2006年02月10日

ココア

テーマ:お話し

ココアが好きです。それこそココアには恋愛にも似た甘さから苦さまで全てが凝縮されてまして、人生=ココアと言っても過言ではあありません。ココアが好き。それはつまり恋愛が好きと言っても過言ではありません。

そんなココア好きもとい、恋愛好きの僕ですから、今までに体験した恋愛は数知れず、まさに平成のジゴロ。そんなジゴロな僕のエピソードを今回は紹介したいと思います。


夏と言えば海。


というわけで、友達と海に行きました。前日が台風だった事からも海は大いに荒れ、波は高く、しかも深夜の海ともあって泳ぎはしなかったのですが、波打ち際で戯れるのも一興。当時はまだ付き合ってなかった彼女と僕とで波打ち際で遊んでました。


冒頭の通り、僕はココア好きでよく知られ、某コンビニで売ってるココアの売り上げの80%は僕が貢献してるんじゃないかってくらい僕はココアを買い漁ります。そんな調子ですからこの日も僕はココア片手に海にやってきてました。


しかし遊びに集中するために海岸にココアを置いてたわけですが、何とそのココアが波が高いこともあり、海の波にさらわれたんです。さすがの僕も、波にさらわれては仕方ないと思い諦めたのですが、しばらくすると先ほど波に飲まれたであろう見覚えのあるココアが再び波に打ち上げられ僕と彼女の前に現れました。


甘かったココアは海の海水でしょっぱくなり、まさに告白も出来ずにしょっぱくヘタレてた僕そのもの。しょっぱい関係ですよ。


時は流れ、僕と彼女は色々な縁もあり、付き合うことになりました。

そしてあの日、みんなで遊びに来た同じ海岸に来ました。


僕の手にはココア。


今度は波にさらわれず、甘いココア。


そして、当時しょっぱかった二人の関係は、ココアと同様に甘いものに。


ココアは恋愛。


というわけで、今回はいつもとは一風変わった話しにしてみました。たまにはこんなのもいいのではないかと思います。それではアデュー!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月09日

訃報

テーマ:お話し

幸いな事に、僕は身近な友人が亡くなった経験がまだ無い。きっとそれはとても幸運なことなんだろうと思う。

僕のバイト先の社員さんの話し。


直前まで元気で、亡くなる2日くらい前にも一緒にディズニーランドにも行ったらしい。心筋梗塞かなんからしく前兆も全くない中での出来事。4,5年付き合ってて、結婚も視野に入ってた彼女を突然失った当事者の気持ちは計り知れないと思う。


酷く現実味の無い話し。


でもどこかリアルで、すごく重い気持ちになった。色々な感情が混ざってのとこだと思う。自分に置き換えて本人の心境を考えて、でも本人の気持ちをわかってあげようとするのだが、どこか自分本位だったりもして。


僕はバイトだったので不参加だったが、慰める意味での飲み会が行われた。そこで話しを聞いた僕の彼女も明るく振舞ったらしいが家に帰るなり落ち込んだらしい。初めは何も知らなくて無責任な発言もしたらしい。「明日会社に行く気がなくなる。」みたいな事を言ってて、何となく今日は会社をサボって僕んちに来るかと思ってたら本当に今朝やってきた。今月4回目くらいのサボり。


突然、恋人を失うなんてそうそう起こりえることではない。しかし現実に起こってる。僕は思った。いつそんな瞬間が来ても後悔しないように、いや、後悔しない事は無理だろうが精一杯優しく接しよう。


そんな僕の思いとは裏腹に、ベッドで寝てた僕に近付いてきて、そして僕に向かって開口一番、


「手がネギ臭い!離れろ!!」


こんな普段と変わらぬ日常こそが彼女の優しさだと思います。

そう思いたい…。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月06日

プリクラ

テーマ:お話し

プリクラが嫌い。


人生で指で数えるほどしかプリクラを取った事がありません。

何ていうか、基本的に写真写りが悪いと言うか、むしろ元が悪いので被写体としての自分が嫌い。

だから簡単に自分の姿が写るプリクラも嫌い。


そんな僕がカップルなんかで良くやる非常に頭が悪いと思う行為が、

携帯電話の電池パックのところに一緒にとったプリクラを貼ってることです。


互いにしか知らない、秘密の花園的なところが良いのでしょうか。

もしくは、周りに自分達のラブラブな姿を見て欲しいのでしょうか。


そんなラブラブなプリクラ付き携帯電話。

僕には一生縁がないものだと思ってました。


思ってました。


そう、過去形と言うことは既に縁があるわけです。

まるで太陽かのように神々しく輝く2ショットプリクラ。

こいつが僕の携帯電話に越権しているのです。


ここで僕の携帯電話について紹介しますと、僕が使っているのはドコモのSO505isともう2年以上使っている品物です。


so505is      so505is 


上の画像のように、知ってる人は知ってると思いますが、この携帯はいわゆる、折りたたみ式ではなく回転式でして左の状態から回転させる事で右の状態へと変形します。

右画像の上の『i』と書かれてる部分は閉じてる状態ではデッドスペース、つまり死角になり普段は見えない部分です。


こここそが絶好のプリクラスペースと言えるのではないでしょうか。

そんなわけで、僕の携帯電話は右画像の『i』の部分を覆い隠すかのように神々しくプリクラが張ってあります。


電池パックに貼ってるのなら全く見えないのですが、僕の携帯を開いた状態で裏返すと上の右画像のようになるのでプリクラが丸見えになるわけです。


僕の人生においてプリクラを携帯に貼るなんて暴挙は今まで一切なかったものですから、結構プリクラを貼ってる事を忘れて人前で携帯を裏返しにおくことが多々あります。

これが切腹しそうになるほど恥ずかしい。


ここまで書いてると、何をのろけてんだ、と思う方も多々いるでしょうがそうではないんです。

僕の携帯に貼ってあるのは、僕のプリクラではありません。

全く他人のプリクラ。


僕なんて1ミクロも写ってない。


携帯に何やら2人でラブラブに写ってるプリクラが貼ってるのを見かければ、

「ちょっとソレはアレな人やでぇ…。」

なんて思われかねませんが、そもそも僕じゃない。


頼むからそんな目で僕を見るな!


このプリクラ、知り合いカップルのプリクラなんですよ。

しかも、既に別れてる。


ちょっとFカップだからってペロっといったらもう彼女ヅラか!

調子に乗るんじゃねえ!


なんて言えずに付き合った哀れな男の物語。


ちなみにこの男、10年くらい片思いしてた女の子にフラれて、

号泣でバイト先に来て、

「オレ、振られたんすよ~。

 うぇっ、うぇっ…」

と言ってきた、意外にピュアボーイ。


何で、そんな別れた2人のプリクラを貼ってるのかは自分自身わかりません。

ただ人間とは無意味な事に快感を覚える生き物なんです。


もう既に別れてる2人おプリクラを嬉々として携帯に張る僕。

自分のプリクラを貼る人に対して、

ちょっとソレはアレな人やでぇ…

って思いますが、他人のプリクラを張る僕に対しても結局、

ちょっとソレはアレな人やでぇ…

って思いました。


ちなみに夜な夜なこの他人のプリクラを暇つぶしに眺める僕がいるのも紛れも無く事実です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月29日

プライスレス

テーマ:お話し

最近の僕は非常に守りに入ってる気がします。

そう、まるで牙を抜かれた猛獣。

反骨精神剥き出しだった頃が懐かしい。

そんな服を着るのも許せないくらい多感な時代が僕にだってあったわけです。


というわけで、今回は僕の非道徳的な一面を晒す事で、反骨精神を思い出して行きたいなんて勘違いも甚だしい暴挙に出ようと思いました。

自分でも意味の分からない展開ですが。

時代の流れとでも言いましょうか、こんなご時勢ですから世の中の防犯に対する意識も年々と増すばかりで、無論それは僕の住むアパートも例外ではありません。


今から1年半くらい前でしょうか

当時はごくごく普通の鍵を取り付けられていた僕のアパート。

しかしある日、少しハイテクのものに取り替えられました。


例えば多くの人は鍵を無くしたとき用に合鍵をもう1本くらいは作っておくものです。

が、僕なんかは非常にズボラな性格でして、鍵を作るのがめんどくさいし、また常時部屋の窓は空いているので鍵を無くしても部屋に入れない心配はないしで、鍵1本のみで生活してたわけです。


そんな鍵1本生活を1年半くらい続けた僕ですが、先日ようやく合鍵を作る決心が付いたので東急ハンズに行きました。

一体合鍵を作るのにいくらなんだろうと思って聞くと、

何と3000円!

高い。


しかし思い出はプライスレスなんです。


思い出をお金なんかには変えられないわけですが、前に使ってた鍵は600円くらいで作れたもので、600円ほどの値段にも関わらず、僕に600円以上の思い出を与えてくれたものです。

今回も3000円出したとしても、きっとそれ以上のプライスレスの思い出を僕に運んでくれるはず。


もう何年か前の話しなんですが、当時付き合ってた彼女に僕は部屋の合鍵をあげました。

こういう言い方はオレ様的であまり好ましくないのですが、

オレに会いたいなら勝手に部屋に来い!的な感じ。

当時の僕は忙しかったので、そうでもしないと彼女と会えなかったみたいな事情もあるんですが、僕が深夜遅くに帰宅すると彼女が待ってたとかのサプライズ的なものがあったりと、たった600円ほどの鍵でしたがそれ以上の思い出を僕に与えてくれたものです。


中でも1番思い出深い出来事がありまして、

彼女から深夜3時くらいに1通のメールが僕の元に届きました。


「今から遊びに行こうかな~」


愛を何の恥ずかしげも無く語り合えるような恋人同士でしたら至って普通のメールなんですが、そのメールを受信した僕はかなりのパニックに陥りました。


何故かと言われますと単純明快。

既に僕の隣には愛を何の恥ずかしげも無く語り合えるような人がいたからです。


一言で言えば浮気ってやつで、弁明するなら若さゆえの過ち。


冷静に考えれば、出かけてると返信したらそれまでなんですが、
パニックに陥ってる僕ですから、対処の方法が分からない。

鍵を閉めても合鍵を持ってるし、またかなりの深夜だったので浮気相手と外に遊びに行く理由すらない。


そんな僕に出来ることと言えば、チェーンでロックして鍵を開けられても部屋への侵入を阻止することくらい。

結局、彼女からのメールはブラフでして僕の部屋にやっては来なかったんですが、

あんな生きた心地がしない状況ってのは味わった事がない。


確実に昔の合鍵は600円分以上の思い出を僕に与えてくれました。


そんな経緯もあるものですから、今回3000円もはたいて作った新しい合鍵。

今度はどんな魔可不思議なアドベンチャーを僕に与えてくれるのか。

単純計算で6倍ですよ。

あの生きた心地がしなかった状況の更に6倍の状況なんて想像が出来ません。


そんなわけで、新しい3000円の合鍵。

彼女にあげたわけです。


そして、合鍵をあげた翌日。

鍵をあげた翌日ですよ。

彼女から、


「ごめん、鍵、無くした!」

ファーーーック!!!!


思い出はプライスレス…。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年01月26日

親父列伝

テーマ:

「は~しゃいじゃ~ってよいのかな♪」


松浦亜弥の歌声が部屋にこだましました…。


冒頭の歌で目が覚めるという、久しぶりに強烈な夢を見ました。

夢なんてのは大体が場面が一転したり急に始まったりして、

どうしてそのような状況に陥ったのか分からないことが多々あります。


僕が見た夢もそんな感じでして、気付けば僕は実家にいます。

ちょうどテーブルを一家4人で囲むように各々が配置してます。

親父、おかん、妹、僕の4人です。

すると親父がいきなり、家族全員で酒を飲もうと言い出すわけです。


僕の親父はどちらかと言うと下戸。

晩酌なんてのも今までに見たことが無く、ましてや家族全員で酒を飲もうなんてシュールな状況はありえない。


だから夢の中の僕は非常に驚いてるわけですが、そんなの親父はお構いなし。

気付けば各々の目に酒が配置されてました。

僕の記憶も定かではないのですが、下戸一家だけあって、

確か妹とおかんはカシスソーダ的なカクテル。


そして、ふと親父が気になって目を向けると驚き。


ホットミルク。


酒じゃねぇー!?

ちくしょー、騙されたと思う暇も無く、息もつかせぬ親父の乾杯の音頭。

更に間髪いれず、親父が僕に対してイッキコール。


何だよチクショー、とか思って仕方なく酒を飲もうとしたら

これまた驚き。


オレの酒、しょうゆ!!


酒じゃねぇー!?

ちくしょー、とか思って親父を横目で見るとニヤニヤしてる。

まるで、早く飲めよと言わんばかり。


しょうゆのイッキ飲みは酒より危険。

自分の息子を殺す気か。

そう思ったのですが、親父なりの優しさが配慮されてたみたいで

しょうゆ8割、お湯2割で若干お湯割りになってました。

そんな偽善の優しさいらない…。


とにかく、死と隣り合わせのイッキなんてしたくない。

そう僕がしょうゆを飲むのを拒否すると、親父は、

何だつまんねぇなぁと言わんばかりにビデオを再生し始めました。


このとき僕は、何か面白いビデオでも再生して場の雰囲気を盛り上げるためだとか思ったんですが、そんな風に甘い考えを持ったことを一瞬にして後悔させられる映像がテレビから流れたのです。


何ていうか、非常に言いにくいんですが、

いきなり顔射!


こともあろうに親父はAVを流し始めたのです。

しかも僕はこのとき何か違和感を感じました。


ビデオの映像が凄く昭和的な古い画質を思わさせるのに対し、

AV女優は最近の女の子っぽいんです。

例えるなら夏目ナナ。

というか、夏目ナナ。


この違和感から考えられるのはただ一つ。

テープが擦り切れるくらい親父はこの最新AVを見まくったと言う事です。


しかもよく考えれば、顔射のところからテープが再生されると言う事は、

つまり親父はそこでイったか、そこがお気に入りと言う事です。

全く知りたくありません。


しょうゆ片手に唖然としてる僕を尻目に親父は更に奇行を続けます。

次は松浦亜弥のコンサートビデオを再生。

しかもこれは親父の趣味と言うより、僕が喜ぶと思っての親父の行動。


「は~しゃいじゃ~ってよいのかな♪」


全然はしゃげない。

もう意味が分からない。

本当に勘弁して欲しい。

相変わらずしょうゆを手放せない僕がそう思った瞬間目が覚めました。


こんな親父は嫌だ!


寝起きにそう思ったんですが、よく考えれば本物の僕の親父もさほど変わらないんじゃないかなぁと思いました。


滑舌が悪いのは許せるんです。

『ざじずぜぞ』が言えないんですよ、僕の親父は。

『ざじずぜぞ』が『だでぃでゅでど』になるんです。

例えば、『ぜったい』が『でったい』としか言えない。


それは全然いい。

しかし、リアルな話し、僕が小学校に入るくらいまで

家の居間には『AV女優のヌードカレンダー』が張ってました。

無論親父の趣味。


こんな親父は嫌だ!!


