たまにはTSUKIでも眺めましょ

======================================
髙坂 勝 [ Masaru Kohsaka ]    
http://umininaru.raindrop.jp/masarukohsaka
講演や取材のお問い合わせは、
oh.moonsetアットマークnifty.com/
090-9322-8722
======================================
Organic Bar 《 たまにはTSUKIでも眺めましょ
は 2018年3月をもちまして閉業。
14年間、ありがとうございました。
http://urx.nu/8Sz2
-------------------------------------------------------------------
著書
次の時代を、先に生きる
減速して自由に生きる ダウンシフターズ
http://ur0.work/z9A8
-------------------------------------------------------------------
食べ物、電気、家、仕事・・・を自給自立したい人は
NPO SOSA PROJECT 》 へ!
https://sosaproject.jp.net/
-------------------------------------------------------------------
未だ経済成長!ってどう?!
脱成長ミーティング
http://umininaru.raindrop.jp/datsuseichou
-------------------------------------------------------------------
 緑の党 グリーンズジャパン
脱原発/脱経済成長/脱お任せ民主主義!
初代共同代表の大役は降りましたが
引き続きご注目を!
http://greens.gr.jp/
-------------------------------------------------------------------
イベントなどをメルマガで不定期に発酵しています。
ご登録はこちらから↓
 http://www.mag2.com/m/0001490390.html
-------------------------------------------------------------------
フジTV 【ユアタイム】で特集
「田んぼで描くダウンシフト生活」
https://goo.gl/photos/Vc6n1QgUPLdJmvio8
NHK-BS【ニッポンぶらり鉄道旅】に出演
https://goo.gl/OFPfKw  (3分30秒辺りから)
NHK-Eテレ【オトナへのトビラTV】で放送された
「いいかげんな働き方って」(2013.8.22)の映像。
http://p.tl/iHK0

NHK 政見放送に出演(字幕つき)
http://p.tl/b37B
経済成長についてインタビュー掲載
http://ishes.org/project/responsible_econ/enquete/enq028_kosaka.html
移住の取組を「週刊女性』 (2017.5月号)が特集
http://www.jprime.jp/articles/-/9663
直近の大手記事 2017.8.3 朝日新聞夕刊
『降りるのは怖いけれど』
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13070740.html

======================================

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-12-18 10:20:08

1日100食限定の商売が!?

テーマ:ブログ
 
毎日、いろんなニュース、
経済と経営の記事を読むが、
嬉しい記事を拾えた!
 
成長拡大だけが、
ビジネスや経済ではない。
 
これからの時代、
むやみな拡大は、
逆にビジネスや経済において命取りになる。
 
 
タマツキでも、
SOSA PROJECTでも、
実践して伝えてきたことであり、
二冊の自著や共著でも、
いやってほど書いてきたことだ。
 
というのは、
今年、ウーマン・オブ・ザ・イアーに選ばれた、
1日100食限定のステーキ屋さんの記事だ。
 
なんだか、俺自身が受賞した気分だ(^^)
(ま、「賞」なんていう仰々しいものには興味ないが、
  こうしたナリワイ論やビジネス論や経済論が、
   世間に知られることが嬉しい!)
 

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO38944510U8A211C1TY5000?channel=DF130120166018&style=1&n_cid=NMAIL007

 

 

限定商売こそ、ナリワイになる!

