メバルの聖地0415

テーマ:
1年ぶりにメバルの聖地へ

闇夜の大潮。でも土曜日は天気が荒れた。日曜日は天気が回復する予報だったので、少々無理して強行。年に一度のチャンスだから

満潮22時くらい
釣行1930〜2300

高速使ったので、早めに着いた

20時くらいには潮位も釣れる高さにまで上がるはずで、それからが勝負だと思っていたが


いつまでたっても勝負は始まらない


下げに入り、少しだけ期待できる雰囲気がでたが、盛り上がりきれず

結局、22センチから15センチまでの3匹

去年は良かったのに、今年は全然だった。

何年かに一度は、不調になることがあるらしく、3年くらい続くこともあるらしい

今回は藻が全然なかったので、その影響かなと

そして、産卵場所がないメバルは他へ行き、他で育ったやつが15センチくらいになって戻ってくるまでに3年かかる。

そんなことを考えて、自然には敵わないと、釣れなかった言い訳にしてみる
{77FD99BB-435A-4F10-85C2-60E13B97E999}






めばる0303

テーマ:
今回も、いつものメバルポイント
出発が遅くなったので、ポイントに入れないのは覚悟して


釣行2130〜0130
満潮2330頃 大潮、満月


到着すると、やっぱり人多い
それは想定内、それより月が明るすぎ
夕方の今にも雨が降り出しそうな曇り空はどこに行った?詐欺のような空模様

到着して5分ほどで、入りたい釣り座が開く、釣り始めて早々にポイントの釣り人が自分たち含めて3人だけに

その頃は、大潮とは思えないくらいに潮が流れず、釣れる気配もなく、月と潮のダブルパンチにくじけそうになるが、ぐちぐち不満をいいながら粘る

1時間ほどしたら、潮が動きはじめる。でも、活性は上がらない。月の力になすすべない

メバペンソリッドで、ラッキーなヒットがポロポロ、メタルジグに変えてポロポロ
10以上ルアーを変えて、釣れたのはこの2つとガンシップくらい


イカパターンでもアミパターンでも釣れるプラグと小魚パターンで釣れるジグで釣れた。ただ、パタパタと連発することは少なく、渋い釣り

この日、メバルが何を好んでいるのかわからないまま時間はすぎ、活性が上がりそうな気配がないので。辞め。
{DC1A7ED0-22D6-4657-8C65-50FA96C7A33B}


最大22センチ。浮いてるやつ

4匹持ち帰って胃のなかを見ると、うち3匹に
{90DA3CA5-C419-4098-833B-10312A515B45}

タイノエってやつ?海のダンゴムシ。分かりにくい写真

これじゃ、コイカでもアミでも小魚でもないパターンのはずです

メバルシーズン0217

テーマ:
そろそろメバルのいい季節が始まる頃

しまなみの橋をいくつか渡って、お気に入りのメバルポイントへ

満潮2330頃 大潮 釣行2000〜2430

着くと爆風吹き荒れる
釣り座に着くと意外にも風はない

いつもは釣り座の方が風が強いのにラッキーな日だと思っていたら、間もなく爆風吹き荒れる

そんなんだから、プラグは使わずに爆釣ジグを使う

潮は手前が右から左、左からは沖への払い出しの潮も効いていて、潮溜まりができる最高の条件。爆風がなければ

風が強いので3gで10カウント程してから巻くとポツリポツリと釣れて行く

いつも、この時期はアミパターンだけど、爆釣ジグで釣れるなんてめずらしい

風が止んだのは2230くらいだったっけ
それまでに25センチを筆頭に20センチオーバーも数匹釣れた。
帰って臓物のなかを調べたら、5センチくらいの小魚。どうりでジグしか反応しないわけだ

{E470B5E9-0068-4705-8D28-DA664733488C}



風が止むと、払い出しの潮が効かなくなって、右から左の潮だけ残る

爆釣ジグを流れに逆らって巻いてたら、いきなり飛び出し、ジグをさらっていく盗人猛々しいヤツが

数投して、ヤツが何者か分かる
{4A26DC6A-369B-4ED5-B569-06A40E760938}

これがこの日のヒットパターンのジグを盗んだ輩の顔写真です

成敗してやろうかと思いましたが、トボけた顔をしていたので、釈放してやりました

シーバスが釣れ始めるとメバルにいいことはないと思うので、もう一ヶ所気になる隣島の暗闇のライズポイントを調査

こっちはまだシーズンインには少し早かったみたい