新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株は世界の株式市場に多大な影響を与えています。昨年まで月足で9年連続上昇というハイパフォーマンスの11月も今年はまさかの大陰線を引きました。


しかし、売りが一巡したここはチャンスとなります。足もとで改めて物色ターゲットとして浮上しているのが、ウィズコロナ環境でもリオープン(経済再開)環境でも収益性に影響が出ないデジタル関連のソリューションを手掛ける企業群です。


週末3日の国内株式市場は買い優勢の地合いとなりました。前日の米国株市場でNYダウが600ドルを超える上昇で今年最大の上げ幅を記録したことを受け、日経平均株価も切り返しに転じ2万8,000円台を回復、高値引けとなりました。


値上がり銘柄数は全体の9割以上を占め、不透明な相場環境にあっても既に売り飽き気分が台頭していることを物語っています。オミクロン株の実態把握がまだできていない段階でも、株式市場はこの悪材料を日柄的に織り込むことは可能と思われます。


市場関係者の間では「テクニカル的には国内株式市場は大底圏にある。投資マインドはかなり冷え込んだ状態だが、こういう場面が得てして買い場となっている」という証券ストラテジスト声も出ています。


2日の時点で東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)は70%を割り込む水準で、マザーズ市場に至っては64%台まで水準を切り下げていました。


つまり陰の極にあります。また、日経平均株価の75日移動平均線は2万9,000円近辺を横に走っていますが、時価はそこから依然として1,000円近くも下方カイ離した状態にあります。仮にここからもう一段下に振られることがあっても、強気に買い下がるスタンスで対処して報われる公算が大きいと想定します。


企業のデジタル化投資需要は旺盛を極めています。新型コロナウイルスの影響もあって、業務合理化に際し、 ビッグデータや人工知能(AI)、あるいは IoT技術を採り入れる動きが活発化しています。


かつてはAI関連というと成長期待はあっても足もとの収益が伴っていない銘柄が少なくなありませんでしたが、最近では業績面でも好調に収益拡大トレンドをたどる銘柄が数多く輩出されています。


これまで人間の労働力を使ってアナログ的に処理していた案件にデジタル技術を活用したソリューションを加え、飛躍的な効率化やコストダウンを図るいわゆるデジタルトランスフォーメーション(DX)へのシフトが官民を問わず急速に進んでいます。その流れが、AI・DX関連銘柄の株価を強く刺激しています。


【4373】シンプレクス・ホールディングス、【3906】ALBERT、【3132】マクニカ・富士エレホールディングス、【2327】日鉄ソリューションズ、【3626】TIS。




※無料で銘柄相談も承っております。
※有力な情報配信も行っておりますので下記URLよりご確認ください。

https://snap-up.jp/