発達障害改善ステップ
先月、

佐賀市でセミナーを受けてきました。

講師は東京で発達障害の子供たちの改善を

指導されている有名な女性の先生で、

実例なども聞かせていただきました。

「やっぱり発達障害は良くなるんだ!」

ということ、

 

そして

薬物では、やはり良くならない。

ということを再認識して、

元気をいっぱいもらって帰ってきました。

 

佐賀県では近年、

早期発見、早期受診を進める

ネットワークの構築(佐賀モデル)が進んでいます。

私たちは、

それが早期投薬へとつながりつつあることを

とても危惧しています。


本当は発達障害ではなく、

発達途中なのだから、

積極的に発達を支援していくことが大切なのに、

障害のレッテル貼りだけが先行していると感じてなりません。

 

お話では、

人間の能力の成熟には順番があること、

だから基礎的な身体能力、内臓感覚を

   鍛えることに先に取り組まなければいけないこと、

栄養と刺激が大事だということ、

発達障害という診断の付きやすい子は実は

   とても能力の高い子だということを教えてもらいました。

 

以前のお知らせの中で、

島根の「夢の森こども園」のことを取り上げましたが、

この園での取り組みでも、発達障害の子供さん方が、

食事と栄養、そして発達支援によって、

どんどん元気になり、

クスリも次々と断薬している例をご紹介しました。

 

発達障害や精神的な薬物の投薬件数が

全国的に高くなってしまった佐賀県だからこそ、

何とか多くの方に知ってほしいと願っています。

 

ご興味のある方は、気軽にお尋ねください。

解決法はひとりひとり違うはずですが、

まず、クスリを使わない方向もあるということを

ぜひ知ってほしいと思っています。

 

 

漢方の宮崎薬局

https://www.miyazaki-y.jp/