VMware Playerを使ってCentOS6.2(minimal)をインストールする | ヘビィ・SMD!

ヘビィ・SMD!

そんな・・・バナナ!!
1. 甘え度+10 恐れ度+10 寿命-1週間
2. 甘え度+10 恐れ度-10
3. 甘え度-10 恐れ度-10 寿命+1週間


テーマ:
CentOS6.2を入れようとしたら、昔とUI変わっててちょっと戸惑ったのでログります。
もちろん今回も、WinのPC上にあるVMware Player上でのインストールです。

まずは現在最新のCentOS6.2を入手します。
ミラーサイトから、minimalもしくはDVDをダウンロードしておきます。
minimalは最小構成なのでファイルサイズも小さいです。
DVDは1と2があるけど、2の方は言語追加だかなんだかで必要なので、1だけでも大丈夫。
ヘビィ・SMD!-2012-03-04_010437.png
VMware Playerは今回ver4.0.2 build-591240を利用しています。
起動したら新規仮想マシンの作成を選択します。
ヘビィ・SMD!-2012-03-04_010451.png
「後でOSをインストール」を選択します。(簡易インストールをさせない)
ゲストOSは、Linux->CentOSを選択します。
ヘビィ・SMD!-2012-03-04_010701.png
新しい仮想マシンウィザードを指定します。今回は以下で定義しました。
仮想マシン名 : Dev005
場所 : C:\opt\vm\005_dev
ヘビィ・SMD!-2012-03-04_010813.png
ディスク容量の指定を行います。
仮想ディスクは分割するより単一ファイルにしておいた方が管理が楽です。
ヘビィ・SMD!-2012-03-04_011257.png
ハードウェアをカスタマイズしておきます。
フロッピーやUSBは不要なので削除しておきます。
ヘビィ・SMD!-2012-03-04_011320.png
作成した仮想環境がリストに追加されるので、これを再生します。
ヘビィ・SMD!-2012-03-04_011617.png
何をするか聞かれるので、「Install or upgrade an existing system」を選択。
ヘビィ・SMD!-2012-03-04_012520.png
メディアのテストをする?と聞かれるので「Skip」を選択。時間短縮だ、うん。
ヘビィ・SMD!-2012-03-04_013045.png
お、昔のデザインよりかっこいいですね。nextnextっと。
言語とキーボードは日本語にしておきます。
ヘビィ・SMD!-2012-03-04_013712.png
ストレージタイプ?よくわからんのでBasicにしておきます。
ヘビィ・SMD!-2012-03-04_014134.png
ストレージデバイスもよくわからんのでどんなデータであっても破棄します。
ヘビィ・SMD!-2012-03-04_014312.png
ホスト名は適当に決めます。今回は「dev005.srv」にしました。
networkはデフォルトにしておきます。
nextを押したらタイムスタンプ指定を問われるので東京を選択します。
rootユーザのパスワードを聞かれるので入力。脆弱なパスワードだと注意されるけど無視します。

どのタイプでインストールするかを聞かれるので、「Use All Space」を選択します。仮想だしね。

ヘビィ・SMD!-2012-03-04_015020.png
Writing storage configuration to disk、ハイハイおっぱいおっぱい。
Write changes to diskですねわかります。ぽちっと。

ヘビィ・SMD!-2012-03-04_015222.png
minimalだと、パッケージ選定等はなく、すぐにインストールが始まります。
しばらく待ちます。
ヘビィ・SMD!-2012-03-04_020009.png
インストールが完了したら再起動します。

ヘビィ・SMD!-2012-03-04_020222.png
はい完了。

minimalだと本当に最小構成で、しかもネットワークでeth0が有効になっていない。
これは、インストール途中(ホスト名を決めるところ)でConfigure Networkをいじればできる。
今回はしていなかったので手動で行う。

# /etc/rc.d/init.d/network stop
これで一旦ネットワークのデーモンを停止する。
# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
- ONBOOT="no"
+ ONBOOT="yes"
+ BOOTPROTO="dhcp"
# /etc/rc.d/init.d/network start
これでdhcpサーバからIPを振り分けられます。

そうそう、何も入れていなければようりょうどんなもんだいと思ってdf打ってみたら
ヘビィ・SMD!-2012-03-04_022345.png
こんな感じ。仮想ファイルのサイズも800MB程度でした。
あとは適宜yumなりなんなりで必要なパッケージを追加していけばいいと思います。
簡単ですが、以上でおわり!

smdbananaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。