今のマスコミの風潮は、NHKであっても、反原発・増税賛成である。


これはもう異常としか思えない。


また、オスプレイ配備反対という動き、これもまことに稚拙な話である。


普通に考えたら、大震災があって復興も大変なのに、もっといじめてください、と言っているようなもの。


国民もマスコミに騙されて、反原発・増税賛成が常識人の考え方、のようにマインドコントロールされている。


もっと言えば、そういう行動を起こすことが、正義だと錯覚させられて動かされている。


もうこれは気の毒としかいいようがない。


特に原発再稼働に対して反対運動している人たちは、コミュニストか海外のいいな友達がいないか、それか利権に振り回されているかだろう。


といいつつ、何度もブログには書いてきましたが、私は原発自体には反対です。これは、過渡期のエネルギー政策であって、早々にやめるべきもの。


しかし、石油利権から日本を守る、という意味ではとても意味があった。


だとすると、これからの課題は、すこぶる簡単で、原発の発電効率を超えるエネルギーを確保すること。


アメリカにも中国にも脅かされないエネルギーを確保すること。これに尽きる。


だから、再稼働に反対するエネルギーがあるなら、


新エネルギー開発に予算を避け!、


日本海にあるメタンハイドレートを採掘せよ!


竹島から韓国軍を追い出せ!


とかが正論でしょう。


でもなあ、日本は社会主義国で、しかも潜在的には大国に守ってもらいたいから、無理だろうなあ。


しかし、日本人は、ドM だわ。