三上緑の カラフルを生かす 次世代のピアノレッスン

三上緑の カラフルを生かす 次世代のピアノレッスン

川崎、都内で 発達障がいピアレッスン講座やコンサルを開催し、どんな生徒からも信頼される先生になる方法をお伝えしています。
個性を伸ばす子ども記録も大人気!


🌱カラフルさんとのレッスンのお悩みを

スッキリ解決✨

カラフルコミュニケーション 三上 緑です

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

無料動画のプレゼントはこちらから!

↑↑
今なら

指導しにくい生徒の才能を開花させ

途中退会0の教室にする方法

無料動画講座を差し上げています💝

・レッスン法のミニネタ

・保護者への声かけ

・体験レッスンのちょっとしたコツ

などなど、入っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 



突然ですが
先生はどんな想いでお教室を始められたのですか?
何かきっかけがありましたか??

今日はちょっと思い出話💖

よかったらお付き合いください😊

 

 


私が大学を卒業した時は
バブルの時期で、同期はかなり大きな企業に就職したり
音楽から離れる友人も、いました。



私は学生時代からレッスンのお仕事が
できていたので企業に就職する気持ちは
全くありませんでした。
しかし、たまたま学生課の張り出しが
目に止まったのです。


NHK教育テレビ、「ふえは歌う」
メインの歌のお姉さんオーディションでした。


面白そうだなと思い
記念受験の気持ちで応募したのです。


NHK関係者入り口からスタジオにはいり
大きな壁一面鏡の部屋に集合しました。
驚くのはその人数!全国から500人は来ていた様子。


「お母さんといっしょ」の番組内の歌が一曲示され
その場で練習、振り付けも教わり
どんどん呼ばれる。
(ホ!ホ!ホ!を踊って歌いました汗)

劇団員もいて、キレキレの踊りの人もいたり
「これはなんだ?まずいぞ・・」



まあ、大きな失態もなく、終わりました。

同じ大学の子が数人いたので
一緒に食事をして帰りました。


それが驚き!次の5人の最終審査まで進んだのです。
合格者は、マネージャー付きだった人になりましたね。





この時、本当に色々な事を、

その場で与えられ
テストされたのです。
切羽詰まると結構やれる自分をその時発見しました。



そして最後審査員に、
「あなた、周りを笑顔にするね、いいよ」と
言われたのです。




この数日の出来事で、
あの手この手で音楽を伝えることの楽しさを知りました。
こどもと関わることが向いているのことも知りました。

そして大きなことは
臨機応変に動く力がついてるなと感じました。
それはレッスンをしていたからだと思います。



レッスンをする事って
すごい事なのですよね。
プランを立てることから始まり
レッスンの時は全てが先生に託されているのです。



セミナーでよく申し上げるのが
女優になって子供を心から楽しませるように引き込むこと。
常に見られているのです。
そして飽きさせないように観察する事が必要です。



音楽的なことは、多く学ぶ機会があったと思います。
でも、生徒さんやご家庭の方とコミュニケーションをとり
問題を解決していく方法は
学ぶ機会がないのです。


悩むのは当然ですよね!


このオーディションの後、
ピアノの先生の仕事で、なんとたくさんの事を
学べているんだろう!と感動しました。
そこからは、脇目も振らず
人気の教室になろうと努力したのです・・




 ☆☆無料オンラインサロン
「困ったちゃんでも大丈夫! 魔法のピアノ教室」

今ご参加の方は、永久無料です。
オンラインサロンへはこちらから一声ください


今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!
 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

★緑ピアノ教室ホームページ

 現在満席のため生徒募集をストップしています。

https://www.midori-piano.jp
 

なぜこの活動をしているのか。

ぜひお立ち寄りくださいね!

____________________________________________________________________

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

🌱カラフルさんとのレッスンのお悩みを

スッキリ解決✨

カラフルコミュニケーション 三上 緑です

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ある一定の子が

いつも

ふにゃふにゃの指先だったり

背中がすぐ丸くなってしまったり

 

このまま

テキストを進めていいのかな・・?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ピアノを弾くときの

姿勢や

腕や指の形は

できるだけ小さな頃から

気にして欲しいと思います。

 

 

 

 

何度も注意をし続けると

お子さんも

「あ!そうだ!」と

姿勢を整えてくれるのですが

すぐまた元通り😂

 

 

 

 

手や姿勢ができるまで、

トレーニングに時間を多く取ると

テキストの進みが足踏みしてしまいます。

 

 

 

そんなお悩みの

解決法をご提案します!!

