勤務している学校の
忘年会があり
参加してきました。


私は2校行っていて
本務校(週2日勤務)の
このような会に
参加することが
多かったのですが
今回3年目にして初めて
兼務校(週1日勤務)のに
参加することにしました。


週1なのであまり
先生たちとお話する
機会もないので
端っこでおとなしく
飲む予定だったのですが




席は真ん中





ビンゴは1位





ビールはサーバー
飲み放題!!!




気づけば二次会にも
参加し締めの乾杯
仰せつかっておりました(キリッ






あれ?






いつかの本務校でも
二次会の締めの
乾杯をした記憶が蘇った
にゃっきーです、こんにちは。
初回参加て飲み会の
レギュラーメンバー入り
いただきました!←またかよ!


楽しいとついつい
調子に乗ってしまいます。
次回学校に行った時
みんな普通にしてくれるか
今さら少し心配です。




さてさて←急だな
楽しいもののひとつ
こちらは今年最後の
絵本セラピー®︎サークルです。

お菓子もりもり
ミニミニブーケ付き♪


 

テーマは「出会い」


まずはやはりこの時期は
はずせないのはこちら

『クリスマスのきせき』


ペンギンから七面鳥へ
雪のプレゼント
ですが途中いろいろあり
…素敵な奇跡が出来上がり!




お次もクリスマス
『きつねとトムテ』


北欧の小人トムテが
きつねにあげたのは
クリスマスのおかゆ
絵も言葉も美しい一冊です。


こちらの2冊を読んで
クリスマスの定番といえば
で盛り上がります。




そして年末も近いので
『ふゆのいちばへおかいもの』


こちらは札幌の
絵本作家さんの作品で
昔懐かしい北海道の
市場の様子が描かれていて
年末の思い出を
みんなで語り合いました。 


長靴の反対に普通の
丈の短い靴を
「短靴」と言うよね
と言う話になったり
長靴は男の子は青
女の子は赤が多かったとか
大人の長靴は上の部分が
ヒョウ柄だったとか
長靴のことだけでも
いろいろ思い出されます。




赤い長靴ではなく
赤い手袋とコートは
『ぽちっとあかいおともだち』


シロクマのミキと
ぽちっとあかい女の子
ふとした出会いが
忘れられないものに
なることもあるなぁと
思いを馳せたりしました。




最後はも一度クリスマス
『くつしたあみのおばあさん』


人も動物も嫌いで
編み物が大好きで
「いつ死んだっていい」
が口癖のおばあさん。
でも、男の子と出会い
クリスマスの靴下を
ベッドにかけたことから…
おばあさんが最後に
口にする言葉は
もうあの口癖ではありません。




ふとした出会いが
とても大切なものになる
そんなことって意外と
たくさんあると
私は思っています。


自分が行動することで
人にも本にも他にも
たくさんのものに
出会うチャンスが
増えることを身をもって
知った気がしています。


好きな人やものが増えると
大げさかもしれないけれど
楽しいと感じられることも
増えていくと感じています。


これからの出会いも楽しみに…


🎄Happy Holidays🎄





《おまけ》
私の好きなクリスマスの
絵本たちはこちら↓

白黒猫のフリフリ
はじめて知ったクリスマス。
もみの木もオーナメントも
ないけれど工夫をして
飾り付けをする姿が
可愛くて可愛くて!
猫好き必見の一冊です。




フランスのお話です。
フランスでは水曜日は
学校がお休みでした。
その水曜日に本屋で会った
おじいさんと女の子。
おじいさんがいつも
読んでいる本は
とても重たそうです。
優しい気持ちになる
クリスマス絵本です。



「サンタさん、マグロくニャニャい♡」




絵本で道徳の本出てます♪
(巻末にブログでも紹介している
絵本のリストがついています)