名古屋孫式形意拳研究会(日本孫氏太極拳研究会 中京支部)

名古屋孫式形意拳研究会(日本孫氏太極拳研究会 中京支部)

名古屋市内で主に孫式形意拳の教授を行っています。

形意拳、近世三大名手の一人と言われる、孫禄堂先生の伝えられた孫式形意拳を一緒に学びませんか。

名古屋孫式形意拳研究会
(日本孫氏太極拳研究会 中京支部)


孫禄堂

孫祿堂先生が伝えた孫式形意拳を主に練習しています。


形意拳は直線的で単純簡明、質実剛健と言われる中国拳法ですが、内包される、身法、手法、腿法、心法は形からは想像できないほど、繊細かつ巧妙です。

学習は容易だが習得するのは難しいと言われる所以です。

形意拳は孫家拳の母体となる拳種で基本的な身体の操作を学ぶのに大変優れています。

形意拳は剛的で体力的にきついイメージがありますが、老若男女、体力、各人のレベルに応じた教授を行っています。



形意拳紹介


 形意拳は、太極拳、八卦掌とともに内家三拳の一つに数えられます。

民末清初に山西省の姫際可先生により興されたとされます。

この姫際可先生の拳は心意拳と称し、そこから心意六合拳と形意拳が派生しました。

 現在の形意拳の形と名称が整い広く知られるようになるのは、河北・李洛能先生の代になってからです。

 理論的基盤は陰陽五行説であり、基本技は木、火、土、金、水から成る五本の拳、形意五行拳です。

形意拳は河北派と山西派に大別されています。

河北派には劉奇蘭、郭雲深、李存義、張占魁の諸先生など、山西派には車毅斎、宋世栄の諸先生がいます。



孫式形意拳の系譜(名古屋孫式形意拳研究会)


姫際可(心意拳) → 曹継武 → 戴龍邦(戴式心意拳) → 


李洛能(形意拳) → 郭雲深 → 李魁元 → 孫祿堂 → 


孫剣雲 → 後藤英二 → 三輪修二 



 

  

楽しい中国武術ブログがいっぱい!


爆弾下記バナーを発勁クリック爆弾
   
  
                      
 
           


テーマ:

流派によって、練習者の体形が異なります。

言われた姿勢、動きをすると変なところに筋肉が付き、逆にあったところの筋肉が削げ落ちることがあります。

武術に筋肉は必要ないという人が多くいますが、必要な筋肉はやはり付いてくると思います。

これは自分でも確認できる筋肉で、身体の内部の筋肉も多少の変化はあるだろうと思います。

筋も同じことが言えると思います。

 


テーマ:

波の要素が大切です。

何故、五行拳の第一掌が劈拳なのか、それは形意拳のとても大切な身法を学ぶ為です。

形意拳は剛的でドカーン、ズドーンといったイメージをもたれる方が多いかと思いますが、そんな単純なものではありません。

その為には、縦波の動きが大切です。

哺乳類である私たちは、背骨の構造上、縦波の動きは恐ろしく相性がいいはずです。

この柔らかさあっての形意拳です。

あくまで小耳に挟んだレベルですが、そもそも、化勁は形意拳の概念であったと聞いたことがあります。

太極拳の化勁とは概念が違うらしいですが・・・

 


テーマ:

身体操作が合理的であれば大きな力が出ます。

大きな力を出すには強固なベースが必要です。

大きな家を建てるにはそれに見合った堅固な基礎が必要です。

基礎は三体式で作られます。

しかし、単純に大きな力を出すだけが目的ではありませんし、強くても単純な力は武術的とはいえません。

しかし、基礎が強固であればそれに見合った反力は発生させることが出来ます。

 


テーマ:

胯どこのことだろう?

中国武術をかじっているなら知っていなければなりません。

流派によりいろんな操作があります。

形意拳は収めるようにします。

管理人はこの胯の操作がとてつもなく大切だと思います。

この胯の操作を教わると今まで教えていただいた知識が有機的に繋がっていきます。

沈肩墜肘や含胸抜背と同じくらい大切だと思っています。

胯にはとてつもない身体能力の可能性が秘められています。

胯を収めると言った言葉だけでは動作は分かりません。

これについては知っている方はが多くいるはずですので、分かる方に習ってください。

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス