おはようございます。

昨夜散歩してて
星をながめながら

あらためて

「星」について

あれこれ考えてみました。

見えてる星たちは、

何年も前に出した光が
やっと地球に届いたもの。

何百年前の光もあれば
何万年前の光もある。

たとえばオリオン座の星たちは
それぞれまったく違う距離のところにあって

もう今は爆発して消えてるかもしれない。

僕らは
違う過去を
同時に見ているのだ。

広大すぎる宇宙空間を
スピード変えることなく進んできて
(光速度不変の法則)

僕の目の中に入ってきて
脳がその光を映像として映し出してくれている。

想像もできないほど遠くの星の存在を
僕たちは今感じられている奇跡。

星って

ほんとに

不思議

そして綺麗だなと。


双雲@しかもそれぞれ星(恒星)は
とてつもなくでかい、
ほんとにとてつもなく。