあと無常感に包まれてしまった。
(小さな画像だが他=Rickyは髪も抜け落ち、かつて“西の舘ひろし”と言われた渋いマスクが見る影もない憔悴っぷりで痛々しい。レーベルから支給されたアルバム制作費をthe Winnerが持ち逃げしたのではないかとの憶測が広がる一方である。)

 スケジュール帳開き開き、いつも無限の予定を落書き、
 付箋を貼り―剥がす、それがオレの日常
 カバンに資料を詰めては取り出す、紙袋持ち出す、行き先は告げずに午前と午後1度ずつ
 携帯はいつも事務所で充電、充電、着信は外へ出る合図、電チンしたランチも外で食べる

 タダメシ上等!
 ~「読んだら禿げるで」より
 

the Winnerによる数少ないリリック執筆曲(ラップしているのは他=Rickyだが)に久々に耳を傾けてみて、彼がドヤ顔で繰り出す大げさで古臭く拍子抜けしたスクラッチにげんなりしつつ、
いろいろと不愉快な記憶がフラッシュバックしてきて世知辛い気持ちになった。
この感覚こそSNPを聴く醍醐味ではあるのだが、さすがにもうリピートすることはないだろう。

3年越しの粗大ゴミをようやく整理でき、すっきりした気持ちの「森岡勝彦」でした。

 


株式会社 双陽社
TEL:06-6341-0188
http://www.souyousya.net/

以前から、ほんまに以前から気になってました


北加賀屋、よりちょい北の、ジャパンの近くの二見食道。

お母さんがほんま元気でいい食道でした。

こちらでは肉うどんをいただきました。

360円

うましうまし



りゅうた

(株)双陽社
 0663410188


こないだの日曜日に、北加賀屋の名村造船の跡地のところに行ってきたんだ!

そこであったことより、そこまでにあったこのアパートのほうがインパクトが強かったんだ!

海のはたやのにアルプス気分になったんだ!

りゅうた


Say Yes!
Say Hon!
双陽社
0663410188
何年も前から知ってたんですけど、カブが気になって入れなかったんだね

お食事処
江戸川

谷町筋の東側沿い

天王寺に行く途中、前を通るたんびに

なんで江戸川なんだよ(大阪やのに)と思ってました

昔は江戸前寿司を握ってたらしいですね

意を決して入ってみて、
味噌汁おいしいんよー

こんどは中華そば食べてみよう

江戸川ランポ
江戸川コナン
江戸川リュウタ

双陽社
0663410188


先日から足かけ数分

わがスーパーカブが100000キロを超えました。

これもひとえに仕事で呼んでくださったお客様のおかげであります。

こんごもさらに200000キロを目指して、カブにまたがり続けたいと思います❗

りゅうた

スーパー株式会社 双陽社
0663410188万キロ

先日、足かけ8年

わがスーパーカブが10000キロを超えました。

これもひとえに仕事で呼んでくださったお客様のおかげであります。

こんごもさらに20000キロを目指して、カブにまたがり続けたいと思います❗

りゅうた

スーパー株式会社 双陽社
0663410188万キロ