ただ、もちろん僕は毎日カレンダーを拝みに行ってましたよ。

すごい良い思い出です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月22日

何とかバトン

テーマ:お話し

最近全く更新してない。

そんなわけで、特に書く話しもないし考えるのも面倒なので

適当に拾ってきたバトンという過去の産物をやってみたいと思います。

Q1好きなタイプ

★外見編★
ロリロリした感じ。

ロリコンですから。

★髪型編★
特になし。
ちゃんとしてりゃ全く気にしない。

★体型編★
ポッチャリが好きでした。
胸は大きかろうが小さかろうが関係ありません。

何故ならオッパイそのものが好きだからです。


★顔編★
だからロリロリした感じ。
ロリコンですから。
 
★服装編★
古着とかそんな感じ。


★職業編★
特に。

ニートでも何でも来いと言った感じです。

★性格編★
M。


Q2年下が好き?年上が好き?
別にどっちでも。

さて、既に大分やる気がなくなってきました…。



Q3タイプの芸能人は?
小西真奈美。

聞かれたらこう答えるようにしてます。

だって芸能人はみんな可愛いから。
一ついえるのは、美人は飽きるってことです。

Q4恋人になったらこれだけはしてほしい、 これだけはしてほしくないという条件をあげてください。
★してほしいこと★
セックス。

★してほしくないこと★
束縛。

もうダメだ。

飽きた。



Q5今までの恋愛経験の中でこの人はタイプだったなという人とのエピソードは?
質問の意味が良くわからないです。


Q6よくはまってしまうタイプをあげてください。
わからん。


Q7あなたを好きになってくれる人は ぶっちゃけどういうタイプ?
物好きな人。


Q8どっちのタイプかで答えてください。

★甘える?甘えられる?★
両方。

★尽くす?★
微妙。

★嫉妬する?★

しない。




そんなわけで、最後は一問一答となってしまいました。

もう二度とやらないでしょう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月15日

途中放棄

テーマ:お話し

不意に、自分が過去に書きつつも途中で書くことを放棄した書き掛けの記事なんかに目を通しますと、僕の目にある記事が飛び込んできました。


 恋愛 2005-09-10 15:55:14 smash-21 ×

(Kという記事を2005-09-10 15:55:14から書き始めたけど×ってことはまだみんなに公開してないですよ、って意味。 )


『K』というと、恋愛 のカテゴリーで『K⑤』まで執筆。

そこからは些か放棄気味にされてる『Kシリーズ』もとい、僕のヘタレ日記。

公に公開されているのは9月5日のヘタレたところまでです。、

で、この『K』というのはその原文で、序章から始まり最初の7月7日から

まだ公開してない9月6、8、10、11日までの続きが納められてるんですよね。

で、これを切り貼りしてまとめたものを『K①~⑤』で公開してるんです。


読むのがめんどくさい人のために『K』を簡易レビューしますと、

最後に公開されてる9月5日は、女の子と二人きりで極上の夜景を目の前にしつつも恐ろしいくらいに何もなくて、挙句の果てに

「全然ロマンチックじゃなかった。」

と言い放たれた日です。


その他にも、僕は途中で放棄してるシリーズがあり、既にもう去年の夏の話の

僕の一人旅シリーズ。


こちらも頭の中ではある程度話はまとまってるのですが、

機を逃したと言うか…。


ちなみに最終日の名古屋で一宿一飯の恩義を受けたにも関わらず…

みたいな感じでまとめようと思ってました。

キーワードは鼻くそ!


どちらも忘れてたわけではないんですが、文字に起こすのはめんどくさい。

特に『K』に関しては僕のかなり深い部分のプライベートですよ。


そんなわけで、これらの話の続きはネトラジで話す予定です。

その肝心のネトラジなんですが、日時はまだ未定。

なかなか週末の夜に時間が取れません…。


というか、自分で決めると後手後手で自分のやりたいスケジュールを優先してしまう僕がいます。いっその事、誰かが指定してくれれば楽なんですが…。


それはともかく、自分で決めたことを後回しにしているのは非常に申し訳ないんで、今日は僕の彼女が如何におバカさんなのかをまとめてみました。

こういうのは結構僕も恥ずかしいです。

ではでは、どうぞ。


・四国って何県がある?の問いかけに対して、

「香川…、
 大分?
 …。
 鳥取?
 …。
 あ、九州!!

大分、鳥取は四国じゃないし、
九州にいたっては県ですらない。
というか、九州は四国という器には収まらない。


・桃鉄(ゲーム)で桃太郎ランドが1兆円だったのに対して、

「1兆円っていくら?

 1000億円?」

減ってる…。


・2×8=?

「15!」

見事。


・太陽と月に関して、

「太陽と月って同じものだと思ってた。

 太陽が沈んだら、太陽が引っくり返って今度は月として昇ってくるって。

 別物なんだね。

この発言のとき、齢21歳…。


・将来の夢、そして性別に対して

「ちっちゃい頃の将来の夢は『おじいちゃん』!

 だって10年ごとに性別を選べると思ってたから。

 でも選べないんだね。中学のときに初めて知ったよ。」

10歳のときはまだ女の子が良いと思ってたので何の疑問もわかなかったみたいです。


・寝てるときにベッドから床に転げ落ちて、

「違うもん。

 床で寝たかっただけだもん。」

萌え。



そんなわけで、ねとらじは絶対にやるのでよろしく哀愁。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月13日

出会いと別れ

テーマ:お話し

今年のジェンヌも去年と同じような流れで行こうと思ってまして、

そんなところでこんなものを発見しました。


過去から現在までの彼氏彼女を振り返る恋愛診断


さぁ、童貞たちよ、無意味にクリックして己の無力さを知るが良い!


個人的には結構面白いものとなりました。

分かりきってる事ですが、僕の恋愛能力はかなり低いです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月09日

最悪が最高

テーマ:お話し

半年ほど前なんですが、バイト先の男女で相性占いなるものをやったことがあります。その1ヶ月くらい後にまた、バイト先の男女で別の相性占いをしました。


2回とも、ある女の子と相性がバッチリでした!

だからといって何もありませんが…。

そんなわけで、日本人、特に女の子は占いが大好き!

しかし僕なんかは占いなんて全く信じてません。

血液型、星座などいずれにしても、そこにカテゴライズされた人全員がそんな同じ人生を歩むはずがありません。

たとえば血液型占いのある血液型のラッキーアイテムがヌンチャクなら、日本人のおよそ1/4がヌンチャクを持たなければいけないわけです。

そんなの有り得ない。


しかしまぁ、やっぱり日本人、特に女の子は占い大好き!!

昨日の話しなんですが、ある占い師がテレビに出てたらしいですね。

そう、細木数子大先生ですよ。


細木数子先生といえば、六星占術によって一躍スターに躍り出た人物で、

その著書の戦略は明言は避けますがボッタクリ商法とも思えるくらいよくできています。


で、その細木数子の番組を僕の彼女が友達宅で見てたらしいんです。

そして、そこには都合良く細木数子先生の著書があったわけです。

調べますよ、自分の運命を。

そして僕との相性も調べたみたいなんです。


僕と彼女の相性の結果

× 出来るなら関わらないほうがよい。


つまり僕と彼女の相性最悪ってことです。


しかし僕なんかは前述したように占いなんか信じない。

こんな占いの結果に揺らぐことはない。

いや、むしろ相性最悪大歓迎ですよ。


相性


「相性が最悪なんて最高じゃない。これからは良くなるだけだもん」

そういうわけですよ。

最悪ってことは。


あと単純に僕っぽくて非常に良いんじゃないでしょうか。

相性最悪なんて新年早々良いことありますね。




てんで性悪キューピット

 冨樫 義博 (著)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月04日

抱負

テーマ:お話し

2006年が始まってしまいました。


確かちょうど1年前は40℃を超える高熱が1週間続き、確実に死を悟ってました。ちなみに友人のお見舞いの品は『おでん』でした…。

その事を考えると、今年は命があるだけで感謝カンゲキ雨嵐です。


ついさっき、先日届いた『うそ日記』の自分の書いた記事を拝見させて頂いたのですが、これは顔から火が出るくらい恥ずかしいです。

死ぬかと思いました。


一言も、『うんこ』とか『ちんちん』とかが出てこないんですから。

こりゃ恥ずかしい…。


大まかに昨年を振り返ってみますと、、

・多摩チェリ

・一人旅

・うそ日記出版

とまぁ、何もなかったかのように思えて実は何かあったんですね。


今年は何が起こるのか?

素敵な1年にしたいです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。