明日が変わる捨活トレーニング

明日が変わる捨活トレーニング

一日一個、地道にコツコツ、続けていこう!



取材、メディア掲載のお申込みについては、こちらへお問い合わせください。




7月27日、複業のトリセツ様に取材されました。


    整理整頓で効率よく!


9月25日発売 「週刊SPA!」扶桑社に取材されました。


 




1月23日、Cat-ch!様に取材されました。


    簡単4ステップで「片付けられない」がなくなる習慣術


 




セミナー情報はこちらからも受付中


初回限定お試しプラン→はじめてご利用いただくお客様限定


1day捨活トレーニング


捨活トレーニング

    おうち丸ごとプラン・引越しプラン・実家の片づけ親孝行プラン


    詳細はこちらから→


    セミナー情報ははこちらからでも受け付け中




【個別相談会】捨活アドバイザーが伝える片づけ入門講座


今すぐ実行できる捨活トレーニング入門編


捨活トレーニング®2級認定講座



アイリスオーヤマのアンバサダーです。



 

あと1日で平成が終わります。

私にとって平成は女としての上り坂で、出産、子育て、仕事

そして今、人生を降り始めたところです。

新しい元号の時代では

水が高い所から低い所へ流れていくかのごとく、

無駄がなく、淀みがなく、力みもなく、

自然にものごとが流れていくように

しなやかに生きていきたいと思っています。

 

以前、ブログで書いた肉離れは完治しましたが

平成最後に帯状疱疹になってしまいました。

雅子様が罹られたことで話題になったこともある『帯状疱疹』

ピリピリ、チクチク、これが痛いのなんの・・

忘れたころにやってくる大人の水疱瘡と言われています。

小さい頃かかった水疱瘡のウイルスが長い間体に潜んでいて、

免疫力が落ちたところで症状がでてしまう病気のようです。

 

帯状疱疹は大人の1020%がかかるともいわれています。

もしも、帯状疱疹なってしまったら早めに治療!

『お疲れサイン』 と思って、そしてゆっくりやすんで下さいね。

 

ゆっくり休みたくても、毎日の家事や生活はあります。

 

 

かつて、幼児を抱え、フルタイムで働いていたとき、

みのひとつは炊事でした。

「一汁三菜、栄養バランス」を考え、ご飯は手作り至上主義

思い込み、家族の食事の用意に苦悩していました。

簡単に食卓を調えるための知恵もなかった。

夫が「今夜は夕飯はいらない」と言い置いて

出かけるときの開放感と言ったらもう天国のようだった気がする。

今にして思えば、あの頃の私は簡単に食卓を整えることが

どうしてできなかったんだろう?

手作り信仰やバラエティな食卓なんて、

あの頃の私に言ってあげたかった。

やめてしまえばよかったのにと・・・

やめた方が変われたし、あの頃、どうしてあんなに手作りという

言葉やレシピ本、調理器具に依存していたのだろう。

お惣菜を買ってきて、料理とは全然違う本を読んでいたほうが

絶対、笑顔の数も増えていたはずだったと思う。

 

 

夫が単身赴任をしたり、息子が一人暮らしを始めて、

自炊するようになって

「カレーを作ったら3日間カレーだよ」とか

「納豆ご飯」が主食、などと聞くと

食事にそこまで気を遣わなければいけないとと思っていたのは

単に私の思い込みだったような気もします。

いや、絶対思い込みなのです。

ある程度の開き直りは、女には

必要であると思う。

いまさらながら、家族に好きな料理は、と聞くと

気合の入ったこだわり料理ではなく、

我が家でしか通用しない名前のない料理だった。

 

 

最新情報

★ セミナーのご案内

 

「ワンランク上のスタイルにチェンジして自分を輝かせたい方」
「魅力ある大人にふさわしい品と教養を身につけ心豊かに人生を

楽しみたい方」

「健やかに美しく自信を持って新たなチャンスに臨みたい方」

ご自身にぴったりのプロを見つけて、

新しい自分磨きにお役立てください。 私も参加しています。

 

オトマナとのコラボセミナー

 

岡田敏子

セミナープログラム事前予約のページ