フーズ・フォー・チルドレン

「食で変わる!子供の行動」

子供たちの行動が日々の食事で

変わってしまうことが分かってきました。

現代人はカロリーは多すぎるほど摂っていますが、

栄養が不足しています。

幼いころから加工食品や、

菓子パンなどで食事を済ませている家庭では、

子供たちの体力面だけでなく、

脳神経の発達にも影響が大きいようです

大人になってからでは取り返しがつかないし、

取り戻せないのが成長期の食事内容です。

そんな中、

保育園の食事から変えていこうという取り組みが

全国で少しずつ始まっています。

 

保育料の無償化で変わるもの

この10月から保育料が無償化になりますが、

無償化になるのは保育料のみです。

つまり、

給食費は実費徴収になるので、

オーガニック給食など、

園児のことを本当に考えた食事にシフトした園は、

従来の質にこだわらない給食に比べ、

保護者負担額は他の園と比べると高くなります。

 

ここではっきり見えて来るのが、

その保育園と保護者側の「食への意識」です。

お金を掛けたくない(保育料は無料になっても)

という保護者側の人気も集めようとすれば、

園として給食費は出来るだけ抑えることになり

結果オーガニックには出来ません。

 

三つ子の魂百まで

園として

「三つ子の魂時代の食が、その子の一生の体の土台になるので、コストは多少掛かっても食の質にこだわりたい」

と揺るがぬ決意を掲げ、

むしろ、「これが我が園の特色です!!」

と高らかに声を上げて頂ける保育園が

これまで以上にたくさん誕生して欲しいと願っています。

そして、

その食の質へのこだわりは、

1年後には、はっきりとした結果を

子どもたちで見ることができます。

実際にそんな例が次々と出てきています。

 

①平熱が上がる、

②病気にかかりにくくなる

 (掛かっても治りが早い)

③アレルギー症状の軽減

④情緒の安定と豊かさ

⑤向精神薬の服薬が不要に

 (最近は乳幼児期からの服薬が増加)

 

↑↑↑これが、

オーガニック給食に移行した保育園で

続々と立証されれば「学校給食も変えるべき!」

と必ずなります。

 

そして、

農家さんも安心してこだわりのお野菜を

育てることができます。

農業は自然栽培に向かう農家が

次々と増えていくでしょう。

どことも戦う必要がありません。

子どもたちの健康と幸せを願う

優しい人たちの思いだけで

人体にも生態系にも甚大な影響を及ぼしてきた

化学物質をもどんどん減らす方向に

向かえるのではないでしょうか?

 

僕たちは今まで

「バイオリンク」の素晴らしい成果を

見せてもらっているので、

食事が変われば、いろいろ良くなる

ということがすんなりと分かります。

 

世の中のほとんどの問題は、

ここに着手することで平和的に解決することが

けっこう多いんじゃないかなぁ~と思います。

今こそ、

勇気を持って業種も党派も全ての壁紙を超えて

優しさと愛で目の前の一歩を踏み出しませんか?

 

922()は佐賀県初の試みです。

保育園が協力し合って、

子供の未来を良くしていこう!

というメッセージを発信しておられる姿を

応援しませんか?

入場料はたったの1000円です。

とってもいい話が聞けると思います。

ぜひ!!聞きに来てください!

パンフレットチラシ差し上げています!!

 

foods for children

食で変わる子どもの行動

日時:9月22日() 132016301310開場)

場所:アバンセホール 佐賀市天神3丁目211

参加費:1,000

講師:国光美佳「新型栄養失調」

前島由美(出雲市 ゆめの森こども園 代表)

コンサート Asumi(シンガーソングライター)