子供さんにも教えたい‟当たり!”の本 | 40代からの自分再生ストーリー 色を味方にイキイキ輝く毎日を!

40代からの自分再生ストーリー 色を味方にイキイキ輝く毎日を!

アラフォー以上の似合う服が分からなくなってしまったあなたへ。今こそ自分自身を見直すチャンスです。名古屋のほめ達!パーソナルカラーアナリストの私が、色を通じてあなたの魅力と笑顔を引き出すお手伝いをします。似合う色を身にまとい輝く毎日を過ごしませんか。


テーマ:

もちろん個人的見解

当たり爆  笑

ですけれど

 

ステキな本に出逢いました音譜

 

 

図書館に受取りに行った時は

 

「どういう経緯でこの本を

予約したんだっけ?」

 

と、記憶をたどった

”勢い予約”の一冊だったのですがあせる

 

「遺伝子」

キーワードになっていた時期の

直感が御縁を繋いでくれましたクローバー

 

 

 

十年前の2009年に発行された

遺伝子工学の分野で著名な

当時 筑波大学名誉教授

村上和雄の著書。

 

 

見開きの

 

「この本は

いわば私の50年の

遺伝子研究の総決算書であり

また新たな挑戦への

決意書ともいえます。」

 

の一文から始まります。

 

 

☝表紙写真の右下の

『子供にも教えたい』

には大いに納得OK

 

 

ルビこそ振られていないものの
中学生くらいのお子さんが読んでも

分かりやすく簡潔な文章です合格

 


そして

大のオトナが読んでも

改めて遺伝子の働きからなる

生命の不思議と神秘を

再学習できます。

 

自分のかけがえのない生命に

心からの感謝を

伝えたくなること必至ですハート

 

***********

 

26 生命のありがたさ

 

進化生物学者の木村資生さんによれば、

この宇宙に一個の生命細胞が偶然に

生まれる確率は、一億円の宝くじが

百万回連続で当たるくらいの

とんでもない希少さなのだそうです。

人間は一人につき、その細胞を

六十兆個も持っている。

私たちの存在はそれほど「ありがたい」

ものなのです。

(「第三章 生命の不思議」より引用)

 

***********

 

また

遺伝子だけの話にとどまらず

村上氏が軽やかに薦める

(難解だったり説教臭かったりはなし)

生き方や人間の使命にまで

話は及びます。

 

***********
 

40 「人のため」に努力する

 

人の心は「他人のため」に

献身的に努力しているとき、

理想的な状態で働きます。

そのとき、よい遺伝子がオンになると

思います。

だから他人のために何かをすることほど、

自分に役立つことはありません。

自分の心を充実させたかったら、

人の心を充実させてあげること、

自分が成功したかったら、

人の成功を心から望むこと。

そういう生き方をすればいいのです。

(「第四章 スイッチ・オンの生き方」より引用)

 

***********

 

十年前の内容とは思えない

村上和雄氏の

 

『50年の遺伝子研究

×見えない世界への畏敬の念』

 

を綴った著書は

令和の時代にしっくりくる

内容だと感じましたキラキラ


ご興味のある方は
最寄りの図書館で予約を

してみて下さいニコニコ

宇都小百合さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