野良猫堂本舗の『萬雑記処』

『野良猫堂本舗』の雑記処




『野良猫堂本舗』の雑記処


世の中の流行から、世界情勢、株の市況から、芸能情報まで。


そんなもん、一切お構いなしに、好き勝手に書きなぐってます。




来るもの拒まず、去るもの追わず。

炎上したけりゃ、他所でやれ!


オイラ野良猫堂本舗が、野良猫目線。たま~にネコの額ほどもない人間目線で、乱筆乱文 絶賛不定期書き込み中!!



ほんとうに、雑記です。





※日付を遡って過去ネタも書き込むので、最新の更新が、必ずしも新しい情報とは限りません。



業者書き込みや、リンクを意図した空コメントを除外する為、コメント承認をしています。

純粋にコメントを戴く方々には御不便をおかけします。







テーマ:



あまりの懐かしさに、勝手にリブってしまいました。

最近は見掛けんよねえ。


かつての、オイラの愛機にして、バイク遍歴中、
吊るしで最速だったバイクです。

それでも、NSRはさらにバカっパヤ
いったい、あのころの250って、
ホントに250ccだったんでしょうか?
あのちっこい車体で、イマドキのメガスポーツすら、
正面対決で勝ちに行けるほどの凶器だったんだけど。

最近の250スポーツのどれもが、乗っても体感、
原チャリに毛が生えたくらいにしか思えんのですが。



それにしても、このカラー、純正色なんだろか?
1度もみたことがないんだけど。


で、blog主さんの書いてた、KRのエンジン。

普通に、ツインというと、パラツイン(並列2気筒)で、インライン(直列)か、VやL型(偏向配列)、ボクサー(水平対向)みたいにレイアウトこそ違っても、一本のクランクシャフトの同軸に2気筒なんだけど。

KRのタンデムツインというのは、エンジンの造りが、2つの単気筒エンジンで一本のドライブシャフトを回す構造という、面白い仕組みなんです。



ヒルクライムなんかで見掛ける、前後にエンジン積んだ、ツインエンジン車みたいな発想と思ってもらったら。(笑)



詳しい仕組みは、ググればでます。
解るヒトなら、笑いもロマンチックも停まらないエンジンかと。

メカニカルなロスも大きいから、イマドキこんなエンジン作ろうって発想はないんでしょうけど、KRが現役時代は、レーサー譲りの本気発想のテクノロジーでした。

勿論、レーサーのKRと、このKRは、まったくの別物だけど、オイラにとったら、孤高の高速戦闘機だったなあ。

ぶん回ってナンボの、当時もんな2ストだから許される発想のエンジン。

イマドキの4ストでこんなもん出てきても、面白くないかなあ?

そういや、スズキだったか?この発想のエンジンを、さらに並列にして、4気筒造ってなかったっけか?


当時のバイクは、本気のアホでしたわ。(笑)

ぬるいクルマばかり造ってる日本のメーカーに言いたい。

どっか、時代に逆行して、こんな本気なアホなバイク出して、オイラみたいなやつらに、喧嘩売ってこい!


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。