私の会社では毎朝の朝礼で、

「一般社団法人倫理研究所」発行の

「職場の教養」を読んで感想を述べ合っています。


今日は最近気になったお話を紹介します。

 

 

最後までやり切る

 

料理が趣味のIさん。

休日はインターネットで検索したレシピを使って、

妻や子供に手料理を振舞っています。

 

ある休日、午前中に食材の買い出しを済ませ、

下ごしらえにも時間をかけて夕食を作りました。

それをおいしそうに食べる子供たちは

笑顔に溢れていました。

しかし妻だけが怪訝な顔をしています。

 

Iさんが理由を聞くと、「料理をするのはよいけれども、

朝からキッチンを独占して張り切って作ったのならば、

最後の皿洗いや食器の後始末までしっかりやってね」

とズバリ指摘されたのです。

 

その言葉にIさんは、心の中を見透かされたような

気がしました。

メニューを考え、食材を買い込み、料理を作り、

食べるところまでで満足し、後始末はいつも妻に

押し付けていたのです。

 

「有終の美を飾る」と諺にあるように、

家事も仕事も何事でも、締めくくりまで

しっかりとやり遂げることが、立派な行いなのです。

 

 

【一般社団法人倫理研究所発行

「職場の教養 2020年6月号」6月6日より転載】

 

 

普段料理をしない男性がよく陥るパターンですね。

食材も値段を気にしないから家計を預かる主婦に

とってはありがた迷惑な面も…

 

普段料理をしない人は作って満足なので、

後始末まで気が回らないのかもしれません。

 

このような事例に限らず、後始末まで

しっかり行うことで物事は完結します。

後始末を怠るとそれまでのことが

台無しになってしまうほど後始末は

たいせつなのです。

 

しっかりやり遂げる人は信頼もありますし、

そのような人には自然と仕事も舞い込んでくるでしょう。

信頼というのはそうやって重ねていくのだと思います。

 

『何事も最後までやり切る』癖をつけることで、

違った未来が見えてくるかもしれません。

いきなり大層な事ではなく、普段のちょっとしたことから

やり切ってみると自然と身についてくるのではないでしょうか。

 

私の会社では毎朝の朝礼で、

「一般社団法人倫理研究所」発行の

「職場の教養」を読んで感想を述べ合っています。


今日は最近気になったお話を紹介します。

 

 

物を探す時間

 

入社八年目になるKさんは、

多忙な業務をこなしています。

 

デスクには書類が乱雑に置かれ、

引き出しの中は文房具や名刺で

あふれかえり、必要な書類を

見つけることも困難でした。

 

ある日、大切な書類を紛失してしまいました。

上司から「一日の業務を終える時に、五分間だけでも

デスクを整理整頓しなさい」と指示されました。

 

そこでKさんは「使ったものは元の位置に戻す」

「上司の確認が必要な書類、確認済みの書類を分ける」

などの整理整頓を心がけました。

 

すると、資料を探す手間を減らすことができ、

集中して仕事に取り組めるようになったのです。

 

人は探し物で、年間数十時間も

浪費しているといわれています。

その時間を減らすことができれば、

仕事もプライベートもより充実したものとなるでしょう。

 

私たちの生活は多くの物によって支えられています。

物を大切に扱い、感謝の心で整理整頓に

取り組みたいものです。

 

 

【一般社団法人倫理研究所発行

「職場の教養 2020年5月号」5月30日より転載】

 

 

今私が気になっているのはパソコンの

デスクトップのフォルダです。

作成した資料やデータを保管しているのですが、

整理したつもりがいつの間にか必要なファイルを

探す羽目に…

 

人は探し物で年間数十時間浪費しているというのは

あまり意識していなかった人も多いのはないでしょうか。

 

物に溢れかえる現代だからこそ整理整頓は

とても大切になってきます。

本文にもあるようなルールを作って運用する。

これが一番手っ取り早くて確実な方法だと思います。

 

整理整頓をすると見た目だけでなく気持ちもスッキリします。

自分の物が片付いたら今まで見て見ぬふりをしていた

共用スペースの整理整頓に取り掛かろうかと思案中です。

 

私の会社では毎朝の朝礼で、

「一般社団法人倫理研究所」発行の

「職場の教養」を読んで感想を述べ合っています。


今日は最近気になったお話を紹介します。

 

 

快適な空間作り

 

あなたの自宅は物で溢れていませんか?

「そのうち使うから」と、タンスや下駄箱、

押し入れなどに靴や衣類、数々の備品が

眠っていないでしょうか?

 

整理整頓は大切だと思いながら、「時間がない」

「仕事で忙しい」「そのうちやろう」と片づけを

引き延ばし、最後には身動きの取れない状態に

なって困っている人は案外多いようです。

 

倫理研究所が刊行している『万人幸福の栞』には、

「物は人と同じように働きがあり、大いにその存在を

認め、最大限に活用していくことが肝心である」という

文章があります。

 

物を大事に保管することと放置することは、

似て非なるものです。

「部屋が片づかない」という前に、まずは、

使わない物の存在をしっかりと認識しましょう。

 

使用する目的が曖昧で、いつ使うかどうか

わからない物は、人に譲るなり、リサイクル

するという考え方で対処してみてはいかがでしょう。

 

一つの物が片づくと、その分だけ気持ちも

リフレッシュできるものです。

 

【一般社団法人倫理研究所発行

「職場の教養 2020年4月号」4月18日より転載】

 

 

「断捨離」という言葉が一昔前に流行りましたが、

「片づけ」は人間の永遠のテーマのようです。

物に溢れている現代社会では物を大切にする

という意識が薄れているのも「片づけ」ができない

要因かもしれません。

 

ただ「片づけ」には脳の回路を整理するという

効果があるということが発表されています。

なるほど一理ありますね。散らかっていると

思考も低下し、やる気も起きなくなります。

 

忙しない現代社会では「片づけ」の優先度は

決して高くはないでしょう。

別にしなくても生活はできますし、度が過ぎなければ

誰に迷惑をかけるわけでもありません。

 

物にはそれぞれ役割があり、それを使う人が

いることでその存在は輝きます。

よく使わないものを「眠っている」と表現しますが

言い得て妙ですよね。

 

本文にもあるように使わない物でも

他の人が必要としているかもしれませんし、

たとえ使えなくなっていても部品取りや

直して使う人がいるかもしれません。

 

家に居る機会が多い最近は、「片づけ」に

良いチャンスと捉え、無理のない範囲で

チャレンジしてみてはいかがでしょうか。