「日本の武を知る・刀剣展示見学」開催のお知らせ

平成29年6月2日

観光創造協議会

時空電車推進会議

北総新選組運営会議

 

 皆々様には日頃より御支援賜り深く御礼申し上げます。

 観光創造協議会・北総新選組では千葉県流山市の閻魔堂にて普段より「殺陣演武」の御披露を行って居りますが、今回特別な御支援を賜り社会教育の一環として刀剣の展示見学を実施するものと成りました。

 どうぞ皆様お誘い合わせの上お出で賜りたく存知ます。

 

平成29年6月11日(日)12時~17時

千葉県流山市流山2丁目・閻魔堂

費用等無料※見学だけに成ります。

主催/北総新選組他

(雨天荒天中止/流鉄流山線を御利用下さい。)

 

 

(北総新選組運営会議/20170602)

AD

雨の石岡駅から十年

テーマ:

北総新選組元監理幕僚の房州です

今後

北総新選組は独立した組織として

流山・根郷に限らず

流鉄と沿線域の盛り上げ

そして・・・

広く活動して参りますので

悪しからず(笑)

それで小生は御役御免と相成候・・・

 

でも閻魔堂でトグロ巻いてますよきっと(笑)

 

さて

 

北総新選組は単体化

と言うものの

鉄道輸送警備隊の隷下部隊として

防犯防災・観光活動を行って参りますが

北総新選組から鉄道輸送警備隊に吸い上げられる

幹部と幹部候補生ばかり

しばらくは多くが兼任になりそうです

そして演武に関しても

更なる習熟と技術向上

そして要員増強を目指して

分離し専従外郭団体「遊撃隊」として

再出発するものになりました

無論

北総新選組でも演武を続けて参りますが

どこまでも林先生の最末席門下としての誇りを持つべく

硬派の実戦即応殺陣を目指して行く・・・

ところが硬派ばかりでは華やかさが無いのも事実で

色んな角度で

「地域の元気応援部隊」

が作れれば良いな!

とでもしませんと収拾つかないもので(笑)

 

さて

十年前

2007年3月31日22時

鉄道輸送警備隊特別派遣視察隊

(北総新選組2名含む)

常磐線石岡駅におりました

 

折からの冷たい雨は

時に強く

今夜の様です

 

特別派遣隊の任務は

この日で廃止となる

鹿島鉄道

の沿線状況の視察でした

 

←2005年8月「新選組号」

 

鹿島鉄道・玉造町駅の裏手は

新選組開設の功労者・筆頭・芹沢光幹さんの出身であることから

平成17年8月6日に現地で

「新選組まつり」

が行われまして参加致しまして

 

←玉造町駅

 

この際に運行された

「あけっぱなし号」

運行支援・警乗に鉄道輸送警備隊第一機動隊と

北総新選組(当時は第二機動隊)

が派出されたものです

 

←警備員じゃないス

 

JRでレトロ客車(在来型一般客車)の扉警実績がある我々です

それが内燃車とて同じ(笑)

 

←回路の都合で扉が・・・

 

キハ431+キハ432と言う贅沢な編成(笑)は

回路都合で後部車両の扉開閉が出来ません

この為に扉の開閉を代行を2往復させて頂いたものです

 

←キハ714

 

この翌年には歴史企画研究(あさくらゆう先生主宰)が

「新選組水戸派号」

を運行

この際にも輸送保安で参加させて頂きました

 

そんな御縁の鹿島鉄道が無くなる

分割民営化から20年の節目でもあり

昭和62年3月31日

雪の小樽でC623機の警戒支援に

江戸表からすっ飛んで行った鉄道輸送警備隊

心中複雑でございました

 

この日は

午後一番に現地に入りました

 

←廃止当日

 

まともな写真はこれくらい

後は全線を自動車で視察しましたが

折角なので最後も見よう

と相成りました

 

雨の中

長丁場に備えて

石岡のマクドナルドで腹ごしらえし

22時頃

石岡駅ホームへ・・・

鈴なりの御客様

やはりここは警戒支援

 

部長さんなど数人が

私達に気付いて

「最後まで来てくれた」

と喜んでいらしたのが印象的でした

 

最終列車は遅延に遅延を重ねて

既に0時を回って出発

大騒ぎ・・・

なのに

何処か寂しさが滲む

 

復路

国道6号線を走る車内では

誰もが寡黙でした

 

去年の9月18日

行方新選組まつり

一昨年に引き続きお声を掛けて頂き

北総新選組演武

を御披露させて頂きました

その間

全部の鹿島線列車乗務に参加した伊豆守と共に

今の玉造町駅跡へ参りました

 

←駅本屋から街方向

 

新しい住宅地になって

あの日の喧噪は思いも寄りません

 

←同日

 

それだけでは寂しいので

あの列車たちに逢いたくて

温泉施設に参りました

 

2両

それでも残っていました

 

沿線には未だ未だ車両は保存されていますが

駅などは見る影も無いとか

鉾田駅で食べたタイヤキ・・・

旨かったなぁ

 

3月31日

色々な意味で

大切なものが消えた

寂しい記憶日でもございます。

 

AD