 

 

 

子どもの中に

体幹筋の持久力が弱い子

低緊張の子・過緊張の子

がいます。

 

 

この中で、今回は

低緊張の子について書きますね。

 

 

 

筋肉の張りが弱い(低い)低緊張の状態と

過緊張(筋肉のはりが強い)の

コントロールが

うまくできない子がいます。

 

 

 

通常

頭でこうしよう!と思わなくても

無意識のうちに

コントロールできるのですが。

 

 

リラックスしている時でも

ある程度の張りは維持していますね。

 

これは脳からの指令で

決まる事なので

平均的な貼り具合を「100」とすると

脳から

「120」と指令が出れば

過緊張になりますし

「80」と出ている人は

低緊張になります。

 

 

 

 

この張りの状態は

無意識に脳がコントロールしているため

自分の意思の強さなどは

関係していません。

 

 

 

ですから

ふにゃふにゃの体のタイプの子には

習慣づけだけで改善することは

難しいのです。

 

 

 

まずは、

椅子や、足の位置を

整えてあげて

正しく座る位置を一緒に

体験してみます。

 

 

手の形も

「こんな形」と一緒に作ってみます。

 

 

しかし

この状態を維持しながら

弾き続けることが難しいので

まずは、知ってもらうことから

始めます。

 

 

 

 

そして少しずつ

スモールステップで

その姿勢を保った形で

弾く時間を短時間作るような

こんなアプローチを

続けていきます。

 

 

 

ポイントは、

その事に気をつける時間は短時間。

気持ちが満足するような

自由に弾く時間をしっかりととる。

 

 

 

この様にすると

テキストを進めることができますし

筋力の成長に合わせて

指導することも続けることができますよ。

 

 

 

この様な、

レッスンしにくなと感じる子の

実践的なアプローチ方を

メルマガで平日毎日お届けしています。

ご登録はこちらから👇

無料動画のプレゼントはこちらから!

↑↑
今なら

指導しにくい生徒の才能を開花させ

途中退会0の教室にする方法

無料動画講座を差し上げています💝


 

 

 

今日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

★緑ピアノ教室ホームページ

 現在満席のため生徒募集をストップしています。

https://www.midori-piano.jp
 

なぜこの活動をしているのか。

ぜひお立ち寄りくださいね!

____________________________________________________________________

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

🌱カラフルさんとのレッスンのお悩みを

スッキリ解決✨

カラフルコミュニケーション 三上 緑です

 

 

 

カラフルさん

いい響きですね〜

 

 

 

こういうお声をいただき

とっても嬉しいです💖

 

 

カラフルさんと呼び出したのは

この子達を

発達障害グレーゾーンと

いうのだろうか・・・

 

いや

そういうわけでもない。

だって、今みんなと変わらず

レッスンが出来ているし。

 

 

こんな対応をしてきました😊

6分ほどの動画はここをタップしてね!

 

でも確かに

習い始めた時に

皆と同じ対応を私がしていたら

今が無かったと思うのです。

 

 

 

そんな子達が

一体どれくらい世の中にいるのだろう。

ちょっと工夫すれば

みんなと同じように楽しめるのに・・

 

 

 

それは私が

長男の子育てで痛感したからです。

私は、彼が関わる「先生」という方々みなさんに

その度に説明と、お願いをして回りました。

 

 

先生方は

「そうなのですね」と驚き

熱心に耳を傾けてくださいました。

わかっていただくだけで

普通の子と同じ様に過ごせるのです。

 

 

 

こんな風に、

ちょっと考えすぎてしまったり

自分の気持ちをサッと口に出せなかったり

一見小さな事なのですが

これが元で

色々な問題が現れる子。

 

 

 

これは

その子の個性だと思うのです。

個性を認めても、

その対応を間違えてしまった時

問題が出てくると思うのです。

 

 

とびきり優しくて

場の空気を察しすぎてしまうだけなのに・・・

 

 

 

色々な個性の子がいるから

色々な個性の人がいるから

楽しいのです。

個性にグレーがかかると「ナンダカネ・・・」

 

 

 

カラフルさんは

そんな方々をさしているのです。

私も、貴方も

きっと素敵なカラフルさん💖

 

 

 

指導しにくい生徒の才能を開花させ

途中退会0の教室にする方法

無料動画講座を差し上げています💝

 

無料動画のプレゼントはこちらから!

 

 

 



《個別相談のお知らせ》

https://eventlink.jp/ent/ytu4svo5
お申し込みはこちらから。

7月9日 13時から14時
7月12日 13時から14時
7月13日 10時から11時

zoomを使用します。
参加費 初めての方に限り3000円(税込)

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

★緑ピアノ教室ホームページ

 現在満席のため生徒募集をストップしています。

https://www.midori-piano.jp
 

なぜこの活動をしているのか。

ぜひお立ち寄りくださいね!

____________________________________________________________________

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

🌱カラフルさんとのレッスンのお悩みを

スッキリ解決✨

カラフルコミュニケーション 三上 緑です

 

 

 


何年間も
ゆっくりゆっくり
その子のペースに合わせて
指導されてきたそうです。



やっと最近
力がつき弾ける曲が増えてきた。

そして
練習の仕方が分かってきたのか
自宅で練習をして
レッスンに臨むことが
増えてきた。



先生の粘り強い対応の
賜物だと思います!




そこで、
しっかりと本当の力をつけて欲しいと
手堅い教本をレッスンに
取り入れたそうです。




一つずつステップアップしている様子が見られ
本当によかったと
喜んでいた矢先

突然
その月の末日で
ピアノを辞めると連絡が入ったそうです。




驚きとショックと・・・
「なぜ?」
そして
「どうしてあげたらよかったのだろう」


このようなご相談を
お受けしました。



ではなぜ、この生徒さんが
この結論を出したのか・・・




この方の学ぶペースを
大切にする必要のある
お子さんだと思いました。



気持ちの移り変わりをお話ししましたら
その先生は「なるほど・・」
と頷いていらっしゃいました。



そこでまだ数回残りのレッスンが
あるとお聞きしたので
生徒さんにしっかりと
お伝えすることを先生にアドバイスしました。




その生徒との関係が
上記の様になっていたと
「気がつかなくて
ごめんなさい」
と。



この後もずっと
楽しくレッスンに通ってくださっているそうです!

先生はこうおっしゃっていました。
「辞めると私が言わせてしまった」



気持ちを汲みとることが
このように繊細なお子さんは
難しいかもしれません。

ちょうど良いタイミングで
お話ができたことに
感謝しています。



 

指導しにくい生徒の才能を開花させ

途中退会0の教室にする方法

無料動画講座を差し上げています💝

 

無料動画のプレゼントはこちらから!

 

 

 



《個別相談のお知らせ》

https://eventlink.jp/ent/ytu4svo5
お申し込みはこちらから。

7月9日 13時から14時
7月12日 13時から14時
7月13日 10時から11時

zoomを使用します。
参加費 初めての方に限り3000円(税込)

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

★緑ピアノ教室ホームページ

 現在満席のため生徒募集をストップしています。

https://www.midori-piano.jp
 

なぜこの活動をしているのか。

ぜひお立ち寄りくださいね!

____________________________________________________________________

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

🌱カラフルさんとのレッスンのお悩みを

スッキリ解決✨

カラフルコミュニケーション 三上 緑です

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*

「 ママと離れたくない!」 

この様な時 
どうなさっていますか? 
*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*



この生徒さんは 
お兄さんのレッスンの時 
一緒についてきたことが 
何度かあり 

「いつから私はピアノできるの?」 
と言っていたそうです。 
人生初のお稽古事が 
ピアノ!という嬉しいお話しでした。 



なのに・・・ 



Nちゃんのレッスンになった途端 
借りてきたネコ状態😄

ママの後ろに隠れて 
出てきませんでした。 

1ヶ月ほどで、ママー!と言わず 
落ち着きましたけれど。 

そのことを考えながら 
母子分離について書きますね。 


           ※イメージ写真です


レッスン中にママがいてもいなくても 
私はこだわりません。 


お母様との関わりからはじまり 
生徒のちょっとした動きに 
どう私が反応するか 
色々工夫はするのですが 

その中の1つを書く事にします。 



「来週は、◯月になったから 
ママと別れてレッスンしましょうね」 
と約束する・・
 


のよう様に、 
一人でレッスンを受けることに 
フォーカスして頑張らせないことです。
 




私は 
レッスンは、ママと離れ自立する練習を 
する場ではないと考えます。 

Nちゃんは、幼稚園でも 
お昼になると、ママ・・と 
年中さんになった今でも 
泣く日があるとか。 



繊細なお子さんは 
幼稚園での生活時間は 
 心ないことを言われたり 
 納得いかない事があっても 
  「うん」と言ったり・・ 

それはそれは 
サバイバルな時間だと想像します💦 



帰宅してほっとするのは 
他のお子さんと比べ物にならないハズ。 



我が家の子ども2人で 
本当に、クタクタになって 
帰宅する様子を何度も見ていますから‥ 



 

残ったエネルギーを使うところは 
「ママと別れるところ」 
ではなく 
「音楽体験」なのです。
 



だから、私の教室は 
「どちらでも〜」と、お任せしています。 



でもね。 
先ほども書きましたが 


Nちゃんは、

 色々に疲れちゃうから 
ママ〜!となるわけです。 


だから

教室ではこの事に 
不安を持たせない対応を心がければ 
自然にママがいなくても 
大丈夫になるわけです。 



しかも、Nちゃんのエネルギーを 
消耗させる事なく 
1人でレッスンできるようになります。 




今、Nちゃんは 
やって来ると靴下を脱ぎながら(笑) 
幼稚園で見ていた 
人間模様を詳細にお話ししてくれます。 
 

 

 へぇー。そんなことがあったのね。 
 それで、Nちゃんはどう思ったの? 


などと 
ひとしきりおしゃべりをして 
レッスンに入る感じで 
関係は、良好です。 



🍎個別相談の時間を 
なかなか取ることができずすみません。 
夏休み前の7月中頃に 
2・3名様のみ 
お時間を作ろうと思っています🎀 

詳細とお申し込みはもう少し 
お待ちください😊😊 
お話ししたい内容を 
書き留めておいてくださいね! 






今無料動画講座を差し上げています💝

 

無料動画のプレゼントはこちらから!

 

 

 

 

 


今日も最後までお読みいただき 
ありがとうございました!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

★緑ピアノ教室ホームページ

 現在満席のため生徒募集をストップしています。

https://www.midori-piano.jp
 

なぜこの活動をしているのか。

ぜひお立ち寄りくださいね!

____________________________________________________________________