雑感

テーマ:

私の夏が終わりました。あとは仕事を頑張ります。

今回、5公演に参加予定でしたが、天候と仕事の具合から横浜を急遽キャンセルし、

名古屋と神戸をそれぞれ2公演参加しました。

うち2公演は帰りの列車等の時間から早抜けしないといけなくて、とても残念でした。

やっと休みの早い時間の開演になっても結局、以前と変わらない。

3時に開演しているのに、ゆっくり行動できないってどうなん。

 

途中のしつこいくらいの個人指導や子供との会話って必要ですか。

それで最後の方に参加できないファンが意外と多い事をご存知ですか。

今日もかなりの方が早抜けされてました。

時間の貴重さを比べるのもどうかとは思いますが、

最後のダブルアンコールのジェジュンの挨拶と個々の客の弄りの重さは、やはり違います。

舞台監督さん、時間管理をしてください。ご本人には無理そうなので、監督にお願いです。

プロの仕事の仕方があると思います。公演日でどうしてこんなに時間が動くのでしょう。

それに歌を聞きながら立つのとおしゃべり聞いて立つのは体力的消耗も違います。

体調が悪い方やご高齢の方もいらっしゃいますし、すべての人に満足度の高いとまではいいませんが、一定の配慮のあるコンサートをして欲しい。

今日は特に歌詞のミスも含め色々緩すぎた。

 

最後のボールなげも子供達が自分の席から通路の最前に移動して待っているのを

ジェジュンはしっているだろうか。子供だからいいではなく、席移動しないでという

ルールは誰にも適用されます。今度は子供づれで来る人が増えますよね。

朝練にしてもボール投げにしても、偶然と奇跡のうちはいいのですが、故意になると

興ざめになる。

そういう事をつらつらと感じ、公演的には昨日の方が良かったです。

 

勿論、満足の高い方もあるでしょうから人それぞれだと思います。

きっと満足している人も多いでしょう。

 

コンサートらしいコンサートが開催されるまで個人的には

当分イベント参加は休憩しようと思います。

いつ改善されるだろうと期待し続けたけれど、歌4割でおしゃべり6割と言われてしまうとこちらも辛いんです。以前はそれでも歌が16,7曲あった上での3時間半だったから。

でも他のサポートはちゃんとします。