おつな社労士、おおつじつよしの、つれづれブログ

おつな社労士、おおつじつよしの、つれづれブログ

42歳で脱サラ。サムライ業として独立。
独立して初めて会社に守られていた事を痛感。
まさに、親の心を知らない子供でした。
ヒトの事で悩む経営者と従業員を助けたい。
そんな
おおつじ社労士オフィス 大辻剛
のつれづれなるままのブログです。(ジローの二男)

普段、学校に行くべき児童の多くが

学校に行かずに

時間を持て余している

と想像します。

 

ある意味、自由になったはずが

何をしてよいか?

と、途方に暮れる

という児童も多いと想像しています。

 

何の方向性も示されずに、

ただ、思うようにやればよい

好きにすればいい

と、プロジェクトを丸投げされて

困った経験を持つ人もいるでしょう。

 

同じようなことだと

容易に想像がつきます。

 

どうすればよいかの答えの1つは

すでに書いてありましたね。

 

方向性を示すことです。

 

何のためも

目標も

目標達成の基準も

やってはいけない事項も

大きな意味で、方向性です。

 

一徹が飛雄馬の前で

夜空の星に向かって指をさす

というイメージです。

(知ってる人は、知ってますよね)

 

今回はこの辺で。