群馬県高崎市の不動産会社 【創商】 スタッフブログ

㈱創商は今年で創業41年を迎えております。
地元で「老舗」の部類に入りました。
当社のスタッフが各々、日々感じたことをブログにしていきます。
豆知識あり! 笑える話題あり! 
楽しいブログにしていきたいと考えております。

是非とも、ご訪問くださいね♡


テーマ:


こんにちはニコニコ音譜


今日はいい天気ですね(^O^)晴れ



でもまだまだ寒いっっ雪)))




週末からまた天気崩れていって

来週はまた雪雪の結晶が降るんだとか(;´Д`)ノ

今度の予報は当たるかな!?

(雪の予報なんて当たってほしくはないですが…汗




さてさて、、、

今年(2016年)の今月2月は”閏年”ですねo(^-^)o



4年に1度の366日です目


だからと言って何かあるわけでは

ないのですが…苦笑DASH!






!!4年に1度しかない2月の”肉”の日得意げクラッカー

ですね(^ε^)笑   焼肉ブタ食べに行かなきゃDASH!   



関係ないですね…(笑)






ということで、話は変わりますがリサイクル


今日は”閏年”に関して調べてみることにしました(^ε^)♪






閏年とは?



平年よりも月や日の数が多い、


もしくは1日の秒数が通常より多い事をと言い、


それぞれを閏月・閏日・閏秒と呼びます。



そしてうるう年(閏年)は、閏月・閏日が存在する年のことを指します。




うるう年を実施する理由を一言で言い表すと、

地球が実際太陽の周りを回る周期と、人が作ったカレンダーとのズレを修正する

という事になるでしょうか。




閏年が4年周期なワケ



1年間の日数と言えば、勿論365日ですよね。



ですが地球が正確に365日かけて公転しているかというと、そういうわけでもないそうで。

実際には365.2422日ほどかかっており、これを書き直すと365日と約5時間50分。

1年で6時間弱のズレがあるのです。

このズレを4年間積み重ねると、ぽっかりとおよそ24時間分の隙間が生じてしまいますよね。

4年間でできた1日分の隙間を埋める日、それが2月29日ということなんです。





閏年の調整はなぜ2月??



紀元前8世紀頃のローマではロムルス暦という暦が使われていたと言われています。


当時の人々は冬の間は農業をせず、

日付を割り当てる必要がなかったため、

現在の1月・2月にあたる月は存在していなかったそうです。



その後制定されたヌマ暦という暦において

1月・2月が追加され、1年が12か月になりました。


ですが1年の始まりは春という習慣が根付いたいたのか、

ヌマ暦では2月が1年最後の月となっていました。



やがてユリウス暦が使われるようになり、

4年周期のうるう年を行い始めましたが、

2月が年末という意識が強く残っていたようで、

日数の調整を2月に行うことにしたのだそうです。



ヌマ暦でもうるう年はありましたが、1年が355日しかなく、

丸々1ヶ月挿入するうるう月が行われていたそうです。

これも年末の2月に。

そう、古代ローマにおいて2月は年末だったため、そこで調整がされていたのです。






ということのようです星




すみません(。>0<。)ネットから引っ張って

きてしまいましたDASH!DASH!



でもわかりやすい説明ですよねグッド!キラキラ






私も思わず熟読してしまいましたヽ(*'0'*)ツひらめき電球






何気ない、本当にちょっとしたことでも

調べてみると面白いものですねチョキ音譜






さぁて(*'▽')、次は何について

調べようかなぁにひひクラッカー








今日もあと少しお仕事頑張りますね(^O^)/






それではまたパー












創商さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。