野良猫堂本舗の『萬雑記処』

野良猫堂本舗の『萬雑記処』

『野良猫堂本舗』の雑記処




『野良猫堂本舗』の雑記処


世の中の流行から、世界情勢、株の市況から、芸能情報まで。


そんなもん、一切お構いなしに、好き勝手に書きなぐってます。




来るもの拒まず、去るもの追わず。

炎上したけりゃ、他所でやれ!


オイラ野良猫堂本舗が、野良猫目線。たま~にネコの額ほどもない人間目線で、乱筆乱文 絶賛不定期書き込み中!!



ほんとうに、雑記です。





※日付を遡って過去ネタも書き込むので、最新の更新が、必ずしも新しい情報とは限りません。



業者書き込みや、リンクを意図した空コメントを除外する為、コメント承認をしています。

純粋にコメントを戴く方々には御不便をおかけします。







テーマ:

ローランド株式会社と太鼓芸能集団 鼓童は、共同で開発を進めている世界初の「電子和太鼓」試作機の最新バージョンを製作し、2018年8月新潟県佐渡市で開催される国際文化交流フェスティバル「アース・セレブレーション 2018」において、鼓童のメンバーによる演奏を披露します。

 

ニュースリリース( Rolandサイトにリンク)

 

 

 

電子ドラムや電子パーカッションがあるのだから、理屈じゃ可能だと思っていたんだけど、電子和太鼓と、直球ど真ん中な楽器は、意外なことにリリースされていなかったらしい。

 

シンセサイザーの音色としては、大太鼓から鼓に至るまで、リアルに仕上がったモノがあるし、トリガーとしてMIDIパッドやシンセドラムを使って叩いていた程なので、そう難しい話ではないだろうと思っていたけど。

 

昨年、同プロジェクトのリリースした試作機は、電源も含めてケーブルが繋がった仕様で、和太鼓というよりも、某汎用人型決戦兵器みたいに、活動に縛りのあるものだったが。

 

新型試作機はというと。

 

 

 

 

バッテリー駆動が可能な上に、音もワイヤレスで飛ばせるという劇的な進化を遂げていた。

 

 

とくれば、パフォーマンスもリアリティー増して、雄壮な和太鼓感は雷様も納得の出来ではないかと。

 

 

さあ、世の雷神様諸君!!期待しようではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※画像はRolandのニュースリリースより。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス