この投稿をInstagramで見る

こちらは、1900年にドイツで使用されたアンティークポストカード。童話「長靴をはいた猫」の一場面の絵のはずなのに、主人公の猫も三男も描かれていません。確かにドイツ語で「長靴をはいた猫」と印字されているのにおかしな絵だな…と思い、よーく探してみたけどやっぱり主人公は描かれていない。そうしているうちに、カードの上のほうに小さな文字で「光を当てて下さい」と書かれた文字を発見。 光を当ててみると、馬車を先導する猫と三人の農夫たちが浮かび上がり、空がオレンジ色に染まった夕焼けに❗️夕焼けが馬車に乗った一行も照らし出しています。 これは透かし絵ポストカードで、カード内部の紙に透かし部分の絵が描かれています。光に当てないとその絵は見えない仕組みになっています。透かし絵ポストカードは今までにも何度か目にしたことがありますが、今回の絵ほどに劇的に変化するポストカードは初めてです。 本日は、長靴をはいた猫のアンティークポストカードを当店オンラインショップにてご紹介いたします。25枚ほどご紹介しますので、色々な「長靴をはいた猫」の絵をお楽しみくださいね。 沢山のアンティークポストカードを当店オンラインショップにてご紹介しております。 @snowdropantique アンティークポストカード専門店 Snowdrop Postcards PC版 http://www.snowdrop-postcards.com/ スマートフォン版 http://postcard.ocnk.net/phone #アンティークポストカード #ポストカード #絵葉書 #アンティーク #童話 #猫 #長靴を履いた猫 #長靴をはいた猫 #vintagepostcard #SnowdropPostcards

Snowdrop Postcards(@snowdropantique)がシェアした投稿 -