例年の北部九州の梅雨入りは6月5日ごろということでしたが、今年は、沖縄や東海地方以北が梅雨に入っても、こちらはなかなかまとまった雨が降らないこの頃です。
 
参院選前に老後資産や年金の問題、少子化、消費税の是非が議論に上っていますが、政治は時の運もあり、どのようになるか分かりません。
 
だけど、
老後や家族のことを考えると
違った視点が必要だと思います。
 
日本の平均寿命は現在、
男性80.21才、女性86.61才ですが、
健康寿命をみてみると、
男性70.42才、女性73.62才であり、
統計からは、
男女そろって、少なくとも10年は
寝たきりか介護が必要な期間
あることを付きつけられます。

不健康な期間が約10年です。
これは長い。
政府に頼っても、これは何ともならない期間です。
もちろん平均ですから、
これより長い人もいれば、短い人もいるわけです。
 
そこで…
できるだけ自立した人生を全うしたい!
と望むのであれば、
これは自分でつかみ取らないといけません。
 
つまり、
努力して、介護予防に取り組むことです。
男なら70才までに、女なら73才までに。
前もって、しっかり身体を整えて、
老後に備えたいものと思います。
 
さて、
ところで何が介護予防のカギを
握っているのでしょうか?
 
要介護の原因を調べると、
「栄養」「運動」の2点に絞られます。
 
現代人の食の問題点は、
カロリー過多の栄養不足と言われますが、
老後に至っては、カロリーも栄養も足りない
ということが起こりえます。
また、
運動は、介護が始まってからではとても遅いと思われます。

幸い、
私たちには「バイオリンク」があるし、
介護予防トレーニングに大いに役立つ
「リアクションレジスタンスマシン」があります。
また、
歩行習慣を改善して筋肉のバランスを整える
「ベネシュ」のシューズも
活用してほしいと思っています。
 
人は体の不調に直面しないと、
健康の大切さがわからないのですが、
こと介護予防に関しては、
始まってからでは時すでに遅し、なのです。
梅雨の季節、
「雨降って地固まる」とは言いますが、
雨降った時には時すでに遅し、
かもしれないことを、
一度自分の健康観と対比して
考えてみてはいかがでしょうか?
 

漢方の宮崎薬局

https://www.miyazaki-y.jp/