先日の漢方おはなし会では、
「湿気と暑さと冷房病」と題して、
この蒸し暑い夏を乗り切る
漢方の知恵をお話ししました。

日本の夏は特殊です。
海外からの観光客の方々は
湿気と暑さでたいていの方が
ダウンするという話ですよね。
 
梅雨の時期に
地中にしみ込んだ大量の水分が
夏の暑さで蒸発し、
日本列島は温室になります。
この時期、
空気中にたくさんの水分が漂っているので、
体の中からスッキリと湿気が出ていくことが難しいのです。
ですから、
古代中国でも、
東の方は湿気で病気になると言っているのです。
 
湿気と暑さに良い食材
漢方では、
体内にたまる湿気と暑さを対処することで、
夏バテを防ぎます。

食養生でも
体内から湿気を追い出し、
また余分な熱を冷ましてくれる、
そんな食材を摂っていきます。
 
例えば、
枝豆、胡瓜、西瓜、冬瓜、茄子、苦瓜、茗荷
などです。

そうすると、
食欲減退も防ぎ、
だるさや疲れも軽くなるのです。
また、
ちゃんとお風呂につかることによって、
強制的に、体内の不要水分を発散する
ということも大事なんですよ。

この時期の体調不良には
梅雨や夏場に適した
応急処置の漢方薬があります。
夏かぜや夏の体調不良、
食欲不振などによく効きます。
詳しくは気軽にお尋ねくださいませ。