たまにはTSUKIでも眺めましょ

======================================
髙坂 勝 [ Masaru Kohsaka ]    
http://umininaru.raindrop.jp/masarukohsaka
講演や取材のお問い合わせは、
oh.moonsetアットマークnifty.com/
090-9322-8722
======================================
Organic Bar 《 たまにはTSUKIでも眺めましょ
は 2018年3月をもちまして閉業。
14年間、ありがとうございました。
http://urx.nu/8Sz2
-------------------------------------------------------------------
著書
次の時代を、先に生きる
減速して自由に生きる ダウンシフターズ
http://ur0.work/z9A8
-------------------------------------------------------------------
食べ物、電気、家、仕事・・・を自給自立したい人は
NPO SOSA PROJECT 》 へ!
http://sosaproject.jp.net/
-------------------------------------------------------------------
未だ経済成長!ってどう?!
脱成長ミーティング
http://umininaru.raindrop.jp/datsuseichou
-------------------------------------------------------------------
 緑の党 グリーンズジャパン
脱原発/脱経済成長/脱お任せ民主主義!
初代共同代表の大役は降りましたが
引き続きご注目を!
http://greens.gr.jp/
-------------------------------------------------------------------
イベントなどをメルマガで不定期に発酵しています。
ご登録はこちらから↓
 http://www.mag2.com/m/0001490390.html
-------------------------------------------------------------------
フジTV 【ユアタイム】で特集
「田んぼで描くダウンシフト生活」
https://goo.gl/photos/Vc6n1QgUPLdJmvio8
NHK-BS【ニッポンぶらり鉄道旅】に出演
https://goo.gl/OFPfKw  (3分30秒辺りから)
NHK-Eテレ【オトナへのトビラTV】で放送された
「いいかげんな働き方って」(2013.8.22)の映像。
http://p.tl/iHK0

NHK 政見放送に出演(字幕つき)
http://p.tl/b37B
経済成長についてインタビュー掲載
http://ishes.org/project/responsible_econ/enquete/enq028_kosaka.html
移住の取組を「週刊女性』 (2017.5月号)が特集
http://www.jprime.jp/articles/-/9663
直近の大手記事 2017.8.3 朝日新聞夕刊
『降りるのは怖いけれど』
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13070740.html

======================================

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-06-07 21:07:46

ネットニュースで「SOSA Projectから始める地方移住」

テーマ:ブログ
 
 
マイナビ農業というウェブニュースで、
 
SOSA Projectから始める地方移住
   髙坂勝さんが語る農業と「ナリワイ」
なる感じで取り上げられました。
 
書いてくれたのは、
出版社からフリーになった寺田さん。
出版社勤務の時代から当店に来てくれていた方です。
 
読んで米作りしたくなる人は、
もう今年は米作りが始まっているので、
来年までお待ちを〜。
おそらく来年2月末には告知募集開始するでしょう。
 
楽しいですよ〜(^^)
 
 
半農半カメラマンの倉田爽さんが撮った、
田植えの方々の写真。
ステキです。

https://drive.google.com/open?id=16jIgnY11wRS2fc6wQxSLu_6d8FUH24xQ

 

その写真を見て、

田んぼ参加者から反応も!

 

ステキな写真をありがとうございます。
みんな生き生きして見えますね!
生き生きと撮っているからでしょうか。
なんて。
写真には自分が見ていなかった風景もあり、
まだまだ感じ取れるものがたくさんあるなぁと思いました。
写真を見返してひたっています。

 

スマホの画面では飽き足らず、

会社のアドレスに転送し

大きなディスプレイで拝見させていただきました。

皆さん充実感に溢れ生き生きしているのが

良く伝わってくる、

とても良い写真ばかりですね。

 

 

下は、
初めて田んぼ経験をした方々が
送ってくれた感想です!
読んでいて、ほのぼの、笑ってします。
当NPOの活動の雰囲気が伝わることでしょう(^^)
 
〜〜〜
 
仕事中ふと田んぼや皆様のことを思い、
ついニヤニヤしています
 
〜〜〜
 
マイ稲を田んぼへ入れたときの水温が思いのほか温かく驚きました。
収穫は、まだまだ先の秋ですが、摘みましたアシタバやミツバなど里山ならではの懐かしい味を早速に堪能しました。
少し太めの茎も、摘みたてなので柔らかで苦味も爽やかでした。
 
〜〜〜
 
今朝もモモ裏の張り(筋肉痛)とともに起きました。
泥の感触は10年以上ぶりかもしれません。おかげさまで楽しい1日でした。
明日葉はラーメンに、三つ葉はわかめスープに、せりは磯部和えにしておいしくいただきました。
 
〜〜〜
 
雇われたことしかない自分にとって、環境や人間関係を犠牲にしてでも、作業効率を高めてコストを下げて利益を出すことを求められることが当たり前になりかけていたのですが、昨日は、逆に環境や人間関係を大事にし、多少遠回りでも助け合っていけばいいじゃないという良い意味でのユルさを感じて、とても心地よかったです。
カエルの鳴き声が「ゆっくりやんなよ」って聞こえるぐらい(笑)
 
〜〜〜
 
田んぼはほとんど経験がなく初めてのことばかりで、
刺激的でした。
同時に、静かさと自然の音と太陽と風、
泥の感触をじっくり味わえました。
そんな環境にいても、
自分の中にどこか効率的でありたい感じや、
自分で全部やりたい感じ、
組織的に動きたい感じもありました。
でも田んぼに入ってみて、
その良さは、ゆっくりとしか歩けない!
というところだと気付きました。
それでも自分たちが食べる分くらい
生み出してくれるんだし。
効率性自体は悪くはないかもしれない。
でももっと自然に任せて、人に任せて、
ゆっくりやったらいい
という感覚が生まれたような気がします。
なんとなくですが。
昨日は仕事で、
暑熱馴化訓練ということで、
カッパマスク手袋すがたで走ったり
階段登ったりしました。
その途中に吹いた風が、
田んぼを渡ってきたように感じて、
すると太陽だってどこで浴びても同じだよな
などと思ったりしました。
外からは
真面目に訓練してるように見えたことでしょう。
いやちょっとニヤついてたか?(笑)
 
〜〜〜
 

以前参加した米作りは段取りがシステム化していて、

参加した人達の横のつながりが薄い感じでしたが、

こちらは田んぼの区分けから参加者任せなのが良く、

参加者の横のつながりが太くていいと思います。

こう言う形をと思っていましたので、

参加して良かったです。

 

〜〜〜
 
人生ではじめて田植え、ジワジワと感動が続いております。
はじめは泥の深さに足を取られ驚きましたが、慣れてくると泥の感触の心地良さ、鳥やカエルの鳴き声、元気に動きまわるたくさんのオタマジャクシ、クモ、トンボなどなどに癒され。目を上げるとそれぞれのペースで田植えする人たち、舞い踊る人たち。
こんな事を言うと気恥ずかしい気もしますが、自然ってこんなにいろいろな生き物が居たんだなぁ、自然に触れるのっていいなぁ、と改めてつくづく感じた次第です。
 
〜〜〜
 
初めての田植えでしたので、とても楽しみにしていました。
裸足で田んぼに入ってみたいと思っていたのですが、虫に食われた方の足をみてちょっとビビりました。が勇気を出して田んぼに足を踏み入れると、田んぼの土がとっても気持ちよくて最高の気分になりました。嬉しくて一人でキャーキャー言ってしまいました💖
稲を植えると腰が少し痛くなりましたが、自然の中で、とっても気持ちよく働けたことの感動が収まらず、夕飯を食べながらもずっと匝瑳の田んぼに思いを馳せていました。車で自宅へ帰ると、コンクリートジャングルで、世界が変わって見えました。私の住む街は、自然が多い方だと思っていたのに、全然自然がない…と感じてしまいました。
また、匝瑳に行くことがとても楽しみです。
 
〜〜〜
 
こんにちは!
今朝は、植えた苗が次の日、全部抜けて水面に浮いていて「なんでじゃー!」と号泣する夢で目覚め、正夢でないことを祈ります、、、(笑)
人生初の田植え、最初のうちは、早苗さんが見せてくれたように根っこを残しながら苗を引き出すことができずに、いましたが、少しずつコツをつかんできて(でも早苗さんのは、もっとスムーズに見えた(◎-◎;))苗の根っこから土の栄養分が吸い取られるイメージを抱きながら、右手で植えてみたり、左手で植えてみたり、苗の束を置いて植えてみたり、持ちながらやってみたり、、、、ふと見渡すとほとんどの人が終わりかけてて、隣のご夫婦にお手伝いしていただいてなんとか終わりました(お名前、ど忘れしてしまいましたスミマセン汗、奥様がコーラスをなされてるご夫婦です。ありがとうございました。)

そのあと、小島さんの田んぼの畔の落とし穴のようなぬかるみを埋めるお手伝い。他の場所も様々な方々が自分以外の田んぼに積極的にお手伝いされてて、なんて素敵な空間なんでしょ、と一人感動していました。

自分自身、いろんな田植えの試行錯誤に没頭はしているのですが、隣のご夫婦の助け合う会話が聞こえてきたり、遠くの方からお子さまのかわいい声が聞こえてきたり、振り向いたら紅天女のような舞を観ることができたり(まりりんさん素敵でしたよー)、真剣に植えている人、休み休み植えてる人、仲良くケンカする声が聞こえてきたり(笑)、ドローン飛んでるし(山口さん、動画期待してます!)
こんな劇的な田植えは、あまりない、というかSOSA projectだけなんじゃないですかね(^^)/

次回から大変な草取りが待っていますが、イワマさんがおっしゃったように稲が喜んでくれるように、雑草には申し訳ないけど(^^;)、マイ田んぼを手入れしていきたいです。

畠山くん、これからもハチに刺されませんように。少し洋服の色のバリエーション増やしてみれば?(笑)

村越くん、唯一の学生で参加、すごいと思います。僕が学生の頃なんて、ホントちゃらんぽらんだったから(笑)

行きに送ってくださった、田口さんだったかしら、名前間違ってたらごめんなさい
借り物の左ハンドルのBMWであの道を走るの、おつかれさまでした。ありがとうございます。

高坂さん、帰り送っていただいてありがとうございました。送り賃、お支払いするの忘れてたっ(×_×)次回、払いまーす。

まりりんさん、これからも少しずつ手話覚えようと思います。

青山さん、少しでしたが、移住のお話しありがとうございました。今すぐ移住したいわけではないですが、いろいろ思うところがあるので、また、じっくりききたいです。

SOSA projectのみなみなさま
今後ともよろしくお願いします!


 
 
 
====================
6/23(土)〜 「なりわい起こしラボ」
====================

【 若者向け「なりわい起こしラボ」 】
 
  (限定8名様募集で、
      すでに6名様の申し込み
            残り2名で〜す)
 
https://coubic.com/tsukurou-nariwai/365017

「自分は今のままでいいのだろうか?」

そんなことを自問自答したこと、ありませんか?
自分の将来に対しての見えない不安があったり、
現状がこれからも毎日続くかと思うとモヤモヤしたり、
会社での終わりなき競争や青天井の成果目標に疲れ果てたり、
その感覚は、現状に対する違和感です。
違和感は、自身の心の声なのかもしれません。
「自分は今こそ変わるときだ」
その違和感に "ナリワイ起こしラボ" は応えます!
 
(上の文章は事務局を担う町田さんが書いてくれました)
 
(続きは以下より)
https://coubic.com/tsukurou-nariwai/365017
フェイスブックの方は
https://www.facebook.com/events/196145991199366/

 

 

 

 
ハーバービジネスオンラインに、
久しぶりに記事を書きました。
連載になる予定です。

https://hbol.jp/166969

 

 

 

--  【 高坂 勝 HP 】  --
http://umininaru.raindrop.jp/masarukohsaka

 

 

--【 髙坂 勝  出演情報 】--

 

6/23(土)からスタート

【先着8名】若者向け「なりわい起こしラボ」

(残り2名で締め切り)

https://coubic.com/tsukurou-nariwai/365017

https://www.facebook.com/events/196145991199366/

 

 

7/28(土)18:00〜 脱成長MTG Vol.16

「先進国は脱成長に向かっても、

      途上国に脱成長・脱開発を求めることはできないか
         〜 途上国における成長・開発に代わるもうひとつの道」

    講師は日本国際ボランティアセンター(JVC)代表を

     もうすぐ退任される谷山博史さん

http://umininaru.raindrop.jp/datsuseichou/tuo_cheng_zhangmitingu/di16hui_kai_cui_jiang_zuo.html

 

 

--------

 

 
 
以下の本の3章と4章で、
私・髙坂も、
平田オリザさんと藻谷浩介さんに混じって鼎談しています。
 
以下の本の第6章全体で、
髙坂/タマツキ/移住者のことを取り上げてくれています。↓

 

2018-06-06 11:49:24

ナリワイお越しラボ 6/23〜 Start (残2名)at 稲毛

テーマ:ブログ
 
今日は、曇りか、雨か。
 
DIYをやりたい気持ちを抑えつつ、
溜まったパソコン作業を。
原稿やら、何やら、
いろいろ考えたり、構成を作ったり、
そんな日に!
 
 
さて、、、
 
====================
6/23(土)〜 「なりわい起こしラボ」
====================

【 若者向け「なりわい起こしラボ」 】
 
  (限定8名様募集で、
      すでに6名様の申し込み
            残り2名で〜す)
 
https://coubic.com/tsukurou-nariwai/365017

「自分は今のままでいいのだろうか?」

そんなことを自問自答したこと、ありませんか?
自分の将来に対しての見えない不安があったり、
現状がこれからも毎日続くかと思うとモヤモヤしたり、
会社での終わりなき競争や青天井の成果目標に疲れ果てたり、
その感覚は、現状に対する違和感です。
違和感は、自身の心の声なのかもしれません。
「自分は今こそ変わるときだ」
その違和感に "ナリワイ起こしラボ" は応えます!
 
(上の文章は事務局を担う町田さんが書いてくれました)
 
(続きは以下より)
https://coubic.com/tsukurou-nariwai/365017
フェイスブックの方は
https://www.facebook.com/events/196145991199366/
 
 
この企画の発起人であり、
『おそうじひとしずく』のナリワイを生きる、
黒岩浩也さんが、
以下の文章を書枯れています。
 

【この連続講座をさせていただくにあたって】

 

僕は自分なりの仕事を起こすということ

ウジウジと悩んだ時期がありました。
今でも心が浄化されたわけでないが、

当時の僕はダークサイドまっしぐらだった

生活も仕事も自分も全てが嫌で
そんな暗闇から引き上げてくれたのは仲間であり、

高坂さんであり、塩見さんだった

憧れの人になりたいと思い続けてきたから
今の自分があると思うのです

だから、昔の自分のような人がいたら
少しでも助けになりたい
はっきり言って自分自身のエゴです
本当はそれを通して

昔の自分にしてやれなかったことをするのかも

「悩んでる、ウジウジしてる、どうしたらいい」

いろんな思いや感情を抱えいる方是非ご参加ください

 

 

黒岩さん、ありがとうございます(^^)/
 
 
タマツキ閉店に伴い、
黒岩さんにナリワイについてトークしてもらい、
その折、タマツキ閉店の折には
店を掃除するワークショップにしようと、
提案してくれました。
 
閉店翌日におそうじWSを開催し、
その折、
ナリワイ講座をやりましょうと!
 
しかも、千葉県の稲毛という場所で!!!
 
東京から離れた千葉の郊外で開催するというのが、
なんだか、いいな〜、と思っています(^^)。
 
町田さんも、黒岩さんも、
想いの丈を告知文などに書いてくださりました。
 
 
その内容は、
まさに私が30歳で脱サラする前の時のことを
思い出させてくれます。
 
自分の未来に希望が見出せなかった。
「仕方ない」と諦めて、耐えて、
生きて行けばならなかったのか!
 
 
いえいえ、
そんなことないですよ!
 
一緒に、抜け出しましょう、
ダークサイドからお花畑へ(笑)
 
 
後、2名、お待ちしておりま〜す(^^)
 
 
【本ラボの内容】
Day1:2018/6/23(土) 18:00〜21:00
 「ダウンシフトを知る」
Day2:2018/7/22(日) 18:00〜21:00
 「ナリワイ創りを学ぶ」
Day3:2018/8/26(日) 18:00〜21:00
 「ナリワイ創り経験者に聞く」
Day4:2018/9/23(日) 18:00〜21:00
 「myナリワイを定義する」
Day5:2018/10/27(土) 18:00〜21:00
 「アクションプランを定義する」
Day6:2018/11/24(土) 18:00〜21:00
 「myナリワイへのアクションプランを共有する」
 
 
 
ハーバービジネスオンラインに、
久しぶりに記事を書きました。
連載になる予定です。

https://hbol.jp/166969

 

 

 

--  【 高坂 勝 HP 】  --
http://umininaru.raindrop.jp/masarukohsaka

 

 

--【 髙坂 勝  出演情報 】--

 

6/23(土)からスタート

【先着8名】若者向け「なりわい起こしラボ」

(残り2名で締め切り)

https://coubic.com/tsukurou-nariwai/365017

https://www.facebook.com/events/196145991199366/

 

 

7/28(土)18:00〜 脱成長MTG Vol.16

「先進国は脱成長に向かっても、

      途上国に脱成長・脱開発を求めることはできないか
         〜 途上国における成長・開発に代わるもうひとつの道」

    講師は日本国際ボランティアセンター(JVC)代表を

     もうすぐ退任される谷山博史さん

http://umininaru.raindrop.jp/datsuseichou/tuo_cheng_zhangmitingu/di16hui_kai_cui_jiang_zuo.html

 

 

--------

 

 
 
以下の本の3章と4章で、
私・髙坂も、
平田オリザさんと藻谷浩介さんに混じって鼎談しています。
 
以下の本の第6章全体で、
髙坂/タマツキ/移住者のことを取り上げてくれています。↓

 

2018-06-05 22:46:17

我が部屋の電気のオフグリッド成就、祝!

テーマ:ブログ
 
明日から雨模様。
お天道様が出ているうちに、、、
なんて思って、
庭でいろんな作業。
 
小さな畑には
新たにプチトマトの苗を植えた。
 
 
キッチンの棚作りもしたいので、
シミュレーションしたら
ストックの廃材だけでは足りず、
大き目の板を二枚仕入れもした。
 
 
去年仕込んだお醤油も、
最後の絞りをした。
 
写真右奥が醤油を絞っている様子。
 
 
手前にはフライパン。
今日は妻が留守で、
一人料理。
 
お世話になっている方がくれたジャガイモ、
道脇に生えている若いタケノコ。
それらをニンニクで焼いて、
塩とブラックペッパー。
途中で、
家で焼いたパンを突っ込んでフタをする。
 
男の雑な料理だが、うまい!
 
 
 
昨日から、
我がソーラーキットに、
「LEDテープ」をつないだ。
 
東京にいるときに仕入れて、
そのままダンボールに入れたままだった。
それを、ふと、思い出したのだ。
 
つないでみてびっくり!
これだけで部屋が充分に明るいじゃないか!!!
 
 
 
てなことで我が部屋で使う電気の全て、
ノートPC,、スマホ、PC用スピーカー、照明、
それら全てをオフグリッド化、成就(^^)
 
わずか、30ワットのソーラーパネル一枚で、だ!
 
 
少しづつ、電気の基本から学んで、
この家もオフグリット計画進行中!音譜
 
 
 
ハーバービジネスオンラインに、
久しぶりに記事を書きました。
連載になる予定です。

https://hbol.jp/166969

 

 

 

--  【 高坂 勝 HP 】  --
http://umininaru.raindrop.jp/masarukohsaka

 

 

--【 髙坂 勝  出演情報 】--

 

6/23(土)からスタート

【先着8名】若者向け「なりわい起こしラボ」

(残り3名で締め切り)

https://coubic.com/tsukurou-nariwai/365017

https://www.facebook.com/events/196145991199366/

 

 

7/28(土)18:00〜 脱成長MTG Vol.16

「先進国は脱成長に向かっても、

      途上国に脱成長・脱開発を求めることはできないか
         〜 途上国における成長・開発に代わるもうひとつの道」

    講師は日本国際ボランティアセンター(JVC)代表を

     もうすぐ退任される谷山博史さん

http://umininaru.raindrop.jp/datsuseichou/tuo_cheng_zhangmitingu/di16hui_kai_cui_jiang_zuo.html

 

 

--------

 

 
 
以下の本の3章と4章で、
私・髙坂も、
平田オリザさんと藻谷浩介さんに混じって鼎談しています。
 
以下の本の第6章全体で、
髙坂/タマツキ/移住者のことを取り上げてくれています。↓

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。