退職金トラブル

テーマ:


”ささ”の法律相談    『退職金トラブル』



就業規則、労働協約等に支給条件を明示している場合


会社側には、退職金の支払い義務がありますてんとうむし


就業規則、労働協約等に支給条件を明示していなければ支払いの義務はない


ということになりますが…


ほとんどの企業は、退職金制度を実施しています


近年、この退職金に関するトラブルも増えてきています


時には、訴訟にまで発展するケースもドンッ



ビル会社側


しばらく退職者がいなかったため


ずっと昔に作成した退職金規定をそのまま放置した状態に…時計


経営者の代替わりによって、退職金規定は迷宮入り…といったケースもオバケ


そして


いざ退職者がでた時


初めてその存在に気づき


退職金のための資金を慌てて作るあせるといった状況が起きてしまうのですガーン


退職金支給は、多額の資金が必要となります¥


資金が不足していることを理由に退職金を支払えないでは済まされませんDASH!


会社側は


宝石ブルー退職金規定をしっかり把握しておくこと


宝石ブルー常にきちんと整備しておくこと


が大切です



男の子退職者側


退職金が支給されな時


まず、勤務先の就業規則を確認してくださいサーチ


普段見る機会はあまりないものですが


会社は、就業規則を作成して労働基準監督署に届け出しなければならないことになっています


就業規則で、退職金支給基準の確認ができたら


なるべく早く、請求をベル


  ※退職金請求権の消滅時効は5年です




ランキングに参加しています にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 広島ブログ
                          日本ブログ村       広島ブログ

 

  笹川司法書士・行政書士事務所

         当事務所運営サイト


相続・遺言相談所 ///借金・債務整理相談所   離婚相談所   
”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談 //////////”ささ”の法律相談