難しい事はさておき、自然栽培のものはうまい!

余計なものが入っていないシンプルな調味料は味に深みが出ます。

こんな事を考えるようになったのは、一年前に
「食養生」の考え方をさとうみつろうさんのブログで知った事がきっかけ。


食が変われば人生が変わる!


キャンペーンで繰り返し繰り返しの力説にすっかり洗脳されました!笑笑


伊禮先生の勧める食養生一覧に沿って、ほぼ3ヶ月みっちり、きっちりと!


現在は緩やかに。でも、出来るだけ余計な添加物の入っていない食べ物を意識して食べる!


自然栽培の人参→そのママ食べても甘い!


無農薬の人参→堆肥?有機肥料の臭みあり


そんな違いに気づく!


自然栽培のごぼうと自然栽培の人参をオリーブオイルで炒めるだけで旨みが!


その時々の体調で、醤油(天然醸造 もの)と天然の塩少々で更に甘みが。


食養生でみりんは❌になっているので使いませんが、天然醸造の醤油は素材の味を引き出しますね。


そんな食べ物の成分表示をいちいち気にしていたら、食べるものほとんどない!


って実際どれだけ食品添加物まみれなの!


とびっくり‼️



自然に近いものは身体が喜びます。


食べていて、しっかり感があるというか。

パワーもあるのでしょうね。


それはカロリーという事ではなく、食材そのものが持っているエネルギーとでも言いますか。


身体が喜ぶ感覚!

でもね、甘いケーキが食べた〜い!


は腸の細菌に騙されている可能性もあるので、そこの見極めは難しい。腸内細菌の何が優勢かによって、食べる好みは変わりますよね。


プチ断食込みの食養生3ヶ月間やったら、チョコ類全く欲しなくなりましたから。(現在はこれに関しては元に戻ってるなあ)

See you!