ずっと伝え続けてきた(^^)

 

最近の講演などでも、

こんなスライドを使いっている。

 

 

 

記事の中で、

受賞した彼女の言葉が光る。

 

「長時間労働の外食産業で残業ゼロ」
「持続可能なビジネス」
「100食が完売すれば、
  店には従業員が普通に暮らせる所得が入る。
   ランチ時間だけで店を閉め、
    従業員は家庭の時間が持てる」
「完売が近づくにつれ、
  客に『ありがとう』と感謝し
   店員のテンションが上がる」
「1000万円ある夫婦2人の年収が
  3分の1になってもいい」
「夫婦で年収500万円くらいを稼ぎ、
  豊かで幸せな暮らしと両立する人が
   広がればと願う」
「人気なんだからもっと売ればいい」と周囲は言う。
  でも中村さんは
   「巨大な外食企業にする気はない。
     小さくても従業員が
      気持ちよく働ける店舗を
       いくつも作りたい」
 
今後は「50食限定」の店を展開する予定だそうだ(^^)
 
 
話かわって。
 
原発輸出が頓挫した安倍の成長戦略。
トルコへの原発輸出はダメになった。
イギリスへの輸出も厳しい。
にもかかわらず、経団連会長は諦めない、
という。
 
日立、英原発計画「困難」
    中西会長 国の輸出戦略、暗礁に
 http://news.asahi.com/c/ao1ydYsNkrayyha6
 
 
経団連や巨大企業のお偉いを引き連れて、
政府専用ジェット機で海外を回って、
金かけて、時間かけて、このザマだ。
頓挫して、良かったと思う。
 
頓挫して、嬉しい(^^(/
 
 
〜〜〜〜〜〜〜
 
毎年恒例
  寺田本家酒蔵ツアー
1月14日(祝日月曜日)
 

みなさん、こんにちは。
師走も半ば、
2018年も残す所わずかになりました。

政治には落胆と怒りの毎日です。
が、
毎日は過ぎてゆくもの。
淡々と足るを知り、
心に豊かさを持って、
自らが信じる未来を創っていきましょう。


Organic Bar【 たまにはTSUKIでも眺めましょ 】
そして、
9月〜11月にかけてのタマツキアゲインも、
完全に終了いたしました。
14年間お世話になった池袋からも、
完全撤退してまいりました。

長きにわたり、
本当に、本当に、
ありがとうございました(^^)

そして今後とも、
千葉県匝瑳市を拠点に、
様々活動を通じ、
情報も発信してまいりますので、
どうぞよろしくお願いします。


=========================
1.14【 寺田本家酒蔵ツアー  】参加条件を緩和!
=========================

毎年恒例
  寺田本家酒蔵ツアー
1月14日(祝日月曜日)。

今まで、
タマツキに来たことあって、

かつ、
寺田本家に行くのが初めて、
なる二つの条件をクリアした方だけにご案内でした。

そんな条件とて毎回キャンセル待ちが10人くらい出る、
という感じでしたが、、、、

次回1月14日のツアーのお申し込みは、
3月末でタマツキを閉じた事もあり、、
(9〜11月に時折タマツキアゲインしたものの)、
今年は現在40人のお申し込みで、
まだ一ヶ月先とはいえ、席に余裕がありそうです。
(あと、少なくて12人くらい、
   多くて20人くらい、大丈夫かな〜
!)

なので、
上に書いた二つの条件を解禁します(^^)


ですがなるべく、
 「タマツキ」や
  「ダウンシフト」や
   「寺田本家のお酒」や
そういう世界観をお持ちでない方は、
お友達であろうとも誘わないでくださいね(@@);

お酒さえ飲めて酔っぱらえればいい、とか、
くだをまく、とか、
寺田本家のお酒のありがたさをわからない方には、
参加をご遠慮いただきたいのが本音なのです、
すいません。

それは意地悪でなく、
経験則から来ています。

そういう方が来ると、
場を壊す、
という過去が何度かありましたし、
また、
平気で人としてのマナーを汚したり、
「金払っているんだから」的な行動になられたり、
二つのルールを敷くことにした経緯があるのです。

参加者皆さんに楽しんでほしい一心ですし、
その場を壊すような可能性がある方は、
申し訳ありませんが、ご遠慮いただこうと思う次第なのです。
主催者のワガママとしてお許しくださいm(._.)m。

ということで、
二回目以降の方でも歓迎ですし、
タマツキに来たことないけど、
行きたかった、という方も、
お申し込み承ります(^^)
 
詳細やお申し込みは以下より。

https://kokucheese.com/event/index/535876/

 

 

 

⭐️  髙坂 勝  情報

 

 

・1.19(土)18:30〜  木更津ひととわ

       にてビオワインを飲みながらトークです。

https://m.facebook.com/hitotowa/photos/a.1638933079737695/1973350359629297/?type=3&_rdr

 

・1.27(日)14:00〜 脱成長MTG@江戸川橋

  社会的連帯経済について学びあいます。

http://umininaru.raindrop.jp/datsuseichou/tuo_cheng_zhangmitingu/di17hui_kai_cui_jiang_zuo.html

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
ハーバービジネスオンライン連載『たまTSUKI物語』

 

 
 
以下の本の3章と4章で、
私・髙坂も、
平田オリザさんと藻谷浩介さんに混じって鼎談しています。
 
以下の本の第6章全体で、
髙坂/タマツキ/移住者のことを取り上げてくれています。↓

 

2018-12-16 11:19:04

1.14【 寺田本家酒蔵ツアー 】参加条件を緩和!

テーマ:ブログ
 
毎年恒例
  寺田本家酒蔵ツアー
1月14日(祝日月曜日)
 

みなさん、こんにちは。
師走も半ば、
2018年も残す所わずかになりました。

政治には落胆と怒りの毎日です。
が、
毎日は過ぎてゆくもの。
淡々と足るを知り、
心に豊かさを持って、
自らが信じる未来を創っていきましょう。


Organic Bar【 たまにはTSUKIでも眺めましょ 】
そして、
9月〜11月にかけてのタマツキアゲインも、
完全に終了いたしました。
14年間お世話になった池袋からも、
完全撤退してまいりました。

長きにわたり、
本当に、本当に、
ありがとうございました(^^)

そして今後とも、
千葉県匝瑳市を拠点に、
様々活動を通じ、
情報も発信してまいりますので、
どうぞよろしくお願いします。


=========================
1.14【 寺田本家酒蔵ツアー  】参加条件を緩和!
=========================

毎年恒例
  寺田本家酒蔵ツアー
1月14日(祝日月曜日)。

今まで、
タマツキに来たことあって、

かつ、
寺田本家に行くのが初めて、
なる二つの条件をクリアした方だけにご案内でした。

そんな条件とて毎回キャンセル待ちが10人くらい出る、
という感じでしたが、、、、

次回1月14日のツアーのお申し込みは、
3月末でタマツキを閉じた事もあり、、
(9〜11月に時折タマツキアゲインしたものの)、
今年は現在40人のお申し込みで、
まだ一ヶ月先とはいえ、席に余裕がありそうです。
(あと、少なくて12人くらい、
   多くて20人くらい、大丈夫かな〜
!)

なので、
上に書いた二つの条件を解禁します(^^)


ですがなるべく、
 「タマツキ」や
  「ダウンシフト」や
   「寺田本家のお酒」や
そういう世界観をお持ちでない方は、
お友達であろうとも誘わないでくださいね(@@);

お酒さえ飲めて酔っぱらえればいい、とか、
くだをまく、とか、
寺田本家のお酒のありがたさをわからない方には、
参加をご遠慮いただきたいのが本音なのです、
すいません。

それは意地悪でなく、
経験則から来ています。

そういう方が来ると、
場を壊す、
という過去が何度かありましたし、
また、
平気で人としてのマナーを汚したり、
「金払っているんだから」的な行動になられたり、
二つのルールを敷くことにした経緯があるのです。

参加者皆さんに楽しんでほしい一心ですし、
その場を壊すような可能性がある方は、
申し訳ありませんが、ご遠慮いただこうと思う次第なのです。
主催者のワガママとしてお許しくださいm(._.)m。

ということで、
二回目以降の方でも歓迎ですし、
タマツキに来たことないけど、
行きたかった、という方も、
お申し込み承ります(^^)
 
詳細やお申し込みは以下より。

https://kokucheese.com/event/index/535876/

 

 

 

⭐️  髙坂 勝  情報

 

 

・1.19(土)18:30〜  木更津ひととわ

       にてビオワインを飲みながらトークです。

https://m.facebook.com/hitotowa/photos/a.1638933079737695/1973350359629297/?type=3&_rdr

 

・1.26(土)14:00〜 脱成長MTG@江戸川橋

  社会的連帯経済について学びあいます。

http://umininaru.raindrop.jp/datsuseichou/tuo_cheng_zhangmitingu/di17hui_kai_cui_jiang_zuo.html

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
ハーバービジネスオンライン連載『たまTSUKI物語』

 

 
 
以下の本の3章と4章で、
私・髙坂も、
平田オリザさんと藻谷浩介さんに混じって鼎談しています。
 
以下の本の第6章全体で、
髙坂/タマツキ/移住者のことを取り上げてくれています。↓

 

2018-12-11 01:25:48

2018年 SOSA の活動 めでたく終了! 感謝(^^)

テーマ:ブログ
毎年恒例の髙坂主催、
  寺田本家酒蔵ツアー
1月14日(祝日月曜日)開催。
お申し込みはお早めに!
59人締切で、残り25席です!
(タマツキに来たことあって、
  でも酒蔵ツアーは初めてに方、優先です。
   その優先も来週は条件を緩める予定!?)
詳細やお申し込みは以下より。
 
 
今年の SOSA PROJECT のイベントや行事、
ほぼ終えた。
 
一年を通して写真を撮ってくれ倉田爽さんが、
収穫期の写真を
皆が見れるようにUPしてくれた。
https://drive.google.com/open?id=1KukYoQ23ftCK_i9GSHjDO7yqwUicMpFs
 
是非是非、見て欲しい↑。
 
嬉しいのは地元の方々の姿も入っていること。
地元の想いある大先輩のおかげで、
俺たちの活動があると言って過言ではない、
本当に感謝感謝。
 
 
上の写真は、
大きな台風で杉が折れて斜めになっている折、
その下の坂道を多くの人が通るので
いつ倒れるか危ないからと、
日頃お世話になっている年輩者たちが協力しあって、
その木を切り倒し、刻み、道の端にどけてくれた。
書くのは簡単だが、
生木の大木を処理するのは大変なことだ。
 
彼らより遥かに若い俺は何もできず見守るだけ。
70歳前後の方々が汗と知恵を出し、
問題を解決する。
その体力にも感動せずにはいられない。
俺が70歳になった時、
この作業ができるか、正直自信ない。
 
 
 
土曜日の夜は、
小屋作りのメンバーと忘年会。
 
何人かが小屋に泊まるというので、
SOSA PROJECT 開設時からお世話になっている
地元の増田さんとともに、
午後から薪ストーブの煙突を取り付けた。
増田さんは何でもできる達人だ。
俺は屋根に登り、
その助っ人をするのみ。
手伝ってくれた佐倉さんと畠山さんもありがとう。
 
この薪ストーブは、
兵庫県明石でスモールハウスを一人で作っている、
山崎豊さんが寄贈してくださったもの。
とてもおしゃれでかっこいい!
 
メンバーが夕方5時から集まるということで、
やはりここでも増田さんが丸太を玉切りしてくれて、
3段に組んでキャンプファイアーに。
その迫力と火力のすごいこと!
こんなことは絶対に都会者にはできない!
上着脱いでも大丈夫なくらい、暖かい(^^)
 
 
俺は、
風呂小屋の屋根と床が完成してないものの、
ドラム缶風呂を薪で沸かす。
薪で焚くお湯は違うのだ〜、
体が芯から温まる、最高!
星を見ながらの露天風呂なのだ。
 
メンバーが手作りの美味しいお料理、
そして安心で最高のビールや酒類を飲み、
風邪ぎみなこともあったので、
少し早めの20時半頃、家路に着いた。
 
小屋に泊まった
いつもひょうきんで盛り上げ役の冨田さんに
薪ストーブの感想を聞いたところ、
「むちゃくちゃあったかいですわぁ!
   ロフトの床が床暖房状態ぽっかぽか!」
山崎さん、本当にありがとうございます。
 
 
日曜日は、
今年のマイ田んぼ一年生の方々の
オフィシャルでは最後の集まり。
30人が集まった。
 
午前中は、
地元の香取さんが注連縄作りを指導してくださった。
 
 
その間、
俺はみんなのリクエストで、
薪でご飯を炊く。
 
先日、倫理法人会で講演をした折に来てくださった、
匝瑳の海辺で地域おこしに取り組む紳士な I さんが、
見学にお越しになった。
地元の方々が興味を示してきてくれるのは、
何よりも嬉しい。
 
午後は、
大豆収穫、畦直し、サツマイモ掘り。
ソーラーシェアリングの下の大豆で作った味噌も、
7キロ完売!
 
以下の冊子も9冊売れた。
 
匝瑳のソーラーシェアリングの取り組みが
4ページ紹介されている。
 
 
東さん、椿さん、の両代表と、
左はパネルの下で耕す「スリーリトルバーズ」の
超(こゆる)さん。
 
 
俺たちの手作り小屋の内部とストーブの写真(上)や、
SOSA PROJECT の収穫祭の折の写真(下)。
 
 
小屋の外観(上)や、
SOSA PROJECT の移住者や参加者との写真(下)。
 
ソーラーシェアリングと SOSA PROJECT の
関係性も書かれている。
 
 
東さんと俺で一緒に立ち上げた株式会社「Re」の説明も、
簡単ではあるが書いてくれている。
 
 
 
匝瑳のソーラーシェアリングに深く関わる、
アウトドアの「パタゴニア」の日本支社長、
辻井さんが書かれた記事にも、
匝瑳のことが触れられていた。
パタゴニアの環境への行動は、すごい!
エコロジストなら誰もがリスペクトする会社、
それが「パタゴニア」だ。
 
イタリアの大手新聞に、
SOSA PROJECT の活動が紹介された。
 
 
 
週刊誌「サンデー毎日」でも、
髙坂や匝瑳移住者の近藤さんが取り上げられた。
ミニマリストの先駆者である
佐々木典士さんの紹介で、
タマツキアゲインに通ってくれた
ライターの松岡瑛理さんが筆をとってくれた。
 
 
 
先月あった、
マイ田んぼの収穫祭とソーラーシェアリングの収穫祭。
それぞれで気に入っている写真を一枚ずつ、
最後に。
 
ヨガ教室を営むチャミさんが、
「髙坂さんって突っ込みどころ満載ですよね」と
書き添えて贈ってくれた写真
 
 
ソーラーシェアリング収穫祭の折に、
和太鼓グループ「TAWOO」の演奏姿に写真。
(山口勝則さん撮影)
 
 
 

 

⭐️  髙坂 勝  情報

 

 

・1.19(土)18:30〜  木更津ひととわ

       にてビオワインを飲みながらトークです。

https://m.facebook.com/hitotowa/photos/a.1638933079737695/1973350359629297/?type=3&_rdr

 

・1.26(土)14:00〜 脱成長MTG@江戸川橋

  社会的連帯経済について学びあいます。

http://umininaru.raindrop.jp/datsuseichou/tuo_cheng_zhangmitingu/di17hui_kai_cui_jiang_zuo.html

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 
ハーバービジネスオンライン連載『たまTSUKI物語』

 

 
 
以下の本の3章と4章で、
私・髙坂も、
平田オリザさんと藻谷浩介さんに混じって鼎談しています。
 
以下の本の第6章全体で、
髙坂/タマツキ/移住者のことを取り上げてくれています。↓

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス