本物の迫力『陶彩画』 | 40代からの自分再生ストーリー 色を味方にイキイキ輝く毎日を!

40代からの自分再生ストーリー 色を味方にイキイキ輝く毎日を!

アラフォー以上の似合う服が分からなくなってしまったあなたへ。今こそ自分自身を見直すチャンスです。名古屋のほめ達!パーソナルカラーアナリストの私が、色を通じてあなたの魅力と笑顔を引き出すお手伝いをします。似合う色を身にまとい輝く毎日を過ごしませんか。


テーマ:

先月 名古屋で開催されていた

草場一壽(カズヒサ)氏の

『30周年記念陶彩画(とうさいが)展』

行ってきました。

 



 

京都での個展を鑑賞された
ステキな友人のお薦めで

今回もご一緒してくれましたニコニコ

 

 

陶彩画(とうさいが)とは?

 

私も初めて知ったのですが

陶器の絵画。

 

通常、焼き物は多くても

3~4回の窯入れで完成をするそう。

 

ところが陶彩画は

陶板の下地制作の後に

十数回もの絵付けと窯入れ

繰り返すそうですポーン

 

 

友人が

『ぜひ本物を見て!!』

 

と言ったことに納得の

展示作品たち。

 

記念写真の紙パネルや

布にプリントされた宣伝用作品

とは比べ物にならない大迫力で

作品の前に立ち尽くしてしまいましたラブ

 

見る角度によって

色が変わるのも陶彩画の魅力乙女のトキメキ

 

 

草場氏の十数回に及ぶ

絵付けと窯入れ作業中に

「魂が吹き込まれたに違いない!」

と思う素晴らしい作品ばかりでした。

 

 

現在、全国を巡回中の個展。

 

名古屋は終了してしまいましたが

明日11/3~は大阪で。

http://kusaba-kazuhisa.com/exhibition/1716/

 

11/17~は東京銀座で開催されます。

http://kusaba-kazuhisa.com/exhibition/1721/

 

そしてなんと

入場無料です!!

 

(ヒュー口笛 太っ腹✨)

 

会場近くへお出かけの際は

草場一壽氏の陶彩画展へ

足を運ばれてはいかがでしょうか。

 

宇都小百合さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス